AEG、ウィリアムスらの提訴に反論する

コンサート・プロモーターのAEGライブの代理人が、元マイケルのアシスタント、マイケル・アミール・ウィリアムスによる訴訟に対して反論した。ウィリアムスは、AEGが「This Is It」ツアーのためにマイケル・ジャクソンの医師としてコンラッド・マーレーを雇用したという過失のために、彼とショーの制作に関わったクルーたちは高額の給与を得られなかったとしてAEGを訴えている。

AEGによると、マイケル・ジャクソンとAEGライブとの契約による受益者ではないためにウィリアムスには論拠がなく、マイケルの不法死亡を法的に訴えることはできないという。

「この訴訟は明らかに根拠がありません。つまり、少なくとも4つの法的理論によって文字通り禁じられているのです。

ウィリアムス氏が、AEGライブおよびジャクソンと関係があった多くの人々・・・そしてAEGライブと決別した人々の代理として、最高の友情と尊敬をもって訴えているとする見方はとんでもないことです。これは、マイケル・ジャクソンから利益を得ていた同じやり方で、彼の死から利益を得ることを望んでいる者たちとの不法死亡訴訟の最新のものにすぎません」

(関連記事:AEG、マーレーを雇ったことで訴えられる

■ AEG Responds To Latest Lawsuit
(15-11-2012) A representative of concert promoter AEG Live responded to the new lawsuit that was filed by Michael's former assistant Michael Amir Williams. Williams has sued AEG, claiming he and the the crew involved in the production of the show lost out on a massive paycheck because AEG negligently employed Conrad Murray for the "This Is It" tour as a doctor for Michael.

According to AEG, Williams doesn't have a case because he was never a beneficiary of Michael's contract with AEG Live nor can he legally bring a claim for Michael’s wrongful death.

"This lawsuit is clearly frivolous; it is literally barred by at least four different legal doctrines.

The idea that Mr. Williams purports to sue on behalf of the many persons who did enter into relationships with AEG Live and Jackson ... and with whom AEG Live parted ways with the utmost friendship and respect, is disgraceful. This is just the latest wrongful death lawsuit with someone hoping to profit from Michael Jackson’s tragic death in the same way they profited from his life."


Source: MJFC / TMZ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ