リサ・キャンベル、自著について語る(その2)

キャンベルはCNNやトーク番組、のちにはE! Entertainment Televisionにも出演した。マイケル側からは、3ダースの赤いバラを誕生日に贈られたという。また、マイケルが栄誉を受けるはずだった授賞式へ出席するためにロサンゼルスへ飛ぶ予定も立てられていた。しかし彼は、児童虐待疑惑で非難を受け同イベントへの出席を取り消されてしまった。のちに、アルバム「HIStory」の「Thank Yous」のセクションに彼女の名前を記すことで、マイケルは彼女に対し、おそらく最大限の感謝の意を表したのである。

「(名前が挙げられるとは)知りませんでした。リリースの日に普通に自分で買ったんですよ。私は『Thank Yous』を読みました。そういう人たちを知るのが好きだったからです。それは、私の想像を絶するものでした。私はマイケルが私の本に気付いてくれていることを何らかの形で知りたいと思っていました。でも彼は、私に対してとても丁寧で、彼が私のためにしてくれたことは何もかもがとても素敵でした」。

マイケルが直面していた刑事事件の真っ只中、キャンベルは「Michael Jackson: The King of Pop's Darkest Hour」を執筆した。彼女の最初の著書は両方とも絶版になっている。しかし、マイケル・ジャクソンの死を悼んだ後、彼女は最初の二冊を再執筆し組み合わせて「Michael Jackson: The Complete Story of the King of Pop」を編纂した。11月9日に発売されている。この本はマイケル・ジャクソンのエンタテイメントでのキャリア、博愛主義的努力、児童性的虐待の告発、彼の死についての世界の反応、そして彼の遺産の管理者たちを通じた彼のレガシーの存続について記録するものである。

「彼を見世物として考えている人々の見方を変えることができたら、それは価値のあるプロジェクトだと、私は考えたのです」
(終わり)
原文: ■ Lisa Campbell Talks About Her New Book
Source: MJFC / mlive.com
参考URL
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ