AEG、マーレーを雇ったことで訴えられる

2009年の「This Is It」コンサートのプロモーター、AEGライブがコンラッド・マーレーを雇ったことで訴えられている。AEGに対する集団訴訟を上級裁判所で起こしたのは、マイケルの個人的アシスタントとして働いていたマイケル・アミール・ウィリアムスである。ウィリアムスは、彼と「This Is It」に向けて雇われたクルーたちは、マイケルが亡くなったことで受け取れるはずだった報酬を受け取れず、ロンドン・O2アリーナでの50公演コンサートが実施されていれば750万ドルを得ていただろうと主張している。

マイケルが「タイトなツアー・スケジュールと身体的負担についていく上で問題を生じた」ためにAEGは心臓専門医コンラッド・マーレーを雇用したと原告らは述べている。マイケルの最後の2ヶ月間、睡眠補助のためにマーレーは手術用麻酔薬プロポフォールを処方していた。マイケルは2009年6月25日にホルムビー・ヒルズの屋敷で亡くなった。ロサンゼルス郡検視局の判断によれば、彼は急性プロポフォール中毒で亡くなった。そしてマーレーは過失致死罪で有罪となっている。

今回の集団訴訟によると、AEGはマーレーの「能力や経験、医師としての専門性」を「無視」し、マーレーがAEGにもたらす「コストと利益」を重視、「ツアーに保険をかけ、AEGが設定したすべての期日とタイムテープルをマイケルがこなせるよう管理」していたという。これらの「行為と怠慢がマイケル・ジャクソンを死亡させた」と原告らは述べている。

契約違反に加え、今回の集団訴訟では、誠意と公正さという暗黙の了解にも違反していると訴えている。報道によればコンラッド・マーレーはAEGに雇われて監督されていたとされ、原告らは今後AEGに対し何らかの損害賠償を請求する。この集団訴訟は、マウンテンハウス(カリフォルニア州)の法律事務所フレッチャー・バーナード・ブラウンが代理人を務めている。

mj-17.jpg ■ AEG Sued For Hiring Murray
(14-11-2012) AEG Live LLC, the concert promoter for the 'This Is It' concerts in 2009, has been sued for hiring Conrad Murray. Michael Amir Williams, who worked as a personal assistant for Michael, filed a class action against AEG Live in Superior Court. Williams alleges that he and the crew hired for the This Is It tour lost out on wages after Michael's death claiming that they would have earned $7.5 million for the series of 50 concerts at the O2 Arena in London (UK).

AEG hired cardiologist Dr. Conrad Murray, after Michael "had problems keeping up with the pace of tour's rigorous schedule and physical demands," the class says. For the final two months of Michael's life, Murray prescribed the surgical anesthetic propofol to help him sleep. Michael died in his Holmby Hills residence on June 25, 2009. According to the Los Angeles County coroner ruled he had died of acute propofol intoxication, and Murray was found guilty of voluntary manslaughter.

According to the new class action, AEG "ignored" Murray's "qualifications, experience, and medical specialty" focusing instead "on cost and the benefits" the doctor could bring to the concert promoter, including "insurance coverage for tour and managing Michael Jackson so that he could meet all deadlines and timetables AEG set in place." Those "acts and omissions brought about the demise of Michael Jackson," the class says.

In addition to breach of contract, the class alleges breach of implied covenant of good faith and fair dealing. As Conrad Murray was reportedly hired and supervised by AEG, the papers ask for unspecified damages from the company. The class is represented by Fletcher Bernard Brown of Mountain House (California, USA).

Source: MJFC /http://www.opposingviews.com / Courthouse News
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ