ファンたちがMJの衣装オークションの中止を要望

マイケル・ブッシュの「The King of Style: Dressing Michael Jackson」が発売され、マイケル・ジャクソンがそのキャリアの中で着用した衣装のコレクションが216ページにわたって取り上げられている。ブッシュはマイケル・ジャクソン専属のデザイナー兼スタイリストを長年務めており、この本はブッシュとパートナーのデニス・トンプキンスによってデザインされた有名な衣装たちの製作過程を探索するものとなっている。この本の発売に続き、12月2日にオークションが開催され、マイケルに関連するその他のアイテムとともにこの本で紹介されているものも何点か出品されることになっている。ビバリーヒルズのジュリアンズ・オークションが、このオークション「The Collection of Tompkins and Bush: Michael Jackson」を開催する。これらのアイテムの展示会ツアーは5月以降世界を回っている。

しかしながら、多くのマイケル・ジャクソン・ファンたちは、これらのアイテムがマイケル・ブッシュによってオークションにかけられているということに動揺している。ファンたちは、衣装は博物館に飾りたいという元ボスの意向にブッシュが反することをしていると主張する。元専属メーキャップ・アーティストのカレン・フェイはツイッターで、25年来のマイケルの親友として、ブッシュはジャクソンの希望を十分承知していた、と述べている。ウェブサイトTeamMichaelJacksonで、あるファンがこう説明している。

「彼が殺されて以来9回のオークションですでに売られてしまったかけがえのない唯一無二のマイケル・ジャクソンのアイテムたちは、私たちの元から永遠に失われました!今回のオークションを今止めなければ、彼が愛した子供たちや将来のマイケル・ジャクソン・ミュージアムのためには何も残らないでしょう!」

オークションについて一人のファンから質問された際、マイケル・ブッシュは、お金のためにオークションにかけるのではない、チャリティーのためだと答えている。オークションの公式プレスリリースでは、「オークションによる利益の一部はGuide Dogs of AmericaとNathan Adelson Hospiceという2つの慈善団体に寄付される」となっている。

ジュリアンズ・オークションはマイケル・ジャクソンが亡くなって以降の3年間、様々なオークションで多くのマイケル・ジャクソン・アイテムを扱ってきた。2009年4月、マイケルが亡くなる2ヶ月前、ジュリアンズ・オークションは、ネバーランドゆかりのアイテムを取り上げたオークション「The Collection of Michael Jackson」を開催する予定になっていたが、寸前で中止された。昨年は、マイケルと子供たちが最後に住んでいた家に関連するアイテムも含まれたオークション「100 North Carolwood Drive」を開催している。

一部のマイケル・ジャクソン・ファンは今回のオークションも中止されることを望んでいる。しかし、そのような叶いそうもないシナリオは別として、ファンが望みうるベストな状況は、これらの衣装を購入したコレクターたちが、今後誰もが鑑賞できるよう博物館に貸与または寄贈するということだろう。
juliens_london_2012.jpg

原文: ■ Fans Want To Stop MJ Costume Auction
Source: MJFC / Examiner
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ