サイーダ・ギャレット、マイケルを懐かしく思い出す(その1)

歌手でグラミー賞も受賞したことがあるサイーダ・ギャレットは、マイケル・ジャクソンのヒット曲「Man in the Mirror」を共作し、また「I Just Can't Stop Loving You」ではデュエットもしている。彼女はニューアルバムに向けて、キング・オブ・ポップへのトリビュート・ソングを2曲作った。最近のインタビューで彼女はそれらの曲について語り、そしてマイケル・ジャクソンの高い創造性、完ぺき主義者であること、子供のようなユーモアのセンスについて懐かしく思い出している。

「Keep On Lovin' You」はマイケル・ジャクソンとのデュエットへの返歌ということですが、この新曲を作り、歌った時、どのような考えや感覚が思い浮かびましたか?

「I Just Can't Stop Loving You」をステージで歌う時はいつも、マイケルが私に向けて歌っているように思っていました。だから、それに対する返事を書きたかったのです。彼をどう感じていたか、私の人生をどれほど変えたか、彼が与えてくれた機会にどれほど感謝しているかを表すために。

あなたのニューアルバムには、他にマイケル・ジャクソンのファンが喜びそうなものはありますか?

ええ、もう一曲、「I'll Remember」という曲をレコーディングしました。マイケルと、それからジョン・レノンに敬意を表している曲です。

初めてマイケル・ジャクソンと会った時のことを話してもらえますか?最後に彼に会った時のこともお願いします。

マイケルとクインシー・ジョーンズが「Man in the Mirror」を受け入れた後、マイケルはそれをもっと低いキーで録音したがっていました。彼にとってはやり易かったのです。クインシー・ジョーンズから、スタジオに来てレコーディングに参加するよう電話がありました。MJに会った時、彼は実に分別のある人だなと思ったことを覚えています。新しいキーでそのデモ曲を歌うと、マイケルはビデオカメラを回して私が歌うところを録画しました。どうして撮るのかと聞くと、私の声とエネルギーが好きだ、私のように歌いたいと答えました。
その2に続く)
bad25_2.jpg
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ