ティム・バートンはミュージカル版「蝋人形の館」でMJに目をつけていた

映画監督ティム・バートン(アリス・イン・ワンダーランド)は先日、最新作のストップモーション・アニメーション「フランケンウィニー」がヨーロッパ・デビューを果たしたロンドン国際映画祭で、パートナーのヘレナ・ボナム・カーターとともに表彰された。イベントでインタビューを受けた際、バートンは過去に映画化しようとしてできなかった構想について聞かれ、かつて、マイケル・ジャクソンを主演にした映画を提案していたことを明かした。

「僕が気に入っているのは、マイケル・ジャクソンでミュージカル版の『蝋人形の館』、というアイディアでスタジオを説得しようとした時なんだ。ずいぶん前のことだけど、心に突然浮かんだアイディアだったんだよ」

残念ながらその構想はすぐに消滅してしまったらしい。

「彼らは全く興味を持たなかったよ」とバートンは語った。

「蝋人形の館」は1953年作のホラー映画のリメイクとして2005年に公開された。パリス・ヒルトンを主演とし、物語は怪しい蝋人形館の近くに迷い込んだティーンのグループを追う。その直後、新しい展示物となることから切り抜けるための苦しい戦いが始まるというストーリーである。

■ Tim Burton Eyed MJ For House Of Wax Musical Version
(23-10-2012) Director Tim Burton (Alice in Wonderland) recently received an award along with partner Helena Bonham Carter at the London Film Festival where his new atop motion animated film 'Frankenweenie' had its European debut. During an interview at the event Burton was asked about ideas he had in the past that didn't make it to the big screen. He revealed that he once proposed a movie starring Michael Jackson.

"My favorite one was when I tried to convince the studio to make my idea of a musical version of House Of Wax with Michael Jackson. It was many years ago but that's the one that springs to mind."

Unfortunately the idea apparently had a quick demise.

"They did not go for that one at all," said Burton.

'House Of Wax' was released in 2005 as a remake of a 1953 horror movie. Starring Paris Hilton, the story follows a group of teens who are stranded near a strange wax museum. They soon begin to fight in a struggle to survive from becoming the exhibit's newest acquisition.

Source: MJFC / Yahoo! Movies U.K. / Movieline
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ