デザイナーのフィリップ・トレーシー、MJにインスパイアされる

13年の空白を経て、帽子デザイナーのフィリップ・トレーシーがロイヤル・コート・オブ・ジャスティスでのロンドン・ファッション・ウィークに華々しく帰ってきた。彼のショーには、マイケル・ジャクソンにインスパイアされ、彼のステージ衣装と組み合わされた目を見張るような帽子のコレクションが含まれていた。

まさにアイディアは「Thriller」だ。ミリタリー風のボタン止めジャケットから腰細なズボンまで、マイケル・ジャクソンのステージ衣装とフィリップ・トレーシーのデザインのリンクである。トレーシーの挑戦は、アフリカ出身の女性をモデルに、マイケル・ジャクソンのデザイナー、マイケル・ブッシュとデニス・トンプキンスの衣服を着せ、そしてそれぞれの服に合わせた帽子を作り出すことによって両者を内面で一致させる、あるいはマイケル・ジャクソンのストーリーを語るということであった。それは、曲線を描いて垂れ下がる金属製髪飾りであったり、子供の遊び場にあるようなもので飾られた帽子であったりして、あたかもあの有名なネバーランドから持ってきたもののようである。

このショーは、12月2日にアメリカのビバリーヒルズでジュリアンズ・オークションが企画しているトンプキンスとブッシュのコレクションのセールの序章として位置づけられている。トレーシー氏の感情的な部分が、彼の女神の故イザベラ・ブロウと一緒にマリリン・モンローのつけまつげを買いに行ったことに始まるジュリアンズ・オークションとの出会いについて語っている。

ブロウと故アレキサンダー・マックイーンの追悼として、ぶら下がった黒い木の葉のベールの下からあの有名な輝くグローブが現れて、亡き友人たちへのトリビュートを表している。スワロフスキーの輝きとともにうねる帆やロープ、マストがついた船の形をした髪飾りが作られたのは、マックイーンが生前最後に注文した帽子が象牙の船だったからである。

「倉庫の中のこれらの服と暮らすということが私に感情的なエネルギーを与えてくれました。そして私は、これらの帽子が私が思う最も美しい服を示すための未来的な方法であると信じています。私は、ナポレオンの『玩具で操る』という言葉を考えていました。これらの服はスタジアムを8万人で満員にするためにデザインされたのです」

ブッシュ氏(昨年パートナーを亡くした)が、実はメッキを施したプラスチックでできた、メタリックな材料でのデコレーションに手を貸している。このステージ衣装デザイナーの著書「The King of Style: Dressing Michael Jackson」は10月30日にInsight Editionsより出版される予定になっている。これらは、トレーシーにマイケル・ジャクソンの生涯と音楽についての彼自身の感情を思い返し、そしてその感情を静的な衣装ではなく活気のあるアーティスティックな宝物として世界に提示することを促した服たちである。

「世界がこの仕事をアートとして受け入れてきたということが私をとても謙虚な気持ちにさせるということに気付かされます。マイケル・ジャクソンがそれを着ていたということが人々を引き付けるということもあるでしょう。でも私は、フィリップの目の中にその詳細な見方が見えたのです。フィリップが金属片や布切れや羽を人任せにしていないように、私たちも服は手作りでした」

最も歴史の長い品物は「Thriller」の赤いジャケットではなく警察のバッジのついたジャケットだ。「BAD」ツアーで最初にお目見えしてから25年が経つ。ブッシュ氏によれば、「ボス」(彼はマイケル・ジャクソンをこう呼んでいた)はあらゆる服に強い関心を持っていて、ペットのチンパンジーのバブルス用の服をオーダーメイドしていたほどだという。

トレーシー氏の作品対し、マイケル・ジャクソンはきっと高い評価を与えたであろう。トレーシー氏は、完璧さという共通の欲求を元にそれぞれの帽子を独立したものとしているのである。「私がやった中では最もエキサイティングなショーとなりました。モデルたちにこれらの服を着せるというのは天からの贈り物です・・・マイケル・ジャクソンは非凡であるというセンスにおいて誰よりも優れていました」とトレーシー氏は語る。

一方でブッシュ氏はショーの開始前にこう述べている。「空に触れるような思いがします」。

このショーには、マックイーンの後継者サラ・バートン、レディー・ガガ、ディータ・フォン・ティース、キム・キャトラル、グレース・ジョーンズ、ブライアン・フェリーらが出席した。観客はマイケル・ジャクソンのサウンドトラックに対し大声で叫び踊っていた。

この類稀なるデザインを見るにはこちらをクリック。

philip_treacy.jpg

原文: ■ Designer Treacy Inspired By MJ
Source: MJFC / NY Times / Pedestrian TV
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ