「MJははめられたのか」、eブックとペーパーバックで発売へ

GQ誌のカバーストーリーとして掲載された、受賞歴のあるジャーナリストでGQのシニア・ライターであるメアリー・A・フィッシャーによる記事「マイケル・ジャクソンははめられたのか」は、児童性的虐待疑惑という1993年のマイケル・ジャクソンのスキャンダルについて別のサイドから・・・弁護するサイドから・・・初めてメディアで詳細に検討し、国際的なセンセーショナルを巻き起こした。現在までのところ、オリジナルかつGQが認めた同記事は入手および閲覧困難になっていたが、承認済みかつ編集なしの状態で、新しい写真やカバー、著者による序文が追加されてeブックおよびペーパーバック(40ページ)として発売されようとしている。

この素晴らしい記事は、93年の疑惑の背後にいた3人の告発人(大人)とその動機について徹底的に調査したものであった。メディアは、マイケル・ジャクソンは13歳の少年に性的虐待を加えたという疑惑に飛びつき、大人の告発人らについてわざわざ深く調べるということはなかった。メアリー・A・フィッシャーは賛否両論ながら報道過少なストーリーの調査で知られており、この仕事を引き受けたのである。彼女は、主な告発人であるエヴァン・チャンドラーとその弁護士バリー・K・ロスマンの素性の調査に数ヶ月を費やした。裁判所文書やビジネスに関する記録、数多くのインタビュー(一部の者は人気のない場所でしか会うことはない極秘の情報提供者だ)に基づいたフィッシャーの調査によって浮かび上がったのは、マイケル・ジャクソンは誰も虐待していないし、彼自身が、彼から金を引き出そうとするよく練られた計画の犠牲者であったかもしれないということであった。それ以上に、これは強欲、野心、警察や検察の誤解、怠惰でセンセーションを求めるメディア、そして強力な睡眠薬の使用という古典的なストーリーなのであった。現在でもこの記事は、一つの事件がどのようにでっち上げられたのかということについての重要かつ妥当なストーリーとして通用する。

このeブックとペーパーバックはアマゾンUSAにて10月4日より発売される。各国の状況についてはそれぞれチェックのこと。

MJFCは、この良く調査された素晴らしい記事を一読することを強く推奨します。

wasMJframed.jpg

著者について:
メアリー・A・フィッシャーは、GQやアトランティック、ロサンゼルス・タイムズ・マガジン、ニューヨーク、ローリング・ストーン、メンズ・ジャーナル、O-Oprah、ELLE、AARPといったアメリカの雑誌向けに世界中の犯罪や腐敗についてのストーリーを追求している。マイケル・ジャクソンについてのカバーストーリーを含む2本のGQ誌掲載の記事が全米雑誌賞の最終選考作品となり、アメリカの活字でのレポーターのトップ5に二度ランクされたこともある。あまり報道されないストーリーの追求で知られ、いくつかの注目を集めた刑事事件の報道で高い評価を受けている。その中にはGQ誌で発表された93年のマイケル・ジャクソンの事件やマクマーティン保育園性的虐待スキャンダルが含まれている。本事件において彼女は、6ヶ月に及ぶ調査を元に、マクマーティン側被告に不利な真に足る証拠はなく、彼らに対する疑惑には信憑性がないという議論を呼ぶ立場に初めて立った活字レポーターである。メアリー・A・フィッシャーはロサンゼルス在住で、もう一つのeブックとワシントンDCでのnews-making journalist projectに取り組んでいる。

原文: ■ 'Was MJ Framed' eBook & Paperback To Be Released
Source: MJFC / Argo Navis Books / Amazon
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ