ニーヨ、MJとの交流について語る

VH1の「Behind the Music」の最新エピソード(9月23日放送)で、シンガー・ソングライターのニーヨが、マイケル・ジャクソンとの出会いや二人でプロデュースした作品について詳しく語っている。2009年の春にマイケル・ジャクソンから電話を受けた後に初めてマイケル・ジャクソンと話をしたと彼は振り返る。だがマイケルの彼への最初のコンタクトの試みに対し、ニーヨはその電話を切ってしまった。いたずら電話だと思ったのである。

「誰かが遊んでると思ったんだよ」。マイケルがもう一度トライし、二人は会うための計画を立てた。「僕たちはニューヨークで会った。彼は笑ってビッグなハグをしてくれたよ。で、言ったんだ。『君の歌で僕が好きなやつわかる?(歌う)僕のことは気にしないで、元気だから。』って。彼は僕のひどい曲(Go On Girl)を歌い始めたんだ。僕はその時点でほとんど気を失いそうだったよ。普通に装っていたけど、中では6歳の女の子みたいに飛び回ってたね。最高だった、マジで最高だった。彼はやりたい音楽のことを話し、どんな音にしたいかを話したんだ」。

「Behind the Music」のフル映像はこちら

ne-yo.jpg ■ Ne-Yo Remembers Interactions With MJ
(20-9-2012) In the latest episode of VH1′s Behind the Music, which airs September 23 at at 9 p.m., singer and songwriter Ne-Yo delves deeper into how he and Michael met and the work they produced. He recalls that he first talked to Michael after receiving a phone call from him in the spring of 2009. But upon Michael's first attempt at reaching him, Ne-Yo hung up the phone, thinking it was a prank call.

“I figured it was somebody playin’.” After Michael tried once again, the pair made plans to meet. “We met up in New York, then he smiles and gave me a big hug, and says, ‘You know what my favorite song of yours is? [singing] Please don’t worry about me, I’m fine. He started singing my damn song ['Go On, Girl].’ I almost lost it at that point. I maintained, but inside, I was jumping around like a six-year-old girl. It was bad. It was really, really bad. He talked about the kind of music he wanted to do, what he wanted it to sound like.”

Watch the full clip from Behind the Music here.

Source: MJFC / Entertainment Weekly / VH1
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ