フリードマン:エステート、ソニーに出版社をもたらす

ロジャー・フリードマンがコラムShowbiz411に、「マイケル・ジャクソン・エステートの取引がワーナー・ミュージックに打撃、音楽出版社をソニーへ」と題した下記記事を投稿している。

MiJacとして知られるマイケル・ジャクソンの音楽カタログがワーナー・チャペルからソニー/ATVへ移動した。これを素人流に言えば、ワーナー・ミュージックにとっては打撃、ソニーは大勝利、である。MiJacは長い間莫大な借入金を抱えていたとはいえ、HSBCからのローンは400万ドル程度まで減ると私は聞いている。依然としてマイケル・ジャクソン・エステートは、ソニー/ATVミュージック・パブリッシングの所有権を担保としたバンク・オブ・アメリカからの3億ドル弱の負債を負っている。

今起きていること、それは、ワーナー・ミュージック・グループの出版部門ワーナー・チャペルとジャクソンとの長い契約が昨年12月に切れたのである。50%の所有権を持つソニー/ATVは、MiJacとWMGとの契約終了時に、どのようなオファーに対しても合わせる、あるいはさらに条件を良くするという権利を保有していた。今回の取引は実際には数ヶ月前に完了していたが、キャサリン・ジャクソンとジャクソン兄弟姉妹が遺言執行人の追放を要求することに関する大騒ぎがあったために発表が延期されていたのである。

今や、マイケル・ジャクソンの音楽出版は一箇所、すなわちソニー/ATVにまとまることになる。MiJacは、「Billie Jean」や「Beat It」といった彼の曲を全てに加え、スライ・ストーンの全曲を含む数百曲の出版権を保有している。ソニーにとっては素晴らしい勝利であり、ワーナー・ミュージックにとっては壊滅的な損失である。ワーナー・チャペルはワーナーグループで唯一の順調な部門であった。MiJacを失うことは、とりわけジャクソンが亡くなって彼の音楽に新たな関心が寄せられるようになって以降、大きな敗北である。レン・ブラヴァトニクと彼が率いるアクセス・インダストリーズ・グループが昨年WMGをエドガー・ブロンフマン・Jrから購入した時にこのことが説明されていたかどうかは不明だ。

MiJacもソニー/ATVもビートルズのカタログも今や売り出されないということが明確にされた。様々な負債の支払いを行い、その利率をより良い条件へと再交渉することに関して、エステートは素晴らしい仕事をしている。

■ Friedman: MJ Estate Brings Publishing To Sony
(22-8-2012) Roger Friedman posted the following on his Showbiz411 column: Michael Jackson Estate Deals Blow to Warner Music, Brings Publishing to Sony

The Michael Jackson music catalog, known as MiJac, has been moved to Sony-ATV from Warner Chappell. In layman’s terms: this is a blow to Warner Music and a major win for Sony. Even though MiJac was heavily leveraged for years, I’m told the loan from HSBC is down to around $4 million. The Michael Jackson estate still owes just under $300 million to Bank of America on separate loans Michael took against his ownership in Sony-ATV Music Publishing.

What’s happened now is that Jackson’s long contract with Warner Chappell, the publishing division of Warner Music Group, expired last December. Sony-ATV, in which he has a 50% ownership interest, had the right to match or better any offer when MiJac’s deal with WMG was done. The deal was actually completed a couple of months ago, I’m told. But with all the brouhaha concerning Katherine Jackson and the Jackson siblings demand to oust Michael’s executors, an announcement was put off.

Now all of Michael Jackson’s music publishing will be in one place: Sony-ATV. MiJac holds all of his songs like “Billie Jean” and “Beat It” plus hundreds of other publishing copyrights including everything by Sly Stone. It’s a plum win for Sony and a devastating loss for Warner Music. Warner Chappell was the only part of that company still doing well. To lose MiJac, especially since Jackson’s death and the renewed interest in his music, is a heavy setback. It’s unclear whether that was explained to Len Blavatnik and his Access Industries group when they bought WMG from Edgar Bronfman Jr last year.

Meantime: it’s been underlined that now neither MiJac nor Sony-ATV or the Beatles catalog, is for sale. The Jackson estate has done an excellent job of paying down the various loans and renegotiating the interest rates in more favorable terms.

Source: MJFC / Showbiz 411
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ