AEGライブ、皮膚科医に記録を求める

マイケル・ジャクソンの母親がAEGライブに対して起した不法死亡訴訟で、同社の弁護団は、ジャクソンの皮膚科の専属医に対して診療記録を引き渡すよう求めている。

本訴訟はキャサリン・ジャクソンが自らと亡き息子の3人の子供たち、プリンス、パリス、ブランケットを代表して2010年9月に起こしたもので、マイケル・ジャクソンをケアするためにコンラッド・マーレーを雇ったことに関し、AEGライブには過失があると主張している。

火曜日にロサンゼルス上級裁判所のイヴェット・パラスエロス判事に提出された書類で、AEGライブの弁護団は、1984年まで遡った医療記録の開示、または医療記録がなぜ機密特権とされ、そのために同社による召喚に応じないのかその理由を明らかにするようアーノルド・クライン医師に対し求めている。ヒアリングは9月12日に予定されている。

現在のところクラインは2008-2009年の記録のみ開示しているが、クラインが明かしていない12ページ分は地方検事局より受け取ったとAEGライブが提出した書類では述べられている。

AEGライブの弁護団によれば、同社の弁護活動に追加書類が必要であり、クライン医師から提供される医療記録の範囲についてはマイケル・ジャクソン・エステートと合意しているという。

マイケル・ジャクソンは2009年6月25日、コンサートのリハーサルからロサンゼルスの自宅に帰宅した直後に急性プロポフォール中毒で亡くなったが、彼はAEGライブのためにロンドンで50公演を行うことになっていた。

キャサリン・ジャクソンによる訴訟は、マーレーが下した医療上の決断についてAEGライブに責任があると主張している。マーレーはマイケル・ジャクソンの死に対し過失致死罪で有罪評決を受け、2011年11月29日に禁固四年の判決を受けている。

■ AEG Live Seeks Records From Dermatologist
(5-7-2012) Attornerys for AEG Live want Michael Jackson's dermatologist to hand over records concerning the treatment of his superstar patient regarding the wrongful death law suit brought against the entertainment conglomerate by Jackson's mother.

The law suit was filed in September 2010 by Jackson family matriarch, Katherine Jackson, on behalf of herself and her late son’s three children, Prince, Paris and Blanket, alleging the company was negligent in hiring Dr. Conrad Murray to care for her son.

In documents filed Tuesday with Los Angeles Superior Court Judge Yvette Palazuelos, AEG Live attorneys want Dr. Arnold Klein to turn over all of Michael Jackson’s medical records dating back to January 1984, or show why any of them are privileged and therefore not subject to the company’s subpoena. A hearing is scheduled Sept. 12.

Klein has so far only produced records from 2008-09, while another 12 pages of documents he did not turn over were received instead from the District Attorney’s Office, according to the AEG Live court papers.

AEG Live's attorneys say the additional documents are needed to assist them in their defense of the company and that they previously reached an agreement with Michael Jackson’s estate concerning the scope of medical records they could receive from the singer’s physicians.

Jackson was set to perform a string of 50 concerts for AEG Live in London when he died on June 25, 2009 of acute propofol intoxication in Los Angeles shortly after returning home from concert rehearsals.

Katherine Jackson's suit alleges AEG Live is responsible for the medical decisions made by Murray, who was convicted of involuntary manslaughter in Michael Jackson's death. Murray was sentenced to four years in prison on November 29, 2011.

Source: MJFC / wavenewspapers.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ