フレディ・マーキュリー本で語られるMJとの友情

ジャーナリストでベストセラー作家のレスリーアン・ジョーンズは新著「An Intimate Biography of Freddie Mercury」でフレディ・マーキュリーの生涯を取り上げているが、その中でデヴィッド・ボウイやマイケル・ジャクソン、そしてクイーンのバンドメンバーらとの友情についても光を当てている。

この伝記は、フレディ・マーキュリーに近かった100人とのインタビューを通じて、国際的スターダムへのクイーンの成長を描き、フレディ・マーキュリーの死について深く掘り下げている。インタビューに応じた多くは、1991年にマーキュリーがエイズで亡くなって20年以上経った今、初めて語る者たちである。

以下は、Hollywood Reporterに掲載された記事の抜粋である。

「彼とは長い友人だ」とマーキュリーは語る。彼は、カリフォルニア・エンシノのヘイヴェンハースト通りにあるチューダー様式を模したネバーランド以前の邸宅にキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンを訪ねた。「彼はよく僕らのショーを見に来てくれたよ。そうやって友情が生まれたんだ。考えてみてよ、僕は『Thriller』に出ていたかもしれないんだ。僕がもらい損なった印税のことを考えてみてよ!」彼らは共に仕事もしており、この本ではマーキュリーの言葉で詳述されている。「3曲の準備ができていたんだ(のちのマーキュリーのファースト・ソロアルバムに収録された『There Must Be More to Life Than This』、ジャクソン5の1984年のカムバック・アルバム『Victory』で取り上げられた『Victory』、ジャクソンとミック・ジャガーのデュエットとなった『State of Shock』)。でも残念ながらこれらの曲は仕上げられることはなかったよ。素晴らしい曲だったけど、時間が問題だったんだ。当時(1983年)僕らは忙しかったから。完成させられるほどの時間、同じ国内にいられるようには到底思えなかった。マイケルは僕が『State of Shock』を完成させられないかどうか電話をかけてきたほどさ。だけど僕にはできなかった。クイーンのことがあったからね。代わりにミック・ジャガーが引き継いだのさ。残念だったけど、結局は歌は歌。友情がある限り、それが一番さ」。マーキュリーはその後ジャクソンとは不和となった。この米国人スターが、コカインを過剰に摂取していたマーキュリーを嫌ったからである。

記事全文を読むにはこちらをクリック。

freddie-mercury-book-p.jpg

■ Freddy Mercury Book Tells Of Friendship With MJ
(3-7-2012) In her new book, Mercury: An Intimate Biography of Freddie Mercury (Touchstone, 368 pages, July 3), journalist and best-selling author Lesley-Ann Jones takes an up-close look at the life of Freddy Mercury and sheds light on his friendships with David Bowie, Michael Jackson and his Queen bandmates.

The biography documents Queen's rise to international superstardom and digs deep into Freddy Mercury's past via 100 new interviews with those who were closest to him - many of whom are only speaking up now, after more than 20 years since Mercury's AIDS-related death in 1991.

The following excerpt appeared in the Hollywood Reporter:

"He has been a friend of ours for a long while," explained Mercury, who visited King of Pop Michael Jackson at his mock-Tudor, pre-Neverland mansion on Hayvenhurst Avenue in Encino, Calif. "He used to come and see our shows all the time, and that is how the friendship grew ... just think, I could have been on Thriller. Think of the royalties I've missed out on!" The two had worked together as well. As the book details, in Mercury's words, "We had three tracks in the can ['There Must Be More to Life Than This,' which later appeared on Mercury's first solo album; 'Victory,' which was featured on The Jackson 5's 1984 comeback album Victory; and 'State of Shock, which became a Jackson duet with Mick Jagger], but unfortunately they were never finished. They were great songs, but the problem was time -- as we were both very busy at that period [1983]. We never seemed to be in the same country long enough to actually finish anything completely. Michael even called me to ask if I could complete ['State of Shock'], but I couldn't because I had commitments with Queen. Mick Jagger took over instead. It was a shame, but ultimately a song is a song. As long as the friendship is there, that's what matters." Mercury subsequently fell out with Jackson because the U.S. star objected to Mercury taking too much cocaine in his living room."

To read the full article, please click here.

Source: MJFC / hollywoodreporter.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ