AEG裁判、キャサリンと子供たちが質問に答えるよう命じられる

AEGライブの弁護団は木曜日、法廷にて1ラウンドを取った。ロンドンで計画されていた定住公演の期間中にキング・オブ・ポップの医療的監督を行うようコンラッド・マーレー医師を雇ったのは過失であるとしてマイケル・ジャクソンの母親と彼の3人の子供たちがAEGライブを訴えた裁判について、ロサンゼルス上級裁判所の判事はキャサリンらに対し更なる質問に答えるよう命じた。

言うまでもなくマーレーは、2009年に過失によりジャクソンを死亡させたとして有罪判決を受けている。

ライブ・ミュージック最大手、AEGの弁護団は、AEGがマーレーを雇い、したがってマーレーの過失に対して責任があるというジャクソン家の主張を裏づける信用に足る証拠が提示されておらず、また現在までに提示されている情報についても提示が遅かったと述べている。

ジャクソン家側の弁護士らは、AEGが要求した情報を提供するのに少々時間がかかったのは、ジャクソンの子供たちに対する質問が回答するにはつらく困難だったためであり、そして現時点で詳細に返答を行っており、その中にはマーレーはジャクソンの専属医としての仕事を与えられたと述べているAEGの重役2人の発言も含まれている、と反論した。

ジャクソン家の弁護士ケヴィン・ボイルは、AEGライブのやり方は「弁護側の典型的駆け引き」だとし、AEGライブがジャクソンの子供たちに突きつけた質問の中には、彼らの父親が「自分で自分を殺そうとしている」ことを示唆するようなことを自分たちの日記の中に書いたかどうかといった、極めて個人的なものもあったと述べた。

AEGライブの弁護団は、AEGライブはマーレーの雇い主ではないという姿勢を貫いている。弁護団は、AEGがマーレーに報酬を支払っていたかもしれないが、彼はジャクソン自身によって選ばれ雇用されていたのであり、マーレーの行動に対しAEGライブはどうすることもできなかったと主張している。

この日の審理で、キャサリン・ジャクソンの弁護士は本件に対して「証拠開示手続き裁定人」の任命を要請する可能性があると述べた。証拠開示手続き裁定人とは、双方から提示された証拠を精査し、判事に対しその証拠能力の助言を行うものである。AEGの弁護団の一人、ジェシカ・ステビンズは、彼女自身は裁定人が必要だとは思わないが、AEGライブとしては、誰がこの任につくべきか双方で合意できれば、この申立てに対し反対はしないだろうと述べた。

この公判は2012年9月10日に開始されることが現在予定されている。

■ Katherine & Kids Ordered To Answer Questions For AEG Lawsuit
(25-4-2012) Attorneys for AEG Live won a round in court on Tuesday when a Los Angeles Superior Court Judge ordered Michael Jackson's mother and his three children to answer more questions about their lawsuit accusing the concert promoter of negligently hiring Dr. Conrad Murray to care for the King of Pop during his planned concert residency in London.

Murray, of course, was found guilty of causing Jackson's death in 2009 through negligence.

Lawyers for the live music giant said the Jacksons had not provided credible evidence to back up their claim that AEG employed Murray and was therefore liable for his negligence, and that a lot of the information that had been provided arrived late.

Attorneys for the Jackson family countered that it had taken some time to get AEG the information it requested, mostly because some of the questions asked of Mr. Jackson's young children were harrowing and difficult for them to answer, and that they had now provided extensive responses, including statements from two AEG execs saying Murray had been given the job as Jackson’s doctor.

Kevin Boyle, an attorney for the Jackson family, said the AEG Live motion was "typical defense gamesmanship." He went on to say that some of the questions AEG Live posed to Jackson's children were highly personal, including whether they had anything written in their diaries indicating their father "was going to kill himself."

AEG Live lawyers maintain the firm was not Murray's employer. They insist that while they may have paid for Murray, he was selected and hired by Jackson himself, and the company had no control over the doctor's actions.

At the same hearing, Katherine Jackson's attorney said he may request a "discovery referee" be appointed to the case, who would go through evidence provided by both sides and advise the judge on its competence. One of AEG’s attorney’s, Jessica Stebbins, said she didn’t think such a referee was necessary, but that her client probably wouldn’t object to that move if both sides could agree on who should perform the task.

The trial date is currently set for September 10, 2012.

Source: MJFC / thecmuwebsite.com / wavenewspapers.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ