MJ盗撮訴訟が和解

セレブ御用達弁護士マーク・ゲラゴスと弁護士パートナーが、2人とマイケル・ジャクソンの会話を許可なく盗撮したジェット機のチャーター会社に対して起こしていた訴訟がついに決着した。このチャーター会社は、2003年に児童虐待容疑で出頭するためにラスベガスからサンタ・バーバラへ彼らが飛行機で移動する際にこの盗撮を行っていた。

今回の和解では、チャーター会社XtraJetのオーナー、ジェフリー・ボーラーに対し、250万ドルの支払いを命じている。このジェット機チャーター会社はすでに存在していない。

問題となっているビデオテープには音声は含まれていなかったが、2003年11月にジャクソンが出頭した後、ボーラーは機内の模様を収めたテープをメディアに売ろうとしていた。

ゲラゴス側の弁護士は、録画は弁護士と依頼者間の秘匿特権を侵害するものであると主張していた。

以前にゲラゴスらが勝ち取った2000万ドルの支払い命令については控訴裁判所によって棄却されている。
70x53_94.jpg ■ Secret MJ Taping Lawsuit Settled
(20-3-2012) Celebrity attorney Mark Geragos and his law partner have finally settled a lawsuit against the owner of a charter jet company that secretly recorded the two men and Michael Jackson as they flew from Las Vegas to Santa Barbara for the superstar to turn himself in on child molestation charges back in 2003.

The settlement calls for a $2.5 million judgment to be entered against Jeffrey Borer, the owner of XtraJet. The charter jet company is no longer in existance.

Although the video in question contains no audio, Borer attempted to sell the tape of the flight to media outlets after Jackson's surrender in November 2003.

An attorney for Geragos argued that the taping violated the privacy and attorney-client privilege of the lawyers and Jackson.

An appeals court struck down a $20 million judgment that was previously awarded to the attorneys.

Source: MJFC / billboard.com / AP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ