インヴィンシブルを称える パート4・・・・Threatened!!!(その2)

ジョイエ:ウィラ、この曲が、マイケル自身の経験の中にあるいつものモンスターのことを歌っているという意見には賛成ですけど、彼が彼らを理解しようとしているとはまったく思えません。ここではそのようなことにはなっていません。彼が恐れについての理由のようなものを提示しているとは思えませんし、「なぜあなたは恐れるのか?」という問いかけをしているとも思えません。そうではなくて、既に状況を正確に理解していると言っているように感じます。彼らがなぜ恐れるのか、彼は理解しているのです。それを理解していると言っているだけでなく、恐れるのが当然であると彼らに伝えているのです。彼らには彼を恐れる妥当な理由がある。「僕は君に魔法をかけた」と彼は歌っています。そしてこう語るのです。

Your worst nightmare, it’s me I’m everywhere
君の最悪の悪夢、それは僕だ。僕はそこらじゅうにいる。

In one blink I’ll disappear, and then I’ll come back to haunt you
まばたき一つで僕は消え、そしてまた現れる。

彼は、去るわけではないことを彼らに伝えています。彼らは恐れるはずです、追い払うことができないのですから。彼を止めることはできないのです。彼らは最善を尽くしました・・・・スネドン、ダイモンド、チャンドラー一家、タブロイド・・・彼らは彼をやっつけるために最善を尽くし、一時的には彼をゲームで打ち負かしたのかもしれません。しかし彼は負けなかった。彼をやっつけるまでには至らなかった、そして彼は帰ってきた、前よりも強くなって。彼を黙らせることはできない。彼をコントロールできない。彼には届かない・・・・彼を破壊することはできない。だから、彼を止めようとした者たちに対し、いかなる努力をもってしても、どのような目に合わせたとしても彼はまだそこにいると言うことによって、アルバム冒頭と全く同じ勝ち誇った調子でアルバムを締めくくっているのです。彼らは「それが信じられない・・・信じられない」。しかしこれこそが、彼らが恐れを感じる理由なのです。

先ほど触れた「Threatened」のサビの部分は、「Unbreakable」の冒頭にある挑戦的な戦いの叫び声と同様のものです。

Now I’m just wondering, why you think
ところで、不思議なんだけど

That you can get to me, with anything
なぜ君は僕をどうにかしてやっつけられると思っているのか

Seems like you’d know by now
もう気付くべきだ

When and how, I get down
いつどのようにして、僕がひざまずくのか

and with all that I’ve been through, I’m still around
そしてどんな試練を受けようとも、僕がまだ立っているということを

違う言葉ですが同じメッセージです。突き詰めると彼は「インヴィンシブル」でリスナーを旅に連れ出しました。そしてこの曲で元の位置に戻ってきたのです。このメッセージ・・・彼はまだ立っている、「浮かび上がってずっと笑っている」・・・は、彼にとってとても重要なものであり、だからアルバムの最後に繰り返す必要性を感じたのです。リスナーが一度目に聴いた時に聞き逃したりした場合でも確実にそのメッセージを受け取れるように。

You should be watching me, you should feel threatened.
君は僕を見ている、君は脅威を感じる

この曲の彼は美しいです。この曲のボーカルのレコーディングを最高に楽しんでいるかのようです。祝杯を挙げている様でもあり、この曲における攻撃的なトーンには、ピュアな喜びがかすかに加えられています。この曲で彼は明らかにモンスターの役割を楽しんでおり、面白がっています。そして彼は喜んでいるように聞こえます。なぜなら彼は、今なお倒れていない、彼の思想・・・彼の愛・・・は永遠に壊れることはない、ということを私たちに気付かせているからです。挑戦的なやり方でね。彼らは彼をその土台から引きずり下ろすかもしれないし、思い知らせてやろうとしないとも限らない。だけどそれは上手くいかない。彼はどこへも行かないし、だから彼らは恐れるだろう。「君は僕の足元にも及ばない、だから僕に脅える」ということですよ。
その3に続く)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ