MJはいかにして、スペース・チャンネル5に出ることになったか

ジェイク・カズダルは、ターン制ストラテジー(シミュレーション・ウォーゲーム)の新タイトル「Skulls of the Shogun」の開発に取り組んでいるが、その彼が先日、マイケル・ジャクソンがいかにしてスペース・チャンネル5に出ることになったのか、ということについて語っている。

カズダルはかつて、セガの渋谷オフィスで働いており、このゲームの開発に従事していた。Siliconera.comからジャクソンとの関係について問われ、カズダルはこう応えている。

「面白い話でね。開発も終盤だったのですが、スペース・マイケルはいなかったんです。終了間際の間際でほとんどβ版でした。言いたいことわかります?ある日、内海(州人)さん、当時の日本でのセガ開発陣のトップで、今は水口(哲也)さんとキューエンタテインメントの社長ですけど、その内海さんがオフィスに来たんです。

私たちはリモート・オフィスにいて、羽田の本社にはいなかったんです。渋谷にいて、AM1やCSKのような小さなチームと一緒に自分たちのオフィスを持ってたんですよ。ですぐにミーティングが開かれて、内海さんは『ええと・・・アメリカから帰ったところなんだけど・・・』みたいに言ったんです」

カズダルは内海氏のことについて少し話した。「彼はプレイステーションの立ち上げに参加しました。彼は昔流で、経験があり、クールな仕事をたくさんしてきました。その彼がこう言ったんです。『ミーティングをしたんだけど・・・うーん・・・マイケルがゲームに出たがっていることがわかったんだ』。みんな、『何だって?マイケル?何言ってるんです?』みたいな感じでしたよ。で内海さんは「そう、マイケル・ジャクソンだ。彼はゲームを見て気に入った。本当にゲームに出たがってるんだよ」というようなことを言いました。残された時間は1ヶ月。私たちは『なんてこった、やってやろうぜ』っていう感じでした。だから僕らはベルトを締め直して、そしてやり遂げたんです。そしてそう、スーパー凄かったですよ」。

カズダルは話を続けた。「もちろん、僕らは最高に興奮しましたよ。セガは『ムーンウォーカー』で彼と以前に仕事をしていたので関係はあったのです。データをどうやって手に入れたのか忘れてしまいました。『ムーンウォーカー』のものを使ったと言いたいところですが、確証はありません。詳細は覚えていないのです。だけどそう、エキサイティングでした。すさまじいラッシュでした、スラムみたいな。そして私たちはやり遂げたのです。マイケルをゲームに入れられてとても興奮しました」

spacemj.jpg

■ How MJ Ended Up In Sega's Space Channel 5
(28-2-2012) Jake Kazdal, who has been hard at work developing his new indie turn-based strategy title, Skulls of the Shogun, recently talked about how Michael Jackson ended up in the game Space Channel 5.

Kazdal used to work at Sega's Shibuya Japan office and contributed to the development of the game. When asked about the Jackson connection by Siliconera, Kazdal said,

"So, this is a funny story. We were late in development and there was no Space Michael. And we were laaaaaate, like almost beta, I want to say? And one day, [Shuji] Utsumi-san, who was the head of Sega’s development at the time in Japan ― who is now the president of Q-Entertainment with [Tetsuya] Mizuguchi-san ― came into our office.

We were in a remote office, we were not down at Haneda’s main corporate office. We were up in Shibuya, we had our own office up there with a couple smaller teams like AM1 and CSK. And we had sort of an impromptu meeting, and he’s like,'‘So, umm… I just got back from the states, and...'"

Kazdal offered a little background information on Utsumi, "He’d helped launch the PlayStation. He’s oldschool, he'd been around forever, he’s done a lot of cool stuff. He said, 'I had a meeting, and umm ... it turns out Michael wants to be in the game.’ And everyone was like, 'What? Michael? What are you talking about?'

And he was like, 'Yeah. Michael Jackson. He saw the game and he loves it and he really, really wants to be in it.' And we had like a month left. And we were like, 'What the hell. Let’s do it.' So we buckled up and we just made it happen, and yeah, it was super-awesome!"

Kazdal continued his tale, adding, "Of course, obviously, we were super-stoked. They'd worked with him before on Moonwalker, so there was a relationship there and I forget how we got the data in there. I want to say we used the Moonwalker stuff, but I can't confirm that. I don't remember the details. But yeah, it was exciting. It was like a complete rush, like slam, and we got it done and we were stoked that we got to include him in the game."


Source: MJFC / siliconera.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ