MJエステート、トーメ・トーメを提訴

マイケル・ジャクソン・エステートがマイケル・ジャクソンの元マネージャー、トーメ・R・トーメを金曜日に提訴した。亡くなった年に、ジャクソンに法外な契約にサインさせて私腹を肥やしたと主張している。

問題としている契約には、ネバーランドに関係した負債の借り換えと、計画されていたロンドンでのコンサート・シリーズに関して、トーメが自身のために交渉していたプロデューサー報酬の件が含まれている。

本訴訟は、ジャクソンの死去以降エステートが稼いだ3億1000万ドル以上について、その15%は自分のものだと主張しているトーメとの間で1年以上にわたって行われた論争を受けて行われるものである。

本訴訟は損害賠償と、トーメがエステートから利益を得る資格はないという裁定を求めており、またジャクソンの所有物および財務記録を返還することを求めている。

訴状によると、本訴訟は「ジャクソンに対して負っている受託業務の妨害を止めさせるにはどうしても必要なもので、私腹を肥やす行為、およびトーメがジャクソンに行わせた不当な合意事項を解消し」、ジャクソンの所有物の返還を怠ったことに対してエステートへ補償させるためのものである。

エステートの弁護士ハワード・ワイツマンは声明の中で、ジャクソンの元マネージャーがエステートから金を得ようと自らも提訴してくるだろうと見ていると述べている。

「トーメ氏の主張は意義のないものであり、マイケル・ジャクソンとの関わりの中で初期から、トーメ氏がマイケル・ジャクソンに対する不正行為に関わっていたという事実が示されると私たちは考えています」とワイツマンは記している。

本訴訟ではさらに、ネバーランドのフォークロージャー(質流れ)を救ったコロニー・キャピタルをジャクソンに紹介したことについて、仲介手数料を払うようトーメがジャクソンに強いたと述べられている。これによりトーメは240万ドル以上を得ているが、これは、エステートが言うトーメが関わり不当な利益を得た取引の一つである。

もう一つの問題視されている取引は、ロンドンで計画されていたコンサート「This Is It」(開幕前にジャクソンは亡くなった)について、自身のために月に10万ドルのプロデューサー報酬を得ようとトーメが交渉していたというものだ。

今回の法的手段では、ジャクソンによるアートワークの権利をトーメが不正譲渡したという点も訴訟の対象となっている。

トーメはジャクソンのマネージャーとして2008年1月から2009年3月まで働いていた。

■ Jackson Estate Sues Tohme Tohme
(17-2-2012) The Estate of Michael Jackson has filed a lawsuit against the superstar's former manager, Tohme R. Tohme on Friday, claiming he lined his own pockets by persuading Jackson to sign unconscionable contracts in the final year of his life.

The contracts in question involved the refinancing of Jackson's debt related to his Neverland Ranch and a producer's fee that Tohme negotiated for himself for Jackson's series of planned concerts in London.

The lawsuit follows more than a year of wrangling between the estate and Tohme, who has claimed he is owed 15 percent of the more than $310 million the estate has earned since Jackson's death.

The lawsuit seeks the return of Jackson's property and financial records, as well as damages and a ruling that Tohme is not entitled to any money from the estate.

According to the filing, the lawsuit "is necessary to finally put a stop to abuse of fiduciary obligations owed to Jackson and seeks to unwind the self-serving and unconscionable agreements [Tohme] encouraged Jackson to enter into" and to compensate the estate for failing to return Jackson's property.

Estate attorney Howard Weitzman wrote in a statement that he expects Jackson's former manager to file his own lawsuit to try to gain money from the estate.

"We believe the facts will show that Mr. Tohme's claims are meritless and that Mr. Tohme engaged in wrongdoing with respect to Michael Jackson starting early in their relationship," Weitzman wrote.

The lawsuit further states that Tohme coerced Jackson to pay him a finder's fee for introducing him to Colony Capital, the group that saved Neverland Ranch from foreclosure. That deal earned Tohme more than $2.4 million and was just one of several deals he was involved in that the estate says improperly benefited Tohme.

In another of those questionable deals, Tohme negotiated for himself a producer's fee of $100,000 a month for the "This Is It" concerts that were planned for London, although Jackson died before the concert series began.

The legal action also alleges that Tohme improperly signed away the rights to artwork created by Jackson.

Tohme served as Jackson's manager from January 2008 until March 2009.

Source: MJFC / nydailynews.com / AP / forbes.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ