ジョー・ヴォーゲル:MJの音楽の力は正しく理解されていない

作家で教育者のジョー・ヴォーゲル(『Man in the Music: The Creative Life and Work of Michael Jackson』の著者)が、アトランティック誌に「The Misunderstood Power of Michael Jackson's Music(マイケル・ジャクソンの音楽の力は正しく理解されていない)」と題した素晴らしい一文を執筆した。この記事は、ジャクソンが音楽界に及ぼした大きな影響について、そして彼には未だに音楽評論家からのリスペクトが欠けているということについて議論している。

ヴォーゲルはこう記している:

「(ジャクソンの)目標は、白人アーティストができることは黒人アーティストも(あるいはそれ以上のことを)できるということを証明することでした。彼はあらゆる境界を越え、正しく評価され、あらゆる記録を破り、芸術における不朽の名声を達成したかったのです(『こうすれば死なずに済む。僕の作品は魂と固く結びついてるんだ』と彼は発言しています)。彼の野心の核心はお金でも名声でもないのです。すなわち、尊敬されることなのです。

1991年のヒット曲『Black or White』で彼がはっきりと宣言しているように、『僕は決して誰にも劣っていない、と彼らに言ってやる必要があった』のです」

全文を読むにはこちらをクリック。

■ Joe Vogel: Misunderstood Power of MJ's Music
(8-2-2012) Writer and educator Joe Vogel, author of the amazing book, Man in the Music: The Creative Life and Work of Michael Jackson, has just written a wonderful article for The Atlantic titled "The Misunderstood Power of Michael Jackson's Music." The article discusses Jackson's major infuence on the world of music and the lack of respect he is still shown by music critics.

Vogal writes:

"[Jackson's] goal was to prove that a black artist could do everything a white artist could (and more). He wanted to move beyond every boundary, earn every recognition, break every record, and achieve artistic immortality ("That is why to escape death," he said, "I bind my soul to my work"). The point of his ambition wasn't money and fame; it was respect.

As he boldly proclaimed in his 1991 hit, "Black or White," "I had to tell them I ain't second to none."


To read the full article, please click here.

Source: MJFC / theatlantic.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ