プレスリリース:「Forever Dangerous」、ジェニファー・バトゥンのMJトリビュート

「Forever Dangerous」・・・マイケル・ジャクソンのギタリスト、ジェニファー・バトゥンをフィーチャーするトリビュート・・・が、正真正銘のキング・オブ・ポップのコンサート体験をお届けします。

マイケル・ジャクソンの元リード・ギタリスト、ジェニファー・バトゥンが新しいトリビュート「Forever Dangerous」の共同制作を発表しました。この新しいトリビュートは、キング・オブ・ポップのレガシーに忠実なワールドクラスのコンサート体験をファンの皆さんにお約束するものです。

「Forever Dangerous」はキング・オブ・ポップのレガシーを称えるワールドクラスのトリビュートであり、ギタリストのジェニファー・バトゥンとキーボードのクリス・フィッシャーが共同で構想したものです。他の追従を許さないこの作品は他と比べようもないものであり、トリビュートを行なうに相応しいバトゥンなしには成り立たないものです。ジェニファー・バトゥンはマイケル・ジャクソンのリード・ギタリストを務め、93年のスーパーボウル・ハーフタイムショーを含む、ソロでのワールド・ツアーの全てでキング・オブ・ポップと競演しました。「ジェニファーの素晴らしい才能と経験が、マイケルとパフォーマンスした者のみが成し得るこのショーに対して、明らかな正当性をもたらすのです」とフィッシャーは説明しています。マイケルは別にして、ジャクソンのバンド・メンバーの中でジェニファーが最も認知度が高いといっても間違いではありません。彼女を象徴するブロンド・ヘアーとロックスターの容姿は、ジャクソンのコンサートの楽しみの一つとなったのです。

2009年にジャクソンが亡くなって以来、バトゥンは世界中からの数えきれないトリビュートへのオファーを断ってきました。「クオリティが低いように思いましたし、マイケルの素晴らしい貢献の数々をきちんと称える優れたものを私たちが創り出せると思っていたんです」とバトゥンは説明しています。「Forever Dangerous」は、生バンドやダンサーを多数起用すること、壮観なコスチューム、特殊効果といったマイケル・ジャクソンのコンサートを定義付ける必要不可欠な要素を取り入れます。バトゥンはこう続けます。「私たちの目標は、『Fprever Dangerous』がファンの皆さんをタイムスリップさせ、史上最もエキサイティングなコンサートを再び体験してもらうということです」

信頼できるショーを創り上げるために、納得できるレベルでマイケル・ジャクソンを真似できる卓越したパフォーマーが必要でした。「マイケル・ジャクソンはたった一人しかいません」とフィッシャーは述べています。「そしてマイケル・ジャクソンの全てをできる能力のある個人は存在しません」。ルックスと特徴的ダンスムーヴを併せ持つ者、そしてボーカルを披露できる者、最低でも二人が必要でした。

2010年、コロラド州デンバーでパフォーマンスを行なっている時、フィッシャーはジャクソン・トリビュート・アーティストのカルロ・ライリーを紹介されました。「本当に運命でした」とフィッシャーは語っています。「私たちのマイケルを見つけたとすぐにわかりました。30分もかからないところに彼は住んでたんですよ」。ライリーは長年のジャクソン・ファンであり、キング・オブ・ポップに大変よく似た風貌をもっているため、メークと衣装があれば、彼と本物のマイケル・ジャクソンとは区別ができないといってもいいほどです。実際、2007年に日本でのスリラー25周年イベントでマイケル・ジャクソンと会った後、メディアがすぐに二人を「双子」と呼びました。

プレストン・スケールズはナッシュビル生まれで現在ロサンゼルスに住んでいますが、彼は「マイケルの声」として見出され、ライブバンドとバックアップ・ボーカリストらとともに、マイケル・ジャクソンのスタイルとエモーションで正確にマイケル・ジャクソンの曲を歌います。フィッシャーはプレストンが「Human Nature」を歌うビデオをYouTubeで発見し、感銘を受けました。バトゥンは彼を「私たちが授かった生まれながらのパフォーマー、最高のダンサー、真に偉大な男」と評しています。

マイケル・ジャクソンのレガシーに不可欠であり、すべてのライブ・パフォーマンスに登場したのはマイケルのダンサーたちです。「Forever Dangerous」は、ロサンゼルスを拠点とするオスカー・ロドリゲスとマーク・クリアリーのチーム、StoliGrant Productionsのダンサーと振り付けなしには完成し得なかったでしょう。「マイケル・ジャクソンが私をプロのダンサー、振り付け師にしたんです。そして今、彼のための素晴らしいトリビュートの一員になるという栄誉を得ることとなりました」とロドリゲスは話しています。

「Forever Dangerous」のメンバーは全員、厳選された業界のプロフェッショナルたちであり、マイケル・ジャクソンのファンです。「このプロジェクトに関わっている者はみな、マイケルのレガシーを守ることに関心を持っています。これは私にとって重要なことで、世界中のマイケルのファンにとっても重要なことだと私は信じています」とバトゥンは説明しています。

「Forever Dangerous」は2012年に公演を行なうこと、そしてヨーロッパ・ツアーを現在予定しており、先日、ビデオによるデモを公表しました。

詳細はForeverDangerous.com またはHi Phi Entertainment, LLCまで。

Hi Phi Entertainment, LLCについて
Hi Phi Entertainment, LLCはコロラド州ボールダーを拠点とする会社で、イベント製作、管理を専門としています。

ソース: MJFC / prweb.com 
PRESS RELEASE: Forever Dangerous, Jennifer Batten MJ Tribute
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ