ジョー・ヴォーゲル:BusinessNewsDailyインタビュー

作家で教師のジョー・ヴォーゲルは、高い評価を受けている「Man in the Music」の著者であるが、彼はBusinessNewsDailyによる独占インタビューに答え、エンタテイナーとしてだけではなく、ビジネスマンとしてマイケル・ジャクソンが遺したものについて語っている。

音楽だけがマイケル・ジャクソンの才能ではないことは、ファンなら知っていることである。彼は、洗練された手腕を備えた、シャープで知性的な企業家でもある。そしてヴォーゲルによれば、ジャクソンの才能は音楽制作をはるかに超えていたという。そのインタビューの一部を以下に示す。

BusinessNewsDaily:マイケル・ジャクソンはただ単に才能に恵まれていた、幸運だったということ以上のものが明らかにありました。彼には他にも資質があったに違いないんです。かなりの企業家の資質というか・・・それがキング・オブ・ポップへの軌道に乗るのに役立ったんです。この点について説明してもらえますか?

ジョー・ヴォーゲル:マイケル・ジャクソンの偉大な資質の一つは、頭の中で何かを思い描く能力です。それは大胆かつ普通とは違う革新的なものです。そしてそれを実現するための強い意思と労働倫理を備えています。彼は絶えず自分自身と周囲のことに挑戦し、既存の枠を超えました。彼はしばしば友人やコラボレーターたちに、同じであることを拒み卓越するために努力することを描く寓話「かもめのジョナサン」を読ませていました。50歳での「This Is It」コンサートでさえ、彼は平凡を受け入れることはありませんでしたよね?彼は誰も体験したことのないショーにしたかったのです。

BusinessNewsDaily:絶えず自分自身を改革し続けるという彼の決意は、観客のために新しくあろう、エキサイティングであろうという努力のもとに自覚されていたのだと思いますか?それとも、年齢を重ねるに連れて自然に生まれたものだと思いますか?

ジョー・ヴォーゲル:マイケル・ジャクソンは、アーティストにとって止まる事は死であるということを理解していました。彼は常套手段を単に繰り返すという考えを嫌っていました。だから彼は変化し続け、自分のイメージやスタイル、サウンドを改革し続け、人がもっと想像しもっと欲しがるようにしていたのです。

全文を読むにはこちらをクリック。
joe_cover_sleeve.jpg ■ Joe Vogel Interview With BND
24-1-2012) Writer and teacher Joe Vogel, author of the highly praised new book Man in the Music, just gave an exclusive interview to BusinessNewsDaily in which he spoke about Michael Jackson's legacy, not only as an entertainer but also as a businessman.

We all know that music was not Michael Jackson's only talent. He was also a sharp, intelligent entrepreneur with polished business savvy and Vogel says Jackson's talent went way beyond making music. A portion of the interview appears below:

BusinessNewsDaily: Michael Jackson was clearly more than just talented and more than just lucky. He must have had some other quality – some entrepreneur-like quality– that helped him on his road to become the King of Pop. Can you describe it?

Joe Vogel: One of Michael Jackson's greatest qualities was his ability to envision something in his mind – something bold and different and innovative – and then have the willpower and work ethic to realize it. He was constantly challenging himself and those around him to push beyond the ordinary. He often had friends and collaborators read "Jonathan Livingston Seagull," a fable about refusing to conform and striving for excellence. You see, even with his "This Is It" concerts at the age of 50, he wouldn't accept mediocrity. He wanted the shows to be unlike anything people had experienced before.

BND: Do you think his decision to constantly reinvent himself was a conscious one in an effort to always become something new and exciting for his audience, or do you think he just naturally evolved as he got older?

J.V.: Michael Jackson understood that stagnation for an artist was death. He hated the idea of simply repeating formulas. So he was constantly transforming, re-inventing his image and style and sound, keeping people guessing and wanting more.


To read the entire interview, please click here.

Source: MJFC / businessnewsdaily.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ