MJWNのシルク・ショー・レビューとジョナサン・モフェット・インタビュー(その2)

ポーラ:一晩で2公演・・・疲れますよね。疲れはどうしているんですか?つまり、ショーの中でもきつい部分を担ってらっしゃいますよね。あなたが猛スピードで突っ走っているのを見ましたよ。実際、私はあなたの手を見失ったこともありました。消えたんです。

ジョナサン:きついのは確かだね。激しく体を使うから。僕はビートの一拍一拍に全身全霊を込めてるんだ。すべての曲、一節一節まで集中してるんだよ。僕の心は目一杯集中してるんだ、全曲のアレンジでバンドを正しい位置に保ち、ガイドと推進役になるためにね。ショーの上から下までさ!だけど何より、肉体的精神的ストレスが一番堪えるよ。あなたが気付いて訊いてくれたようにね。実際、今気管支炎なんだ。質を落とすのに抵抗したせいさ。4日間で8公演のせいだね!ラスベガス公演では最終週は6日間で10公演だった。どの公演も2時間20分だよ!今療養中だけど、昨日も具合悪いのに1公演やった。今晩もさ。だけど・・・ほかにやりようがあるかい?ないよね!僕にかかってるんだ。「The Show Must Go On(何があってもショーは続けなければならない)」ってハリウッドでは言うでしょ?僕は、「無敵(Invincible)!」っていうタイトルの映画に出てくる300人の内の一人って感じに違いないよ。

ポーラ:まずは気管支炎が早く良くなることを祈ります。で、しばらくの間シルク・ドゥ・ソレイユにかかりきりだとは思います。たった今お話いただいた、ツアー後には休息をとりたいということですが、ジョナサン、とても待てないのでお聞きします。将来、MJ関連のほかのショーやイベントの計画はありますか?

ジョナサン:うーん・・・シルクは5年間の事業だと言われているからねえ。だけど、僕自身のプランはいくつかあるよ。同時進行さ。ツアー中、あるいは休演期間中に。ドラム講座「Tribute To Michael」のようなものができたらね。2010年の10月にオーストラリアであなたもそれを見てるよ。スケジュールのどこかに押し込めたらいいなあ!大型本の計画や、「Sugerfoot」という、僕のこれまでやキャリアを元にした子供用の本の計画もあるよ。僕がどのくらい「マルチタスク(同時進行)」できるかどうか見てみないとね。祈っててよ!

ポーラ:ショーには、たくさんのマイケルの曲のリミックスが出てきます。ご自身もミュージシャンですが、これについてはどう考えてますか?

ジョナサン:そう、言う通り!マイケルの曲のリミックスがたくさん出てくるね。マイケルの曲に新鮮な切り口で迫るために、ジェイミー・キングとケヴィン・アントゥーンズが決断し、ショーのためにデザインしたクリエイティブな過程だ。この試みと新しい見せ方のために、曲を「再び生き生きとさせる」ということだね。初めのうちは、正直僕はうれしくなかったし新しい切り口も見つけられなかったよ。30年間、マイクの音楽をずっと同じアレンジで彼とやっていたからそれに慣れていて、個人的にマイケルと親しかったから・・・古い曲であるほど改ざんしているように感じて、タブーであると思ってたんだ。だからちっともうれしくはなかった。そう感じていたのは僕だけじゃないよ!マイケルと仕事をしたことがあるほかのこのショーのミュージシャンも同じように感じていた。僕らはリハーサルからアパートへ帰る道で話し合ったよ。愚痴を言い、怒りを爆発させ、自分の意見を言った。だけど新しいアレンジについて何日も勉強し取り組むようになって、新しいアレンジは僕の中だけでなく全員の中で成長し始めたんだ。それから、僕らは彼らのビジョンがわかるようになったんだ。音楽、アプローチ、そしてショーのビジョンだ。僕たちはようやくそれを理解し、演奏すればするほど気に入ってきたんだ。振り付けされたダンサーたちや衣装も見たしね!今では、このように演奏することがとても素晴らしいし、観客も気に入ってくれている。ファンや観客が、変更したアレンジや、象徴的でお気に入りだった歌や音楽を変えること自体に反発するかもしれないと元々感じていたし考えていたんだけどね。こう思うんだ、今回の教訓は・・・先入観にとらわれないということ・・・驚かされると思うよ!楽しいという意味でね、僕や僕たちとおなじように。

ポーラ:ジョナサン、それは私が保証しますよ。リミックスは素晴らしいです。私のマイケル・ジャクソン・ファン歴は長いですけど、リミックスは気に入っています。ショーを見た人に聞いてもそうでしたから。最後にジョナサン、「The Immortal」ツアーについて、MJファンにメッセージはありますか?ショーから何を感じて欲しいと思いますか?

ジョナサン:マイケル・ファンがみんなショーを観に来て彼を称えて欲しいと思ってるよ。マイケルと彼の音楽を「過去のものとしない」ためのイベントだからね!彼自身のことを、彼の生涯を祝うことになるんだ。音楽とエンタテイメントへの貢献、「彼」のスタイルでダンスに及ぼした影響、スタイルへの影響。それから人を思いやる感覚、愛する感覚、イマジネーションの世界へのセンス、ファンタジーのセンス・・・そういうものを全部祝うことになるんだよ。世界中のあらゆる偉大な文化、宗教、信条、信念、肌の色、民族がこれまでにないほど一体化することによってね。一体化・・・一つになって、ある特別な理由のために「一体」で行動するんだ。その理由とは・・・「一体化」という透明でセロファンのような、偏見のない考え方を通した、全ての人のための世界に対するマイケル・ジャクソンのビジョンを掲げるということだ。全ての人に対する彼の愛だね。今、僕たち(のショー)で示される・・・彼を愛し彼の近くにいたい、感じていたいと思う全ての人に対して・・・「The Immortal」と呼ばれるこのショー、みんなきっと・・・

ポーラ:ジョナサン、本当にありがとうと言わせてださい。それから、あなたとご一緒できたこと、貴重なお時間を割いていただいたこと、MJWNとすべてのファンのために質問にお答えいただいたことに深く感謝します。今後の幸運をお祈りするとともに、あなたが手掛け私たちにシェアしてくださる新しいプロジェクトを楽しみにしています。またお会いすること、それからショーを観ることをたのしみにしています。


私にとって、ラスベガスで思い出すのは、カジノのスロットマシンのコインの音ではなく、輝く街の灯でもなく、ストリートの活気でもないでしょう。MJのシルク・ドゥ・ソレイユのショーを観たこと、それからマイケルの友人であり仲間でありドラマーである人と過ごした時間は、いつまでも忘れることなく私の宝物であり続けるでしょう。

ポーラ・カツィカス
(終わり)
原文:http://www.mjworld.net/news/2012/01/10/paula-in-vegas/
リンク先に写真があります。
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ