ジャーメイン:マイケルは「あの呼び方を嫌っていた」

ジャーメイン・ジャクソンは現在著書「 You Are Not Alone: Michael Through a Brother's Eyes」のプロモーションを行なっているが、先日トロント・サンのインタビューを受け、その中でマイケルはあの下品な中傷を嫌っていたと述べた。

「彼はあの呼び方を嫌っていたよ」とジャーメインは独占インタビューで語っている。

「彼は、あの忌々しい『Wacko-Jacko』などの様な悪い言われ方をされていた。彼はそのことで傷ついていたよ。彼の名声を使って世界と子供たちと人々に向けた神聖でピュアなメッセージを伝えている人がいるからね。彼らができることといったら、彼の肌の色のみたいなどうでもいいことを見ることなんだよ」

「恐ろしいこと、子供を性的に虐待したというウソの疑惑で糾弾されるっていうのは恐ろしいことだ。性的虐待というのはまさに恐ろしいことだね。彼らは多くのことで彼を引きずりおろそうと躍起になっていた・・・本当に恐ろしいよ。彼らはマイケルが子供たちを愛していることを知っていて、それで彼が本当に愛したもの、子供たちのことで彼を引きずりおろそうとしたんだからね」

ジャーメインはマイケルが、2009年に50歳で亡くなるまでに、慈善団体に何億ドルも寄付したと述べた。

「彼は世界中の病院ならどんなところへも出かけて、緊急処置室の廊下を歩き、手術が必要な人を見つけては手術代を払い、肺移植手術とかそういうことをやらせていたんだ。肝移植とか。これが彼がやったことさ。僕らの業界、音楽業界で葬儀ができない人がいたら、そういう人の埋葬(とその費用の支払い)までしてたんだよ」

マイケルが幼い頃、家族全員が彼は特別なものをもっていることがわかっていた、とジャーメインは話を続ける。

「彼には何かが見えていて、それを実行した。彼はサミー・デイヴィス・Jrやジーン・ケリー、フレッド・アステアを理解できた。そして彼はそういう人を真似ることができたんだ。子供の頃は信じられないような声を持っていたよ。天賦のものだね。彼はたくさんの才能を自分自身のために使うことはなかった。彼は天からの恵みを、死に行く子供たち、飢える子供たち、助けが必要な人々のことを世界に伝えるために使っていたのさ」

インタビュー全文はこちら

■ Jermaine: Michael 'Hated The Titles'
(28-1-2012) Jermaine Jackson, who is still promoting his recently released book, You Are Not Alone: Michael Through a Brother's Eyes, recently gave an interview to the Toronto Sun during which he stated that Michael hated the mean-spirited name-calling.

"He hated the titles," Jermaine said in the exclusive interview.

"They were calling him names, freaking 'Wacko-Jacko' and all these kinds of things. That hurt him, because here's someone who's taking the time with his fame, to give a message that is so divine and so pure for the world, and for children, and for people. And all they can do is look at things that are not important like the colour of his skin.

"It's horrible to be accused of horrible things, false allegations of child molestation which [were] just horrible. They tried so hard to bring him down on so many other things... That's just horrible because they knew he loved children and they tried to bring him down on the very thing that he loved, which was kids."

Jermaine said his brother donated hundreds of millions of dollars to charity, before his tragic death in 2009 at age 50.

"He would go to any hospital, anywhere in the world, and walk down the emergency corridors, and find [people] who needed operations and he would pay for them, and give lung transplants and all kinds of things. And liver transplants. That's what he did. And people who couldn't afford burials in our industry, in the music industry, he would bury them [and pay for it]."

Jermaine went on to say that when Michael was young, the entire family knew that he had something special.

"He could see something and do it. He could see Sammy Davis Jr., or Gene Kelly, or Fred Astaire and he could mimic them. He had an unbelievable voice when he was a child. And that's a gift. As much talent as he had, he didn't take it to the point where it was just about himself. He used the blessings that God gave him to bring words to the world about children who were dying, who were starving, people who were in need."

To read the entire interview, click here.

Source: MJFC / torontosun.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ