MJ蝋人形トリビュート、ワシントンへ

マイケル・ジャクソンの蝋人形が各地のマダム・タッソー蝋人形館を回っている。マイケル・ジャクソンの展示は先週ワシントンDCに到着したが、ワシントンでは初となる。この展示では、ジャクソン・ファイヴ、バッド期、そして「This Is It」のマイケルと、彼のキャリアからの様々な段階を元にした3体の人形が取り上げられている。

「This Is It」のものは、ジャクソンにとって13体目の蝋人形である。「This Is It」のツアー・ポスターのポーズをとっているジャクソンだ(VネックのTシャツ、白いソックス、黒のローファーにきらめく黒いジャケットで、黒いフェドラを斜めにかぶり、腕を広げて骨盤を前に突き出している)。この人形の製作には20人が4ヶ月を費やしている。

ジャクソンのマダム・タッソーとの関係は、1984年に始めてモデルとなった時からのものである。彼は長年にわたり幾度かモデルとなり、型は6回作られている。ジャクソンの蝋人形は世界中のマダム・タッソーの中で、もっとも広く展示されている。

首都ワシントンDCでの展示は3月13日まで。

mj_tussauds.jpg ■ MJ Wax Figure Tribute Moves To D.C.
(23-1-2012) Michael Jackson's likeness is on tour at Madame Tussauds wax museum. The exhibit, which hit Washington, D.C. this weekend, is the first-of-its-kind. It features three Michael Jackson figures from various stages of his career - The Jackson 5 Years, The Bad Era and the "This Is It" Michael.

The "This Is It" figure is Jackson's thirteenth wax incarnation. It shows the superstar in the pose he struck on the "This Is It" tour poster (arms outstretched, white v-neck t-shirt, pelvis thrust forward, black fedora tipped, white socks, black loafers, sparkling black jacket, white glove). It took 20 people four months to construct this particular figure.

Jackson's relationship with Madame Tussauds began with his first sitting in 1984. He did several sittings over the years. Jackson has been sculpted six different times and is the most widely exhibited figure in the Madame Tussauds worldwide empire.

The exhibit is on display in our Nation's Capital through March 13.

Source: MJFC / glittarazzi.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ