マーレーは補償金を支払わず

ジャクソン家の決定を受け、検察側はコンラッド・マーレーに対し補償金を求めないことになった。

マーレーがジャクソン家とエステートに対して支払うべき補償金の額を判事が決定する数日前の水曜日に行われた短い審議の中で、補償金支払いの要求は撤回された。

地方検事局デビッド・ワルグレン検事補は判事に対し、ジャクソンの母キャサリンとジャクソンの父ジョーの弁護士との話し合いをした結果、補償金要求を撤回することにしたと述べた。さらに審議録によると、ワルグレンはエステートの弁護士および法廷が任命したジャクソンの3人の子供たちの利益を代表する弁護士とも相談している。

今回の家族の決定についての理由は不明であるが、補償金を受け取ることはおそらくないであろうと考えたと思われる。

ロンドン・O2アリーナで計画されていた「This Is It」コンサートが行なわれていたら少なくとも1億ドルは稼いだであろうとエステートは見積もっていた。またマーレーは、総計180万ドルの費用がかかった葬儀についても責任を負う可能性もあった。マーレーの弁護団は、マーレーはどちらについても支払えるだけの資金は到底持っていないと述べており、困窮者であるとして先月書類を提出していた。

量刑手続き時には検察側でさえ、補償金支払いは不可能だろうと認めていた。

上級裁のマイケル・パスター判事は、ジャクソン家が補償金要求の権利を永久に放棄すると決定した。しかし2009年6月のマイケル・ジャクソンの死について損害賠償を求めるロサンゼルスでの2件の民事訴訟は係争中である。キャサリン・ジャクソンは、マーレーに対する適切な監督を怠ったとして、計画されていたロンドンでのコンサート・シリーズのプロモーター、AEGライブを訴えている。

ジョー・ジャクソンは、ジャクソンの死についての怠慢を主張してAEGライブを訴え、不法死亡でマーレーも同訴訟で訴えている。

マーレーの弁護士J・マイケル・フラナガンは、補償金問題が解決したことに満足していると述べた。審議録によると、水曜日の審議でフラナガンは、有罪評決については控訴し、保釈を求める意向であると述べたが、書面で要求するよう申し渡された。
picture_104.jpeg ■ Murray Won't Pay Restitution
(18-1-2012) Prosecutors will not seek restitution against Conrad Murray following the Jackson family's decision not to pursue it.

The request for payments was withdrawn during a brief hearing Wednesday just days before a judge was scheduled to decide how much the former cardiologist should pay to Jackson's family and estate.

Deputy District Attorney David Walgren told the judge in the case that he was withdrawing the restitution request after speaking with Jackson's mother, Katherine, and an attorney for his father, Joseph. Walgren also consulted with an attorney for Jackson's estate and the court-appointed attorney representing the interests of Jackson's three children, according to a transcript of the proceedings.

No reason was given for the family's decision although it can be assumed they realized they would probably never collect on the debt.

Jackson's estate estimated the entertainer would have earned at least $100 million if he had performed his "This Is It" concerts planned for London's O2 arena. Murray may have also been found liable for Jackson's funeral expenses, which totaled more than $1.8 million. Murray's lawyers have said he has nowhere near the money to pay either amount, and filed paperwork last month claiming he is indigent.

During the sentencing, even the prosecution agreed it would be impossible for Murray to pay that amount.

Superior Court Judge Michael Pastor ruled that the Jackson family was waiving its right to restitution permanently, although two separate cases pending in Los Angeles civil court seek damages for Michael Jackson's death in June 2009. Katherine Jackson is suing concert giant AEG Live, which was promoting the superstar's planned series of concerts in London, claiming they failed to properly supervise Murray.

Joseph Jackson is suing AEG Live, alleging negligence by the entertainment promoter in his son's death, and he is suing Murray for wrongful death in the case.

J. Michael Flanagan, attorney for Murray, said he was pleased to have the restitution issue resolved. Flanagan said during Wednesday's hearing that he intends to seek bail for Murray while he appeals his conviction, according to the transcript, but he was told to put the request in writing.

Source: MJFC / huffingtonpost.com / reuters.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ