インヴィンシブルを称える・・・Part2(その3)

ウィラ:胸が痛みますね。ジョイエ、あなたが言ったことはとても重要だと思います。実際あなたはこのアルバムの大変重要なテーマに指をかけたのだと思います。今日の午後、インヴィンシブルの失われた愛の歌を聴いていました。そして、彼が不明瞭である・・・話すことができない、あるいは状況を改善する方法で話せない・・・という繰り返されるテーマに私は本当に打たれました。どの歌にも、誤解や二人を裂こうとする障害、気持ちを通じ合わせることを阻むものがあります。彼は彼女に真実を理解してもらい、二人が結ばれるよう「壁を壊す」ことを必死に望みます。しかし彼は、彼女が聞くように話すことができない、あるいは相応しい言葉を見つけられない。タイトルソング、「Invincible」はそういう一節から始まります。

僕と君の間にある壁を壊すことができたら、僕は君のこころに訴えることが出来るのに、そしてパーフェクトな愛が始まるんだ

ですが、彼は彼女が理解できるように自分を表現していない、あるいは単に彼女は聞いていないのです。

もう何回も、僕がすることをすべて君に話している
だけどどうやってみても、理解してもらえそうもないね

コーラスで何度も繰り返し私たちに語りかけます。「僕が頼んだとしても、彼女はビクともしない」・・・これはあなたが言った言葉、「世間というのはいつも、彼の懇願を無視する」と完璧に対応しています。

似た状況は「Butterflies」でも見ることができます。彼はある女性に求婚しようとしています。しかし、彼は話すことができません。そしてどちらにしても彼女は聞いていないのです。この歌は次の一節から始まります。

君は僕のそばを歩いて通り過ぎるだけでいい
君に挨拶しようとする僕の笑みには気がつかないで
そして僕からの電話には応えないでくれればいい、僕がなんとか伝えようとする時には
なぜだ?と考えさせておいて欲しい、僕がただ、ため息をつくしかできない時

ここでまた、彼は彼女への想いを伝えることができない・・・「僕はただため息をつくだけ」なのです。あなたが先ほど引用したように、「Don't Walk Away」の出だしはこうです。

行かないで
言うべき言葉が見つからないだけなんだ
考えてみたけど痛みが邪魔をする
どうしたら君がいてくれるか教えてほしい
ひざまずいて祈るべきかい?

ここでは話すことはできているんですが、彼女が理解できるようには話せないんです・・・「言うべき言葉が見つからないんだ」です。だから彼は代わりに黙って祈るのです。

その4に続く)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ