フランスのファンら、精神的苦痛でマーレーを訴える

フランス人のマイケル・ジャクソンのファンらが、マイケル・ジャクソンの死によって受けた「精神的苦痛」で、コンラッド・マーレー医師を訴えていると彼らの弁護士が金曜日に語った。

このコンラッド・マーレーに対する訴訟は、4月11日にオルレアンで審理が開かれることになっていると、エマニュエル・リュド弁護士は述べた。

「幼なじみを交通事故で亡くすというケースに似ています。この死に影響を受けるのですから、訴訟を起こし補償を求める可能性はあるということです」とリュド弁護士は述べた。

リュド弁護士は、「マイケル・ジャクソン・コミュニティー」と称する団体のメンバー、およそ100人のために行動している。

リュド弁護士によると、彼らは一人あたり最大10000ユーロ(または13000ドル)の損害賠償を受ける可能性があるが、一方で彼らは象徴として1ユーロの罰金を求めているに過ぎないという。

ジャクソンは手術用麻酔薬プロポフォールの過剰投与によりロサンゼルスの自宅で2009年6月25日に亡くなった。この薬物は不眠症用にとマーレーによって投与された。

マーレーは11月に過失致死罪で有罪評決を受け、最高刑である禁固四年の判決を受けている。
mj108.jpeg ■ French Fans Sue Murray For Emotional Distress
(6-1-2012) French Fans of Michael Jackson are suing Dr. Conrad Murray for the "emotional damage" they have suffered over the music icon's death, their attorney said Friday.

The case against Conrad Murray is due to be heard in the city of Orleans on April 11, lawyer Emmanuel Ludot said.

"It's similar to losing a childhood friend in a traffic accident. Because this death affects you, you have the possibility to file a suit and seek compensation," Ludot said.

The lawyer is acting for approximately 100 fans who are members of an association they call the "Michael Jackson Community."

Ludot said that while each fan could be awarded damages of up to 10,000 euros (or $13,000), they were seeking only a symbolic euro.

Jackson died on June 25, 2009 at his Los Angeles home of an overdose of the surgical anaesthetic propofol, which was given to him by Murray to help him battle insomnia.

Murray was found guilty in November of involuntary manslaughter and sentenced to the maximum four years in prison.

Source: MJFC / AFP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ