This Is Itツアーの保険会社に有利な裁定下る

不幸な結果となったマイケル・ジャクソンのThis Is Itツアーの保険会社(ロイズ)が裁判所で勝利した。木曜日、保険会社はジャクソンのコンサート・シリーズのプロモーター(AEGライブ)からの情報収集を開始できるとロサンゼルス上級裁判所のマルコム・マッケイ判事が述べた。

マッケイ判事は、マイケル・ジャクソンの死に関する両親による二件の訴訟の結論が出るまでロイズによる訴訟を延期するようにとのAEGライブの動議を棄却した。

マッケイ判事はまた、公判開始日を延期し、証拠類の審査者を選定して、AEGとロイズの間の情報のやり取りで争いが生じた場合に提言を行わせると述べた。

「これが多面的な裁判であることは承知しています。そのうちどこかに落ち着くと考えています。どこに落ち着くかはわかりませんが」とマッケイ判事は述べた。

ロイズの弁護士ポール・シュリーファーはAEGライブ側の動議を批判している。シュリーファーによれば、ロイズは必要な書類を得るのに2年以上待っているといい、そのような動議は数ヶ月前に出されるべきであったとしている。

「今になって、彼らは突然、中断を裁判所に申し出ることを思いついたのです」とシュリーファーは語る。

シュリーファーはAEG側の動議が棄却されたことに満足しており、AEGからの情報をロイズが得られるのであれば、ロイズの裁判に先立って行われようとしているキャサリンとジョーの裁判に同意するだろうと述べた。

ロイズはAEGライブとMichael Jackson Co. LLCを昨年6月に提訴した。ロイズは、2009年6月25日にジャクソンが急性プロポフォール中毒で亡くなる前、彼が薬物を使用していることを知らされなかったとして、AEGに対する1750万ドルの保険金支払いをする必要はないという裁定を判事が下してくれることを望んでいる。

ロイズのAEGに対する訴訟は、AEGが「明白だった処方薬の使用や薬物中毒などを含む」治療記録に関して告知しなかったことが主張されている。また、睡眠補助として手術用の強力な麻酔薬プロポフォールが使用されていたことついても開示しなかったと主張している。

ジャクソンの専属医コンラッド・マーレーは11月にジャクソンの死について過失致死罪で有罪となり禁固四年の判決を受けたが、刑期は半分程度になると見られている。

ロイズの弁護しによる裁判書類によると、ジャクソンが亡くなるその日まで、ロイズの幹部らはAEGライブの弁護士に対しジャクソンの医療記録を求めていた。その一方でマーレーに対しては医療記録を渡していたという。

キャサリンの裁判では、AEGライブがマーレーを雇用する際の審査に不備があったと訴えている。この裁判は9月に開始されることが決定している。ジョーの訴状ではマーレーとAEGライブが告発されているが、裁判の日程は決定されていない。

AEGライブの弁護士マーヴィン・プットナムは、AEGはどの裁判についても示談には興味がないと語った。

「これらは私の顧客に対する単なるゆすりです」と彼は語った。

(参考:ロイズ、AEGを訴える
mj88.jpeg ■ Judge Issues Favorable Ruling For Insurers Of MJ Tour
(5-1-2012) The insurers of Michael Jackson's ill-fated 'This Is It' concerts won a round in court Thursday when a judge said the company can begin collecting information from the promoters of the entertainer's concert series.

Los Angeles Superior Court Judge Malcolm Mackey denied a motion by AEG Live asking that the lawsuit brought by Lloyd's of London be put on hold until two other legal actions by the mother and father of the Michael Jackson concerning his death are concluded.

Mackey also said he will delay setting a trial date and will appoint an evidence referee to make recommendations to him in case any disputes arise between the two sides in exchanging information.

"I know this is a multi-faceted case and I think that somewhere it's going to settle way down the line," Mackey said. "For what, I don't know."

Paul Schrieffer, attorney for Lloyd's of London, criticized AEG's motion. He said his clients have waited for more than two years to get the documents they need and that any such motion should have been brought months earlier.

"Now they have the epiphany to come into this court and ask for a stay in this case," Schrieffer said.

Schrieffer said he was pleased that the motion was denied. He also said he would be agreeable to the cases by Katherine and Joe Jackson being tried ahead of the Lloyd's case so long as his clients continue to get their information from AEG Live.

Lloyd's filed suit against AEG Live and the Michael Jackson Co. LLC last June. Lloyd's is hoping a judge will rule it does not have to pay AEG's $17.5 million policy on the grounds the insurers were not told Jackson was taking drugs before he died of accute propofol intoxication on June 25, 2009, at age 50.

The Lloyd's lawsuit against AEG claims the company did not tell the insurer about Jackson's medical history, "including, but not limited to, his apparent prescription drug use and/or drug addiction." The company also alleges AEG did not disclose the star's use of propofol, the powerful surgical anesthetic he was being given as a sleep aid.

The singer's personal physician, Dr. Conrad Murray, was convicted of involuntary manslaughter in November in Jackson's death. Murray was sentenced to four years in prison, but is expected to spend only about half that time behind bars.

Up until the last day of Jackson's life, Lloyd's executives were asking for Jackson's medical information from AEG Live's lawyer, who in turn was passing those requests to Murray, according to the Lloyd's attorneys' court papers.

In their suits, Katherine Jackson is suing AEG Live for the alleged negligent hiring of Murray. That case is scheduled for trial in September. Joe Jackson's complaint names both Murray and AEG Live. No trial date has been set.

Marvin Putnam, attorney for AEG Live, said the company is not interested in settling either case.

"These are just shakedowns of my clients," he said.

Source: MJFC / wavenewspapers.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ