ニュー・エディション、J5について語る

R&Bグループのニュー・エディションは、最初のシングル「Candy Girl」の発売以来、来年で29周年を迎えるが、最近彼らは、彼ら自身の大ブレークと、元祖スーパーボーイ・バンド、ジャクソン・ファイヴとの類似点について語っている。

このグループは現在、再結成ツアーの最中である。彼らは2009年に再結成し、BETアワードでのマイケル・ジャクソン・トリビュートの一部としてメドレーを披露した。

「あれがあってこうなったと思うんだ・・・。あんまり堅いことは言いたくないけど、僕らは急がなきゃと思ったんだ。僕らが大好きだった人が亡くなったんだから。僕らのキャリアが始まったきっかけの一つのように思ってるんだよ」とリッキー・ベルは語る。「あれは、僕らにレコード契約を結ばせてくれたメドレーさ。だからMJは僕らをまとめてくれたんだ。それ以来、僕らはまとまりを固めようと務めてきたんだよ」

ロニー・デヴォーはこう付け加える。「あのメドレーはまさにそこにあったのさ。僕らが子供の頃、『Candy Girl』ができる前、僕らは部屋に腰掛けてジャクソン・ファイヴのライブ・アルバムをよく聞いていたんだ。そして目を閉じて可能性をイメージしてたんだ」

当時、ジャクソン・ファイヴと比較されることをどう思っていたかを聞かれ、ベルはこう答えている。「褒め言葉として受け取っていたよ。僕らはショーで彼らの曲をたくさんやった。オーディション番組、スタートを切ろうとしている時さ。『Candy Girl』が出た時、あれは『ABC』とかジャクソン・ファイヴのサウンドを連想させるものだった。だから僕らはそういうことを聞くのが好きだった。しばらくして、他のアーティストが僕らと比べてくれるような、僕ら自身のアイデンティティというものを確立したいと思うようになったのさ。だけどジャクソンズと彼らのレガシーと同列に語られるということについては、それが嫌になるということはないだろうね」
mjj_9.jpg ■ New Edition Talks About J5 Comparison
(28-12-2011) R&B group New Edition, who's first single "Candy Girl" turns 29 next year, recently spoke about getting their big break and all the comparisons to the original super boy band - the Jackson 5.

The group is currently in the middle of a reunion tour. They reunited in 2009 to perform a medley as part of the Michael Jackson tribute at the BET Awards.

"I think that allowed this to happen... I don't want to say a lot faster, but we felt a sense of urgency because of the fact that someone we loved passed away, and we felt like that was one of the things that allowed us to launch our career," Ricky Bell said. "That same medley was the medley that allowed us to get a recording contract. So MJ pulled us together, and we've been pretty much trying to solidify this ever since."

Ronnie DeVoe added, "That medley right there, when we were kids, before 'Candy Girl' came out, we would sit in a room and listen to that live album by the Jackson 5 and just close our eyes and imagine the possibilities."

Asked how it felt to be constantly compared to the Jackson 5 back then, Bell said, "It's something that we definitely took as a compliment. We performed a lot of their songs in our shows, at talent shows, when we were trying to get started. And when 'Candy Girl' came out, it was definitely reminiscent of 'ABC' and the Jackson 5's whole sound. So we loved hearing that. After awhile, we wanted to get to a point where we established our own identity that, at some point, other artists would be compared to us. But just to be spoken in the same breath as the Jacksons and their legacy is something we'll never get tired of."

Source: MJFC / azcentral.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ