マイケル・ジャクソンを読み直す(その8)

しかしながら、この解釈はタブロイド上に示されることはなかったし、一般大衆が真実として受け入れるようになるものでもなかった。タブロイド上の、そして結局はメディアと一般大衆の主流となった物語では、マイケル・ジャクソンはかわいらしいとがった顎、丸いシマリスのような頬、細い顎のラインを持って生まれ、そして整形中毒で顔を完璧に変え、顎を広く、男っぽくし、頬骨は鋭く、突き出したということになったのだ。そしてそれが私たちの意識が信じるようになったものと合致するため、私たちの目に見えてくるようになったのである。私たちが認識するようになった顔の変化の過程はこんな感じだ。

article6.jpg


実際に私たちは、自分たちが信じている物語に合致する写真を強調し優先した。そして、合致しないものは除外した。そして新しい写真を見ると、それをあらかじめ存在している筋書きの観点から評価した。もしそれが物語に合致すれば、それは整形手術の証拠として受け入れられ、ウェブサイト中にきのこのように生えてくる「変化する顔」の写真シリーズに加えられた。もし合致しなければ大部分は無視されたのである。

遊び感覚で、私たちは実際に、反対のことを「証明」する写真シリーズを作り出すこともやろうと思えばできるのだ。その反対のシリーズとは、ジャクソンは四角いあご、突き出た頬骨を持って生まれた。そしてどうにかして、それらを長い時間かけてそり落とし、女性のように見えるようになったというものだ、このように。

article7.jpg


この物語は同じ写真を証拠として提示しておりもっともらしいのであるが、一度としてメディア上に提示されることはなかった。その代わり、主流の筋書きはタブロイドから主要メディアまで、まじめな疑問や分析もなく広がった。そして彼の死亡記事が書かれるまで、それは事実として広く受け入れられていた。

全写真の詳細な検討に基づけば、どの物語も真実ではない。鼻の形が変わったことを除けば、ジャクソンはわずかな整形手術しか受けていないと思われる・・・彼が言っていたように、そして彼の死後母親が認めたように。しかしながら、整形手術で大きく顔を変えてはいないという彼の主張は、ほとんどの場合マスコミや一般大衆から、良くて妄想、悪くすると全くウソだとして扱われた。
その9に続く)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ