マイケル・ジャクソンを読み直す(その7)

しかしながら、偶発的に撮られた奇妙な写真それ自体が、ジャクソンの顔にまつわるメディア・ヒステリーを引き起こしえたのではない。このことにもっと寄与していることがあり、そしてそれに対する説明は、認知というものの性質それ自身の中に、そして私たちの信念がいかに認知を形作っているかということの中にあるのだ。すなわち、私たちは見たいと思うものを見るということだ。メディアや大衆が、ジャクソンが何度も手術を受けたと一度確信すると・・・実際には彼は手術中毒だと確信すると・・・彼らは先入観を後押しする方向で写真の証拠を解釈し始めるのである。

たとえば、以下に6枚の写真を示す。ジャクソンの突き出た頬骨と角ばった顎のラインを強調したものだ。

article2.jpg


そして以下はこれらとは別の6枚だ。彼の顔が細く見える角度、頬の角ばりが小さく見える角度で、そして彼の顎のラインが長く狭く見える角度で撮られた写真だ。

article3.jpg


この6枚の写真は最初の6枚とはまったく異なって見える。にもかかわらず、同じ時期のものなのである。年代順に並べればこんな風になる。

article4.jpg
article5.jpg


これら12枚の写真から引き出される明らかな結論は、ジャクソンの顔のラインや形は顔の向きや表情、体重、ライトの方向などの要因によってさまざまに変化するということである。
その8に続く)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ