マーレー、公的資金で雇う弁護士を控訴審で希望

マイケル・ジャクソンを死亡させたとして有罪評決を受けたコンラッド・マーレー医師が木曜日、控訴審のために、公的資金による弁護士を任命するよう裁判所に対して要請した。もはや弁護士一人雇うことができないからだ。

マーレーは修正した控訴申立て書を提出した。申立書によると、彼は困窮しており、過失致死罪の有罪評決を覆すための控訴審弁護士に報酬を支払うことができないという。

58歳の心臓専門医マーレーは、ロサンゼルスのカリフォルニア州第二地区控訴裁判所で彼の言い分を主張しようとしている。

提出書類によると、裁判所が任命する弁護士が、本裁判の記録や裁定類を精査したのち、控訴審をどのように組み立てるか判断するという。

陪審員は先月、2009年のジャクソンの死亡についてマーレーを有罪とした。彼は上級裁マイケル・パスター判事が11月29日に下した禁固4年の判決のうち2年ほどの服役で済むと見られている。

現在彼は、男性中央刑務所の独房にいる。控訴申立て書類では彼の住所はこの刑務所となっている。
70x53_97.jpg ■ Murray Seeks Court-Paid Lawyer For Appeal
(13-12-2011) Conrad Murray, the doctor convicted of killing Michael Jackson, asked a court on Tuesday to appoint a publicly funded attorney to handle his appeal because he can no longer afford to pay for one.

Murray filed the amended notice of appeal which states that he is indigent and is unable to pay for an appellate lawyer to try to overturn his involuntary manslaughter conviction.

Murray, a 58-year-old cardiologist, intends to argue his case before the California 2nd District Court of Appeal, based in Los Angeles.

The filing states that a court-appointed attorney would decide how to frame the appeal after reviewing transcripts and rulings from the case.

A jury convicted Murray last month in Jackson's 2009 death. He is expected to serve only about two years of the four year sentence that Superior Court Judge Michael Pastor handed down on Nov. 29.

For now, he remains in a single-man cell in the Men’s Central Jail, which is the address he listed on his appeals filings.

Source: MJFC / washingtonpost.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ