IMMORTALとファンフェストでのティトとジャッキー

シルク・ドゥ・ソレイユ作品「Michael Jackson the Immortal World Tour」のラスベガス公演(12月27日まで)が先週末開幕した。またこのショーに合わせて、メモラビア展示会「マイケル・ジャクソン ファンフェスト」がラスベガスのマンダレイベイ・リゾートで開幕した。

ティトとジャッキーは、母キャサリンとマイケルの子供たち、そしてベリー・ゴーディや「スリラー」の監督ジョン・ランディスらファミリーの友人たちとこれら二つのショーのオープニングに参加した。ローリング・ストーン誌は、これらのイベントの感想についてティトとジャッキーに話を聞いた。

- 気持ちが動かされたのはどの部分でしたか?

ティト:すべてが心動かされたと言わなければならないね。僕の弟のことだから。僕はファンと同じようには彼を見ていないんだ。兄弟として見てるんだよ。ファン・フェストでは、彼の衣装とかに囲まれて・・・グッとくるものがあったよ。つまり、衣装の中には、それを着ている彼を見たことがあるやつもあるんだ。彼がそれを実際に着ていたこと、それが彼のものだったということを知ってる。だけどもう着ることもない・・・こみ上げるものがあるね。

「I Want You Back」がかかっててね、そうしたらミスター・ベリー・ゴーディが隣に立ってて、昔に帰ったみたいだったよ。僕らはお互いに顔を見合わせて、涙ぐんでたよ。僕は言ったんだ、『ボス、あの頃を覚えているかい?』。彼は言ったよ、『忘れられるものかい?思い出させてくれてありがとう』って。

僕たちの人生の中で、あのころは美しい時代なんだ。僕らは若かった、子供だった、エネルギーに満ちていて、すべてが光っていた。僕らは出て行く準備ができていた、そしてあんな風にやったのさ・・・・インディアナのゲーリーからの5人組さ。

ジャッキー:僕らがグループとして一緒にやった「ABC」や「I Want You Back」なんかを聴くと、泣きそうになるね。

- 「Immortal」ショーで素晴らしいのは、シルクはマイケルのインパーソネーターを探そうとしなかったことです。彼らはただ、マイケルのエッセンスを作り出そうとしました。大掛かりな作品という意味では、マイケル・ジャクソンにとってはこれが最後のものなのでしょうか?

ジャッキー:ノーとは言わない。将来のことは誰にもわからないから。だけどシルクは一つのアイコンだしマイケル・ジャクソンもそうだ。だからこんな風に組み合わせることが出来るんだよ。人はファンタスティックなものが見たいのさ。そしてこの作品はまさにそう。素晴らしいショーだよ。とてもエンタテイメントだね。

- ジャクソン・ブラザーズにとってはどうですか?何か新しいことをやるプランをお持ちですか?

ジャッキー:これからすばらしいことがたくさんあるよ。ちょうど今、やっているものもある。今は言えないけどね。

- 「Immortal」ショーにはお二人はどう関わっていたのでしょうか?

ジャッキー:製作開始早々からだよ。僕はいろいろなものを一つに作り上げるのを手伝ったよ。ショーが公になる前に僕に知らせてくれて、僕のためにランスルーをやってくれた。僕は製作チーム全員と一緒だったんだ。お手伝いが出来てうれしかったし、彼らは僕に会うことに興奮していたよ。涙が出たね。

- マイケルはアイコンだし伝説ですが、お二方にとってはマイケルは弟です。ファンフェストのような、私物を展示するイベントについてはどう思いますか?

ティト:そうだね、まず、たくさんの人たちが弟を愛してくれているということを目にすること、彼のファン・・・ジャクソンズのファンもだけど・・・に囲まれているということはいいね。マイケルの一部である、彼が愛したもののそばにいるという気持ちにさせてくれるよ。だからマイケルの私物やファンたちのそばにいるというのはいい感じさ。みんなが楽しめるものだよ。僕の弟がまだ生きているようにみんなに思わせてくれる・・・それはとてもいいことだよ。

immortal.jpg ■ Tito and Jackie Jackson On IMMORTAL & Fan Fest
(6-12-2011) Cirque du Soleil’s Michael Jackson the Immortal World Tour opened in Las Vegas this past weekend where it will run until December 27, 2011. In conjunction with the premiere of the Cirque show, a memorabilia exhibit called Michael Jackson Fan Fest opened at Las Vegas' Mandalay Bay Resort.

In attendance this weekend were Jackson brothers Tito and Jackie who attended both openings, along with their mother, Katherine, Michael’s children, and family friends including producer Berry Gordy and "Thriller" director John Landis. Rolling Stone spoke with the two Jackson brothers to get their take on the events.

What's been the most emotional part of all of this for you?

Tito: It's all emotional, I must say to you, because my brother's my brother. I don't look at him through a fan's eye. I look at him through a brother's eye. At Fan Fest, just being around his clothing and all that – it's emotional. I mean, they’re beautiful costumes and some of them I’ve seen him wear before. Just to know that he actually wore these things and these were his belongings but he's not in them anymore – it's emotional.

They were playing "I Want You Back" on the intercom and all of the sudden here's Mr. Berry Gordy standing next door to me, right there, and it's like full circle. We both looked at each other and got a little teary eyed and I said, "Boss, do you remember those days?" He said, "How could I forget? Thank you for reminding me."

Those were beautiful times in our life. We were young, we were kids, we were full of energy, everything was polished, we were ready to go and we did it like that – five boys from Gary, Indiana.

Jackie: Hearing "ABC" and "I Want You Back" and all those songs that we did together as a group – it was so emotional then.

The wonderful thing about the Immortal show is that Cirque didn't try to find someone to impersonate Michael; they just try to recreate his essence. Is this it, in terms of large scale productions, for Michael Jackson?

Jackie: I wouldn't say no – you never know what's going to happen next. But Cirque is an icon; so is Michael Jackson. So you put the two together like this, people expect to see something fantastic. And it is. It's such a great show. It's very entertaining.

Tito: I feel that as far as Michael's legend, there will be even greater things coming in the future for Michael. Because I feel that he was more than just a performer – he was a humanitarian. And that part of his life was most important for me, because he really cared about our world and our society and feeding hunger and making this world a better place. So with that being said, I feel that that overrides...I would like for him to be remembered in those aspects as well as his music.

What about the Jackson brothers? Do you guys ever plan on doing something new, again?

Jackie: Oh, there's going to be a lot of great things in the future. We're working on some things right now. I can't say what though, just now.

How involved were you with the Immortal production?

Jackie: From the very beginning, I was there helping them put things together and they brought me down before the show came out and they did a whole run through for me and I was with the whole team. I was just so happy to help them and they were so excited just to meet me; it brought back tears in my eyes.

To everybody else, Michael is an icon and a legend. But, to you two, he's your brother. So what do you think about something like Fan Fest, where they display some of his personal belongings?

Tito: Well, you know, first of all, to come here and to see how many people love my brother, and to be around his fans – which are Jacksons fans as well – it makes you feel good. It makes you feel that you're part of Michael and that you're being around what he loved. So I actually get a good feeling when I'm around Michael's belongings and his fans and that whole thing. It makes you feel good. It makes you feel like my brother's still alive – it’s a good feeling.

Source: MJFC / Rolling Stone
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ