ゲーリーのジャクソン・ファミリー・ミュージアム、依然として動きなし

マイケル・ジャクソンと家族が育った町で彼らを称える数百万ドル規模のプランの将来は依然として不確かなままとなっている。たくさんの契約と守られない期限の中、この契約のために用意された場所は空き地のままとなっている。

「この契約は実現可能だと思っています。ゲーリー市民のため、この計画の実現が見たいのです」とゲーリー市長ルディ・クレイは語った。

このプロジェクトは開始当初からクレイが強力に後押ししてきた。世界中からこの町へジャクソン・ファンを呼び込むという彼の夢は順調なスタートを切ったかに思われた。

「私たちは帰ってきます、私たちはこの町へいろいろなものを持ち帰ります」とジョー・ジャクソンは2010年の夏に語っていた。

それ以来、ジャクソン・ファミリーはゲーリーにマイケル・ジャクソン・ミュージカルを建設するための基金と会社を創設した。

「ゲーリーの町をファミリーの最終目的地にしたいと彼らは我々に保証したのです」と、市の経済開発責任者のジョエル・ロドリゲスは語る。「ゲーリーのネイビー・ピア(シカゴにある観光地)となるでしょう」

現在、計画地は空き地のままである。マイケル・ジャクソン・ミュージアムの代わりに、放置されたスタジアムと空き地と市のゴルフコースがあるだけだ。

この186エーカーの土地に対し、プロジェクトの企画者らは大きな夢を依然として描いている。

「ここは目的地なのです。世界中から人々がやってくる世界的目的地です」と、Jackson Development and Marketing Corporationのサイモン・サホウリは言う。

サホウリはジャクソン・ファミリーのために働いており、マイケル・ジャクソン・ミュージアム複合施設の建設を監督している。ミュージアムに加えて、派フォーミング・アーツ・センターや路面電車の駅、遊園地を建設したいとサホウリは考えている。

さらに、近くにあるインディアナ大学の分校の学生寮の建設という希望もあり、カジノのために土地の一部を確保したいとも考えている。

「第一段階は、おそらく3億ドルの費用がかかるでしょう」とサホウリは語る。

現在のところ、基金の連邦税の申告書にはこのプロジェクトへの寄付金の記載はない。

サホウリによれば、興味を示している投資家は複数いるものの名前は明かせないという。実際に資金は集まっていないが、見込みはあるとしている。

今後4か月から6か月以内に新しい「予備基本計画」に期待する一方で、プロジェクトを建設するために実際に要する時間についてはいまだはっきりしていないという。

「10年や15年かかるとは考えていません。ジャクソン夫妻がご存命中には実現させたいと思っています」とサホウリは語った。

ゲーリーの次期市長カレン・フリーマン=ウィルソンは、町を活性化させる基盤について主張してきた。彼女が「青写真」と呼ぶその基盤には、マイケル・ジャクソン・ミュージアム・プロジェクトは含まれていない。

フリーマン=ウィルソンは、キング・オブ・ポップを称えるこのプロジェクトを拒んではいないが、プロジェクトを進めるための実現性のある財政上の提案が必要だとしている。

「すでに限られている資金を使うには、説得力のある理由が必要です。今話し合いをしても、私にはその理由がありません。率直に言って、市が土地を保有し続けるには、彼らが約束を果たさなければなりません」とフリーマン=ウィルソンは言う。

ジャクソン・ファミリーは、ゲーリー市当局が予定地を寄贈する対象となる非営利法人の設立の期日を何度も破っている。そのため現在は、プロジェクトの進展はファミリーの営利法人が管理している。

フリーマン=ウィルソンは、このプロジェクトが失敗すれば、彼女の市政は予定地の別の利用方法について考えるつもりだという。

■ Still No Movement On Jackson Family Museum
(23-11-2011) The future of the proposed multi-million dollar plan to honor Michael Jackson and his family in the city where they grew up is still uncertain. Amid promises and missed deadlines, the site that has been set aside for the project is still an empty field.

"I think that it can happen," said Gary city Mayor Rudy Clay. "I just want to see it happen for the people of Gary."

The project has been Clay's big push from the beginning. His dream to bring Jackson fans from all over the world to the city seemed to be off to a good start.

"We are coming back, and we're bringing something back," said Joe Jackson in the summer of 2010.

Since then, the Jackson family created both a foundation and a company dedicated to bringing the Michael Jackson Museum to Gary.

"They have assured us that they definitely want the City of Gary to be their final destination point," said Gary Economic Development Director Joel Rodriguez. "It could be Gary's Navy Pier."

Today, the proposed site still sits empty. Instead of the Michael Jackson Museum, there's an abandoned stadium, empty fields, and a city golf course.

For this 186-acre site, project organizers still have big dreams.

"This is a destination, worldwide destination that people will come [to] from all over the world," said Simon Sahouri of the Jackson Development and Marketing Corporation.

Sahouri works for the Jackson family overseeing the effort to create the Michael Jackson Museum complex. In addition to the museum, Sahouri wishes to build a performing arts center, a light rail station, and an amusement park.

Sahouri also wants to create student dorms for the nearby branch of Indiana University and set aside a piece of the land for a potential land-based casino.

"The first phase, most probably [is] going to cost about $300 million," said Sahouri.

So far, no donations to the project have been reported on the foundation's federal tax forms.

Sahouri says he does have interested investers but would not give out any names, saying that despite not actually raising any money, he does have promises.

While he expects a new "preliminary master plan" in four to six months, he's still unclear about how long it will actually take to build the project.

"I don't think it's going to be ten years or fifteen years, and I would like to see it while Mr. and Mrs. Jackson are still alive," Sahouri said.

Gary's mayor-elect Karen Freeman-Wilson ran on a specific platform to revitalize the city that she called "The Blueprint." It did not include the Michael Jackson museum project.

She says that while she is open to the idea of honoring the King of Pop, she would need to see a feasible financial proposal in order to move forward with the project.

"To expend resources that are already limited, I would have to have a compelling reason, and as we sit here now, I don't have that reason," said Freeman-Wilson. "Quite frankly, in order for the city to continue to hold land, they have to really, really deliver on what they are promising."

The Jackson family has missed numerous deadlines to set up a not-for-profit corporation that Gary city officials originally wanted to donate the land to, so the development is now being managed by the family's for-profit corporation.

Freeman-Wilson says that if the project falls through, her administration will find other uses for the land.

Source: MJFC / abclocal.go.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ