カシオ本:「My Friend Michael」レビュー

マイケル・ジャクソンは、他の人と同様に人間であった。確かに、並外れた生涯を送った素晴らしい男だったが、やはり一人の男であった。これが、フランク・カシオの本「My Friend Michael: An Ordinary Friendship With an Extraordinary Man」を読んだ者の持つ一般的な感想だ。カシオは私たちに、20年以上にわたり彼が知る、彼が愛したマイケル・ジャクソンというものを、彼にとっての友人であり、兄弟であり、親であり、先生であり、師であり、最終的にはボスであった男を紹介しようと試みている。簡単に言えば、フランク・カシオにとってマイケル・ジャクソンは家族であり、この本は家族になってゆくまでのこと、そして彼らの経験したことが長年にわたりいかにその家族を形作り、また悩ませていったかを時間を追って記述している。この本を読むことは、恵みと呪いが一緒くたになったようなものだ。すなわち、カシオによる、長年にわたる彼らのハメを外した行動についての記述に何度も純粋な喜びのスマイルや笑いを誘われるが、しかしまた、おそらくは世界に言わないままにしておいた方がよかった話も盛り込むというカシオの決断について、全く失望する瞬間もあるのである。

「My Friend Michael」の良いところはカシオの開けっ広げなところ、彼が知るジャクソンを記述する際に、自分の心を吐き出す能力だ。カシオは、成長過程の彼にとっての第三の親のような素晴らしい父親像としてのジャクソンの魅力的な肖像を、大人になっても教わり続けていた人生についての多くのことを描こうとしている。彼はジャクソンがパーフェクトな親、実の父親であるかの印象を与えている。カシオは、不適切な振る舞いという数々の噂に対し友人を激しく弁護し、長年の報道の中でマイケル・ジャクソンを侮辱してきた問題について事実を明らかにしている。カシオがこの素晴らしい男に対して今でも抱いている愛や敬意、賞賛そして忠誠心というものを感じるのは容易である。

しかし、この本の最大の強みは、おそらく弱点でもある。カシオは時に開けっ広げすぎで、ジャクソンが文字通り生涯にわたってプライバシーを守ってきたにもかかわらず、カシオがなぜこうも率直に語るのかという疑問を禁じえないのだ。「My Friend Michael」を読んでいると、本物の喜びを発見する瞬間がある一方で、マイケル・ジャクソンについて書く時に多くの書き手がやるお決まりの罠にカシオが陥るように見え、失望する瞬間も散見される。しかしながら、センセーショナリズムの範疇に入るちょっとした問題部分もあるが、それらはジャクソンを深く愛した者の明らかな尊敬の念と忠誠心によって抑えられている。この本は「利用している」という印象は受けず、むしろ本物のマイケル・ジャクソンを、素晴らしく、才能に溢れる、知性的だが欠点もある人間として示そうという誠実な試みという印象を受ける。

公にはなったことがないジャクソンについての驚きの逸話がいくつか紹介されている。それはジャクソン・ファンを喜ばせること間違いなしだ。そしてまた、カシオの視点からの詳細により彼は自分の解釈を提示しているため、聞きなれた数々の話についての新たな解釈を目にすることもできる。

家族というものは、その中に生まれたという人々ではなく、自分の周りにいる人々だということがしばしばある。「My Friend Michael」が真に提示するのは、私たちが持っていなかったジャクソンの視点である。男としてのマイケル、人間としてのマイケルの、より完全な描写である。彼の世界に住み、彼の家族の一員となるということはどのようなものかということである。欠点はあるものの、カシオの本は、読んで楽しめる、ファンがよく知るマイケル・ジャクソン・・・子供たちとネバーランドの純真無垢さが大好きな、心優しく楽しいこと好きでイタズラ者・・・というものを世界に紹介する素晴らしい本である。他の人と同じように、夢と希望を持ち、人を疑い不満を持つこともある一人の男。

とこのレビュアーは言っているが、時折多少不快な部分もあるということに注意した方がよい。良い部分が悪い部分を上回っているというのはこのレビュアーの意見である。

■ My Friend Michael: A Review
(21-11-2011) Michael Jackson was a human being, just like the rest of us. An amazing man who lead a remarkable life to be sure – but a man, just the same. That is the prevailing notion one walks away with after reading Frank Cascio's My Friend Michael: An Ordinary Friendship With an Extraordinary Man. Cascio attempts to introduce us to the Michael Jackson that he knew and loved for over twenty years, the man that was to him a friend, a brother, a parent, a teacher, a mentor and ultimately a boss. Simply put, to Frank Cascio, Michael Jackson was family and this book chronicles the building of that family and how their experiences together both shaped and stressed that family dynamic over the years. Reading this book is a sort of mixed bag of blessings and curses: there were times that brought genuine smiles of delight as well as out right laughter at Cascio's descriptions of their antics over the years. But there were also moments of utter disappointment at Cascio's decision to include stories that were perhaps better left untold to the world.

The best thing about My Friend Michael is Cascio's openness, his ability to pour out his heart in describing the Jackson that he knew. Cascio manages to paint the most charming picture of Jackson as this amazing father figure who was like a third parent to him growing up and all the many life lessons he taught him and continued to teach him even into adulthood. He makes Jackson sound like the perfect parent, born to be a natural father. He defends his friend fiercely against rumors of inappropriate behavior and sets the record straight on other issues that dogged Michael Jackson in the press for years. One can easily feel the love, respect, admiration and loyalty that Cascio felt, and still feels, for this incredible man.

But the book's greatest strength is perhaps also its greatest weakness. Cascio is, at times too open and one can't help wondering why he would be so candid now, after literally a lifetime of protecting Jackson's privacy. Just as there are moments of real joy to be found in reading My Friend Michael, there are also the occasional moments of disappointment as Cascio appears to fall into an all-too-familiar trap that so many authors do when writing about Michael Jackson. However, even though there are momentary lapses into the realm of sensationalism, they are tempered with the obvious respect and loyalty of someone who loved Jackson deeply. One doesn't get the feeling that this is just another 'cash in,' but rather an honest attempt to show the real Michael Jackson as the wonderful, talented, intelligent, flawed human being that he was.

There are a few surprises here, stories and anecdotes about Jackson that the public has never heard before. Many that are sure to delight Jackson fans. There are also new spins on familiar stories as Cascio offers his take, giving us the details from his point of view.

Oftentimes, family is not the group of people you were born into but the group of people you surround yourself with, and what My Friend Michael really offers is a view of Jackson that we've never really had before. A more complete picture of Michael the man, Michael the human being. What it was like to live in his world and be part of his family. Despite its character flaws, Cascio's book is an enjoyable read, a wonderful book that introduces the world to the Michael Jackson that fans knew well – the kind-hearted, fun-loving, prankster that loved children and the purity and innocence of Neverland. A man, like any other, who had his hopes and dreams, his doubts and frustrations.

That said... be aware that there are parts that are a bit uncomfortable at times. But it is this reviewer's opinion that the good outweighs the bad with this one.

ソース:MJFC

関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ