カシオ本はポジティブか?

ロジャー・フリードマンが下記記事をShowbiz411に寄稿している。

マイケル・ジャクソンとともに育った著者は、彼が小児愛者ではなかったと述べている

マイケル・ジャクソンは小児愛者ではなかった。子供時代に兄弟共々ジャクソンと育ったフランク・カシオがそう言っている。現在30代前半となったカシオが、明日発売される「My Friend Michael」の中で、ジャクソンとの生活を詳しく語っている。この本は、マイケルの兄姉であるジャーメインとラトーヤの最近出された本を含めても、ジャクソンについての偽りの無い実話が書かれた最初のものである。

5歳の頃からジャクソンと知り合いで、ジョーディー・チャンドラーやマコーレー・カルキンなどネバーランドにいたことのある全ての子供を知っているカシオはこう書いている。「マイケルが小さな男の子に興味持っていたということは、セックスとは絶対に無関係だ。私はこのことについて、実際にそこにいた経験から絶対的自信を持って言える。マイケルと同じ寝室で何回も寝たことのある少年の自信、マイケルが数え切れないくらい多くの子供と関わってきたのをこの目で見てきた男の絶対的自信だ。彼と親しく過ごした中で、私は赤旗を上げられるようなことは何も見なかった。子供の視点でも大人の視点でも。マイケルには変わったところがあるかもしれないが、だからといってそれは彼が犯罪者であるということではなかった」

カシオはジャクソンの寝室で自分の兄弟姉妹たちとすごした様子を詳しく語り、ネバーランド待遇を受けた他の子供たちの話を明かしている。私が2000年に会って以来、カシオは常にこのスタンスを保ってきた。彼の説明は、カルキンやその他のネバーランドを訪れた少年のものと一致する。カシオは、ジャクソンのチャンドラーとの法廷外での不本意な和解や、欲に駆られた狡猾なアルヴィーゾ一家の話を詳しく語っている。

先週末、一部のマスコミの記事が、ジャクソンがさまざまな薬物の中毒であったとカシオが告白していることについて集中していた。文句はない。しかし、一つの歴史書として、「My Friend Michael」はそれ以上のものだ。なぜならカシオと彼の家族はジャクソンの生活においてユニークな位置をしめていたからだ。カシオは大人になってからは自分の家に住み、そしてカシオ家はネバーランドの常連客であり、ジャクソンがバーレーンに避難していた時も共にいた。児童性的虐待と陰謀容疑からジャクソンを救ったのは、ギャヴィン・アルヴィーゾ・スキャンダルの最中、2003年に書き留められていたフランク・カシオの分刻みの記録である。

カシオの本がジャクソン・ファンに対して説得力を持つのは薬物に関する新事実ではない。カシオは、1994年のジョーディー・チャンドラー・スキャンダルからアルバム「インヴィンシブル」の2000年、そして2003年の逮捕に至るまでのカギとなる期間のジャクソンの財政状況や彼の周囲にいた様々な者たちの陰謀について詳しく語っている。

カシオはジョン・マクレーン(ジャクソンの元マネージャーで、2002年の遺言という思わぬ幸運により今やジャクソンの遺言の共同執行人となった)に対し敵意を持っている。当時私が報告した通り、カシオの説明によれば、マクレーンは彼の目の上のコブであり、彼らの友情を揺るがしていたという。2010年、弟エディ・カシオがプロデュースした曲の信憑性をファンに疑わせてアルバム「MICHAEL」を台無しにしたのはマクレーンと言ってもいいだろう。

「My Friend Michael」はマイケル・ジャクソン・ファン必読だ。日が経つにつれ、私はこの本からさらに得るものがあるだろう。

おことわり:ここに紹介した見方はフリードマン氏のものであり、MJFCの見解ではありません。MJFCはできるだけ早くこの本を読み、私たちの見解を紹介する予定です。

■ Cascio Book: Positive Or Not?
(14-11-2011) Roger Friedman posted the following article in his column, Showbiz411 this morning:

Michael Jackson Not A Pedophile, Says Author Who Grew Up with Him

Michael Jackson was not a pedophile. So says Frank Cascio, who grew up with Jackson as a kid along with his siblings. Cascio, now in his early 30s, details his life with Jackson in “My Friend Michael,” officially published tomorrow. It’s the first real, true account of Jackson, including recent books by his brother and sister, Jermaine and LaToya.

Cascio, who knew Jackson from age 5, knew Jordy Chandler and Macaulay Culkin and all the kids who passed through Neverland, writes: "Michael’s interest in young boys had absolutely nothing to do with sex. I say this with the unassailable confidence of firsthand experience, the confidence of a young boy who slept in the same room as Michael hundreds of times, and with the absolute conviction of a man who saw Michael interact with thousands of kids. In all the years that I was close to him, I saw nothing that raised any red flags, not as a child and not as an adult. Michael may have been eccentric, but that didn’t make him criminal."

Cascio details all the times he and his brothers and sister slept in Jackson’s bedroom, and shares stories of other kids who got the Neverland treatment. Cascio has always maintained this stance, since I met him in 2000. His accounts jibe with those of Culkin and other young men who visited Neverland. Cascio recounts Jackson’s reluctance settle the Chandler case out of court. And he details the story of the greedy, scheming Arvizos.

This past weekend, some press accounts concentrated on Cascio’s admission that Jackson was hooked on a variety of drugs. Fair enough. But as a historical chronicle, "My Friend Michael" is about so much more. Because Cascio and his whole family had a unique place in Jackson’s life. He lived in their homes as an adult, and the Cascios were regular visitors at Neverland, and in Bahrain when Jackson went into self imposed exile. It was Frank Cascio’s minute record keeping in 2003 during the Gavin Arvizo scandal that exonerated Jackson from child molestation and conspiracy charges.

What makes Cascio’s book so compelling for Jackson fans aren’t the drug revelations. Cascio tells the story in minute detail of Jackson’s financial situation and the machinations of various people around him during a key period–from 1994 and the Jordy Chandler scandal through 2000, the "Invincible" album, and the arrest in 2003.

Cascio has no love lost for John McClain, Jackson’s sometime manager and now, by fluke of a 2002 will, the co-executor of his estate. According to Cascio’s account, which I reported at the time, McClain was a constant thorn in his side, undermining their friendship. Years later, in 2010, it would be McClain who would make a mess of the posthumous "Michael" album by encouraging fans to doubt the veracity of tracks produced by Cascio’s brother, Eddie.

"My Friend Michael" is a must read for any Michael Jackson fan. I’ll have some more bits from it as the day goes on.

NOTE: The views and opinions expressed here are solely the opinions of Mr. Friedman, NOT MJFC. MJFC will review the book ourselves and report our opinion as soon as possible.

Source: MJFC / showbiz411.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ