マーレーに対する民事訴訟が起こされる

コンラッド・マーレーはマイケル・ジャクソンの死に対して過失致死罪で有罪となったが、マーレーに対する訴訟は民事法廷へ向かうことになる。マーレーは民事訴訟でも医療過誤に対する責任があるとされる可能性がある。

ジャクソン・ファミリーは次の戦いへと準備を進めている。月曜日の有罪評決を受け、ファミリーは法廷を離れ次へと前進したが、家長であるジョー・ジャクソンは集まるメディアに対し「まだある」と述べた。

マーレーとAEG(This Is Itツアーを支えていた会社)に対する民事訴訟は既に起こされている。マイケルの父ジョー・ジャクソンは2010年11月にマーレーに対して不法死亡訴訟を起こしており、一方母キャサリン・ジャクソンは同年9月にAEGに対して不法死亡訴訟を起こしている。この二つの訴訟は統合され、マーレーの行動が焦点となることだろう。

関係者によれば、この訴訟は、AEGがプロポフォール(マイケル・ジャクソンの死因と断定された薬物)が非病院という状況で使われていたことを認識していたかどうか、そのようなプロポフォールの使用は非常に危険であるということを知っていたかどうか、ということについての答えを出そうと試みることになるという。

しかしながら、これらの訴訟はマーレーに損害賠償を求めることにはならない可能性が高い。関係者によれば、AEGとマーレーの資産を考慮すれば、AEGが責任を負うことになるだろうという。

民事訴訟では、判事または陪審員は、被告人の過失が50%以上の確率で存在するかどうかのみを見極める。一方、刑事訴訟の基準は「合理的に疑いの余地がない」ことである。

「彼に対する有罪判決は、決定的証拠として民事訴訟で使うことができる」と、法律専門家ダナ・コールはABCNews.comに対して語った。

マーレーの警察に対する供述や、今回の刑事裁判で除外された証拠も、民事訴訟では証拠として採用される可能性が極めて高い。

民事訴訟はジャクソン・ファンやファミリーにさらなる慰めをもたらすかもしれない。マーレーはジャクソンを死亡させたことに対して牢屋で過ごすことがない可能性があり、過失致死罪での有罪では満足しない者もいるかもしれないからだ。

月曜日、判事はマーレーを、11月29日の判決(量刑)まで再拘留とした。有罪評決の後、マーレーは手錠をかけられただちに拘留された。しかしそれは一時的なものかもしれないのである。

マーレーは最大で禁固4年の判決を受ける可能性があるが、非暴力的受刑者は郡刑務所に移管するという最近のカリフォルニア州法の改定により、マーレーは州刑務所に収監される可能性は低いと、シカゴを拠点に活動している弁護士ケリー・A・セイドンは語る。さらに、カリフォルニアの刑務所の過密状態という現実のため、マーレーは最大1年の自宅監禁の刑を受ける可能性が高いという。

「そうなると思っています。彼は一日たりとも投獄されることはないと思います」とセイドン弁護士は言う。

ジャクソン・ファミリーにとって、この現実が、マーレーに対する民事訴訟の戦いを煽っているかもしれない。「お金のためとは思いません。お金は、報われたという気持ちにある程度させるものですが。これは彼らにとって復讐の手段なのです」とセイドン弁護士は語る。

法律専門家ダナ・コールは、刑事訴訟という試練の後でまた法廷に戻りたいとマーレーが思っているとは思えないという。もしマーレーが医療過誤保険に入っていれば、民事訴訟に対しては示談にしようとする可能性が高い。

医師免許に関しては、もしマーレーが民事訴訟で敗訴していれば、マーレーは間違いなく診療のための法的権利を失っていただろう。20年におよぶ診療の中で、彼は医療過誤の訴訟は起こされていない。

「医事委員会は、彼のライセンスを停止あるいは取り消しとすることは可能で、全ての証拠が揃うでしょう」、つまり、過失致死罪で有罪判決となったことにより楽になった、とセイドン弁護士は言う。
picture_105.jpeg ■ Civil Case Against Murray Looms
(8-11-2011) Now that Conrad Murray has been found guilty of involuntary manslaughter in the death of Michael Jackson, his case will head for civil court where he could also be found liable for medical malpractice.

The Jackson family is gearing up for the next fight. As they made their way out of the courthouse Monday following the guilty verdict, family patriarch Joe Jackson told the crowd of media, "There's more."

Civil suits against Murray and AEG Live LLC, the firm behind Jackon's "This Is It" tour, have already been filed. Joe Jackson, Michael's father, filed a wrongful death lawsuit against Murray in November 2010 while his mother, Katherine Jackson filed a wrongful death lawsuit against AEG in September the same year. It is likely the two suites will join together and focus on Murray's actions.

Sources say the civil case will attempt to answer whether or not AEG was aware that propofol, the drug that was determined to have killed Michael Jackson, was being used in a home situation and whether AEG knew that administering propofol in that manner was highly dangerous.

It is unlikely, however, that the lawsuits will ask Murray to pay damages. Sources say that considering AEG's resources and Murray's lack thereof, the entertainment firm would be held accountable.

In a civil case, a judge or jury only has to find that there is more than a 50 percent probability that the defendant was negligent, whereas the standard in a criminal case is 'beyond a reasonable doubt.'

"His conviction can be used in a civil case as conclusive proof," legal expert Dana Cole told ABCNews.com.

Statements Murray made to the police and other evidence that was excluded from the criminal trial would also more than likely be admissible in a civil case.

A civil suit may bring added comfort to Jackson fans and his family, since even the manslaughter conviction may not bring them much satisfaction - because Murray may not spend any time behind bars for killing Jackson.

On Monday, the judge remanded Murray to jail pending his Nov. 29 sentencing. The doctor was cuffed and taken into custody immediately following the verdict. But that may be short-lived.

Murray could be sentenced to up to four years in prison. But with the recent change in California law which transfers all non-violent inmates to county jail, Murray is unlikely to do any time at all in state prison, Chicago-based attorney Kelly A. Saindon said. Moreover, with the realities of jail overcrowding in California, he is more likely to get a sentence of house arrest for up to one year, she said.

"I have a feeling that's what will happen. I don't think he will serve a day behind bars," Saindon said.

For Jackson's family, this reality could be fueling their civil battle against him. "I wouldn't think it's for the money, though money always makes people feel vindicated to some extent," Saindon said. "This is their way of exacting revenge."

Cole doubts Murray would want to return to the courtroom after his ordeal in the criminal case. If he's got malpractice insurance, he would most likely try to settle any civil suits.

As for his medical license, if convicted in a civil suit, Murray would most certainly lose his legal right to practice. In 20 years of practicing medicine, he has never had a malpractice claim filed against him.

"The medical board can ... suspend or revoke his license and they'll have all the evidence before them," a job made easier with his manslaughter conviction, Saindon said.

Source: MJFC / abcnews.go.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ