キャリー・フィッシャー、マイケルの最後のクリスマスについて

女優/作家のキャリー・フィッシャーが「Shockaholic」と題された新しい本を執筆した。その中で彼女は、常用しているうつ病用の電気ショック療法や無礼で粗野なテッド・ケネディとの出会いについて語っている。そして、下記の抜粋にあるように、マイケル・ジャクソンと子供たちとクリスマス・イブを過ごした出来事について語っている。それはマイケルの最後のクリスマス・イブだっただろうこと、そして、フィッシャーにはその出来事についての素晴らしい思い出があるということが分かる。以下はその抜粋である。

マイケルのセレブさは、多くの人々をねだり屋で欲深い追っかけに変えた。彼らは、普通の人々が望むもの、あるいは手に入れられそうなもの以上のものを手に入れたいだけだった。彼らはそこに、逸話のためにいた。それは私が「輝くもの(shine)」と名づけたものだ。人々はそれを磨き上げ、そしてその時、彼ら自身の価値が上がるのである。しかし、なぜマイケルが、私が聞いたところでは大人と見なされるような人々よりも、子供たちの方を選んだのか、その理由を提案してみようと思う。

名声という奇妙な現象を理解するには幼い年齢の子供たちは、ある種の大人たち、前に言ったように、マイケルのような法外に有名な人の回りで完璧なまでにでたらめに振舞い始める傾向がある大人たちよりも信じやすいし、一緒に過ごしやすいのである。そして子供たちはそのような振舞うことははるかに少ないものだ。なぜなら子供たちは名声と言うものをよく知らないからである。子供たちにとって、有名とはアニメのキャラクターであり、マペットであり、バーニーのことなのだ。子供たちにはあまりに抽象的な概念なのである。

***

2008年のクリスマス・イブ・・・マイケルの最後の・・・私は彼の家へ出掛けていった。その家は私の家から丘の下へ数ブロック向こうだった。彼は子供たちに、自分になかった子供時代を与えていた。彼らを物とは見なさない人々との、セレブを離れた子供時代。なぜならマイケルにとっては、人生というものは動物園の動物のようなものであったのだ。永遠に檻の中の絶滅危惧種。私はその檻の中にマイケルと一緒に入ることができたし、怖くはなかった。そして、うまくやるやり方を知っているであろう、あるいは、彼といるときに求められることを知っているであろう人々は多くはいなかった。だが、私はやった。

だから私は、彼の動物園で数時間過ごして彼に加わった。私たちは写真を撮ったりクッキーを食べたり、ツリーの飾りつけなどをした。

それから、盛り上げるためにと、私はマイケルに、子供たちのためにスター・ウォーズのホログラムのシーンをやるよう頼まれた。わたしには問題のないことだった。マイケルがどれほどスター・ウォーズのファンだったか、誰か私に言っておくべきだった(そうすればもっと早く友達になっていた)。

私がそこにいる間、そんな場面ばかりではなかったが、私たちは写真を撮っていた。アーニー(訳注:アーノルド・クライン)は私とマイケルと子供たちの写真を撮った。私は、アーニーと彼の友人たちとマイケル・ファミリーとの写真を撮った。私のお気に入りは、マイケルが私の本「Wishful Drinking」を読んでいるところを写したことだ。

この奇妙な私たち流のクリスマスを私はずっと大切にするだろう。振り返ってみて、それはまるで、撮影のない状況でどうしていいかマイケルが知らなかったかのようであった。彼はただ、記録されることに慣れきっていたということなのだろう。しかし、この証拠(この時の写真が世に出回った)が今出てきた主な理由は、主にアーニーの友人たちのせいだ。彼はマイケルたちと会った時の写真を撮って、マイケルの輝けるものを持ち歩きたかったのだ。その出会いが彼らの価値を高めることとなった。「マイケル・ジャクソンとクリスマス・イブのディナーを共にしたんだぜ、君は何してたの?」ということになったのである。それはともかく、私たちはホリデー・スタイルでふざけ、楽しみ、そしてそれは楽しかった。私たちは写真を撮ったし、子供のように振舞った(少なくとも私にはそのように思えた)。ある時マイケルは言った。「オーケー、子供たちの写真を撮らせてあげる。君たちが他人に見せないと分かっているし、僕が他人に見せたくないのを君たちは知ってるから」

彼はできるだけ子供たちが撮られて欲しくはなかった。もしアフリカ人が、写真を撮られると魂を失うと信じているなら、マイケルの命はそれほど長くなかったはずだ(もしアフリカ人が言うとおりであれば、マイケルは寿命がもっと縮まっていたはず)。しかし彼は子供たちの命が縮まらないよう気を配っていた(写真に撮られないようにしていた)。そして彼の子供たちはとても優しく、よい子たちだった。そしてそれは、マイケルがどんな人であろうと、マイケルが本当に良い父親だったからなのだと思う。つまり、彼の子供たちは親切で礼儀正しく、ムラがなく落ち着いていて、そして基本的に甘やかされていないということだ。そしてそれは乳母によるものではない。だます事ができるようなものじゃない。両親によるものに違いないのだ。そしてその両親とはマイケルだったのである。

■ Carrie Fisher On Michael's Last Christmas
(3-11-2011) Actress and author Carrie Fisher has a new book out called Shockaholic, in which she talks about her regular use of electro-convulsive therapy to combat depression, her encounter with an offensively rude Ted Kennedy and, in the following excerpt, what happened when she spent Christmas Eve with Michael Jackson and his children. Turns out, it would be Michael's final Chirstmas and Ms. Fisher had some really wonderful things to say about the experience. You can read that excerpt below:

Michael’s celebrity turned many people into eager, greedy stargazers who only wanted something from him above and beyond what a normal human is willing or expected to give. They were there for the anecdote. It’s what I call the “shine.” People want to rub up against it, and in so doing, their own value is increased. But I’d like to propose a reason why Michael might’ve preferred the company of children to what I’ve heard referred to as adults.

Kids of a certain age, being too young to understand the peculiar phenomenon of fame, are potentially easier to trust and hang out with than a certain kind of adult, who, as I said earlier, more often than not have a tendency to start acting completely disorganized around someone as outrageously famous as Michael. And children are far less likely to act this way because they don’t exactly know what fame is yet. To them, famous is cartoon characters, or Muppets, or Barney. It’s too abstract a concept for kids.

* * *

On Christmas Eve 2008―Michael’s last―I went over to his house, which is located just down the hill from me and a few blocks over. He was giving his children the childhood that he never had. A childhood outside of celebrity with people who didn’t objectify them. Because normally, for Michael, life was like being an animal at the zoo. An endangered species forever behind bars. I could get in the cage with Michael and not get freaked out, and there weren’t that many people who would’ve known how to, or known that it was even something they might actually be required to do when with him. But I did.

So I joined Michael after hours at his zoo. We took pictures and ate cookies and decorated the tree.

And then, to change it up, Michael asked me to do the Star Wars hologram speech for his kids. I didn’t mind. Someone actually had to remind me what a big Star Wars fan Michael was.

While I was there, though, we weren’t really experiencing the situation for the most part, we were taking pictures of it. Arnie took pictures of me and Michael and the kids, and I took pictures of Arnie and his friends and the Michael family package. My favorite was taking a picture of Michael reading my book "Wishful Drinking."

I will always cherish that weird Christmas configuration of ours. Looking back, it was as if Michael didn’t know how to just be in a situation without recording it on a camera. The thing is, he was just so used to being documented. But the main reason the documentation came up this time was mostly for Arnie’s friends, who wanted to take pictures of their meeting with Michael so they could carry his shine around. The encounter elevated them. It became, “Oh, I had Christmas Eve dinner with Michael Jackson. What did you do?” Anyway, we all f*cked around holiday style and having fun, and it was fun. We took pictures, we acted childish (at least I think that’s what it was). At some point, Michael said, “Okay, I’m letting you take my kids’ pictures because I know that you won’t show them to anyone because you know I don’t want anyone to see my children.”

He wanted his children to be as unrecorded as possible. If the Africans believe that you lose a piece of your soul each time you have your picture taken, then Michael hadn’t had one for a very long time. But he was trying to arrange things so that his kids could keep theirs. And his children are very sweet, good children. And that’s because whatever else he was or wasn’t, I think Michael was a really good father. I mean, his children are kind, really polite, even-tempered, and essentially unspoiled kids. And that can’t come from a nanny. You can’t fake that stuff. It has to come from the parent. And that parent was Michael.

From SHOCKAHOLIC by Carrie Fisher. Copyright © 2011 by Deliquesce Inc. Reprinted with permission from Simon & Schuster, Inc.

Source: MJFC / huffingtonpost.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ