マーレー裁判、証言概要(1日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判第22日、弁護側はマーレーを証言台に立たせることなく弁論を終了した。

憲法が保障する二つの権利、証言する権利と黙秘する権利についてマーレーに告げた後、マイケル・パスター判事は、「あなたの決断は?」と尋ねた。

「この問題について証言しないというのが私の決断です」とマーレーは答えた。

弁護団が弁論を終了したことをうけ、検察側はプロポフォールの専門家スティーブン・シェーファー医師を再び召喚し、弁護側のプロポフォール専門家ポール・ホワイト医師がもたらした問題の一部について反論を行った。

パスター判事は木曜日の朝まで陪審団を解散した。木曜日の朝には両陣営が最終弁論を行う。裁判は今週末までには陪審員の手に委ねられると見られている。

■ Trial Testimony Update - Tuesday
(1-11-11) Day 22 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray saw the defense rest its case without calling Murray to the witness stand.

After informing Murray of his dual constitutional rights to testify and to remain silent, Judge Michael Pastor asked the doctor Tuesday, "What is your decision?"

"My decision is that I will not testify in this matter," Murray answered.

Once the defense rested its case the prosecution recalled its star witness, propofol expert Dr. Steven Shafer back to the stand to address some of the issues raised by the defense's propofol expert, Dr. Paul White.

Judge Pastor dismissed the jury until Thursday morning, when both sides will present their closing arguments. The trial should be in the hands of the jury by the end of this week.

Source: MJFC / reuters.com / latimes.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ