ジョー・ヴォーゲル「Man in the Music」レビュー

「いろいろな意味で、アーティスト自身がその作品だ」。これはマイケル・ジャクソンが言った言葉であるが、まったくその通りである。そしてこれはまた、ジョー・ヴォーゲル著「Man in the Music: The Creative Life and Work of Michael Jackson」を読んだ者が感じる全般的な感想でもある。ヴォーゲルは、ジャクソンが成長してからの作品である1979年の「Off The Wall」から始まり、2001年の「Invincible」までの、マイケル・ジャクソンのソロ作品の全体像の研究という難関に取り組み、そしてそれは、ジャクソンの作品に対する批判的評価において私たちがしばしば目にするタブロイド・スキャンダルや中傷的風刺を通じてではなく、作品自体のフェアで偏見のない分析を通じてなされている。この本を読むということは、あたかもジャクソンの心の中をこっそり覗くかのようだ。つまり、時として彼のスタジオへの立ち入りを独占的に許され、音楽が生まれる瞬間に立ち会っているかのような感覚を禁じえないのである。

「Man in the Music」の最大の強みの一つは、同書が、音楽だけではなくその背景にも焦点を当てながら、アルバムをそれぞれ別々に取り上げていることだ。ヴォーゲルはアルバムそれぞれにちょっとした歴史の講義をしてくれるので、読者は当時がどういう時代であったのか理解することができる。この手法により我々は、プロフェッショナルとして個人としての、そして感情の部分でもある程度、ジャクソンの立ち位置というものを感じ取るのである。これらすべては、彼のアートに深く影響を与えている。そしてジャクソンの音楽面でのコラボレーターたちと会話をすることにより、ヴォーゲルは、レコーディング・セッションやその場の話し合いについての一次資料を基にバックストーリーを紡ぎ、ジャクソンの創作過程をより深く私たちに垣間見せてくれる。

この歴史講義のマイナス面は、ヴォーゲルが時として・・・そしておそらく不可避的に・・・ジャクソンの法律的トラブルについての避けられない議論に傾倒してしまうところだ。ジャクソンを弁護する過程においては、ジャクソンの経歴におけるこの側面に触れずに済ますことはほぼ不可能である。他の偉大なアーティストと同様に、ジャクソンが自身を取り巻く陰謀をインスピレーションとして使うようになって以降はなおさらだ。だから後期のジャクソンの作品の多くは明らかに彼が経験してきた試練に影響を受けている。しかしヴォーゲルがこれらの陰謀についてのバックストーリーに触れているにもかかわらず、同書はジャクソンについて現在進行形で私たちがしばしば目にする否定的でネガティブな解説とはなっていない。それどころか、ヴォーゲルはこの歴史を用いて、ジャクソンがいかにその緊張状態に立ち向かい、利用することで真に深遠な音楽を作っていたかを示すのである。

joe_cover_sleeve.jpg


それぞれのアルバムの章では繰り返し同じ構成が用いられている。まずバックストーリー、次にアルバム収録曲の徹底分析だ。要するに、ジャクソンの創作過程としばしば見られた徹底的な完ぺき主義という値段をつけ難いものを垣間見せてくれるセクションである。このセクションに続くのは、同時期に作られまたはレコーディングされたが正規アルバムには収録されていない「未発表」曲の寸評である。

さらにそれぞれのアルバムの章では、ヴォーゲルは多くのショート・フィルムやライブ・パフォーマンスについてもハイライトを当てており、各曲へと同等の注視を向け、実践主義的手法によってジャクソンのアートに焦点を当てている。

ヴォーゲルの声は単刀直入であり余計な飾りはない。彼はジャクソンの作品を、筋金入りのファンと成熟したポップカルチャー批評の静かなる権威を合わせた鋭い視点で検証する。ジャクソンとその作品に対する彼の観察眼は確かで堂々としたものだ。

「Man in the Music」をマイケル・ジャクソンのアートに関する他の評論と分けているものは、それがユニークであるということである。本という形になった、ジャクソンの膨大な作品に対する偏見のないポジティブな評論はこれまでなかったものだ。すべてのジャクソンファンは間違いなくこの本を自分のコレクションに加えたいと思うだろう。これは無敵の参考文献なのである。しかしまた、カジュアルな音楽のファンやポップカルチャーファン、そしてキング・オブ・ポップについて、キング・オブ・ポップを動かしたものについて、キング・オブ・ポップを史上最高のエンタテイナーたらしめたものについて少しでも興味のある者すべては、この本が魅力的であることに気づくだろう。

「Man in the Music」は11月1日に、米書店チェーン、バーンズ&ノーブルで発売される。MJFCショップでオンライン購入も可能である。

■ Man in the Music: A Review
“In many ways, an artist is his work.” That's a direct quote from Michael Jackson and truer words were never spoken. It is also the overall feeling one gets when reading Joe Vogel's Man in the Music: The Creative Life and Work of Michael Jackson. Vogel tackles the very daunting task of examining Jackson's entire body of solo work beginning with his first adult effort, 1979's Off The Wall and continuing on through 2001's Invincible and he attempts to do so not through the jaded lens of tabloid scandal and innuendo that we so often see in critical assessments of Jackson's art but through fair and unbiased analysis of the work itself. Reading this book is like being a fly on the wall of Jackson's mind: one can't help but feel at times as though they've been granted exclusive access into the studios to watch the music being created.

One of Man in the Music's greatest strengths is that it deals with each individual album separately, focusing not only on the music but also on the back story. Vogel gives a bit of a history lesson with each album so the reader understands where the world was at the time. In this way, we get a sense of where Jackson was professionally, personally – and to some extent – emotionally as well. All factors that influenced his art in profound ways. And by speaking to many of Jackson's musical collaborators, Vogel weaves that back story with first hand accounts of recording sessions and conversations, giving us an even deeper look into Jackson's creative process.

The downside of this history lesson is that Vogel, at times – and perhaps unavoidably, falls prey to the inevitable discussion of Jackson's legal troubles. In his defense, it is nearly impossible not to touch on this aspect of Jackson's history; especially when looking seriously at his body of work since – like any great artist – Jackson used the controversy surrounding him as inspiration. So much of his later work was clearly influenced by what he went through. But even though Vogel gives us the back story on these controversies, the book does not disintegrate into the dismissive, negative commentary that we usually see in works on Jackson. Instead, Vogel uses this history to show us how Jackson coped with the tension, drawing on it to create some truly profound music.

Within each album chapter there is a repeated structure. First the back story, then an in-depth break down of each song within the album: a section that reveals priceless glimpses into Jackson's creative process and his often obsessive perfectionism. This is followed by a section of snapshots of other, “unreleased” songs that were written and/or recorded by Jackson during the same time period but never included on a proper album.

Also within each album chapter, Vogel highlights many of Jackson's short films and live performances as well, giving them as much care and attention to detail as he has given to each individual song, focusing on Jackson's art in a very pragmatic way.

Vogel's voice is straightforward and practical. He examines Jackson's work with the keen perception of a die-hard fan mixed with the quiet authority of a seasoned pop-culture critic. His appreciation of Jackson and his craft is both evident and unapologetic.

What really sets Man in the Music apart from other critical works on Michael Jackson's art is that it is somewhat unique. Never have we seen such a truly unbiased, positive review of Jackson's vast body of work presented in book form. Every Jackson fan will certainly want to add this one to their collections; it is an absolutely unbeatable reference guide. But, also every casual music fan, every pop culture fan and anyone who has ever had a passing curiosity about the King of Pop and what made him tick – and what made him the greatest entertainer of all time – will find this book fascinating.

Man in the Music is released on Tuesday, November 1. You can find it in your local Barnes & Noble bookstore. It is also available for purchase Online Here at the MJFC Shop, now powered by Amazon.

ソース:MJFC

関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ