マーレー裁判、証言概要(28日)

コンラッド・マーレー医師過失致死罪裁判第20日、弁護側の麻酔学専門家が陪審員に対し、マイケル・ジャクソンはおそらく、マーレーが部屋を離れている間に致死量のプロポフォールを自分で注射して亡くなった、と話した。

この証言では、弁護側の証人ポール・ホワイト医師が、検察側の麻酔学専門家スティーブン・シェーファー医師が提示した理論に対し真っ向から反論した。

シェーファー医師は、マーレーがプロポフォールの点滴を3時間にわたって、しかも呼吸が停止した後もジャクソンにつないだままとした、ということが唯一の妥当なシナリオであると証言していた。シェーファー医師は、これが検視解剖でジャクソンの血中から見つかったプロポフォールの濃度を説明しうる唯一のシナリオだと述べた。

しかしながらホワイト医師は、シェーファー医師の理論は、検視解剖時にジャクソンの尿から検出されたプロポフォールの濃度を説明できないと主張した。ホワイト医師は、尿中のプロポフォール濃度と現場に残された証拠から、ジャクソンが自分自身でプロポフォールを投与したということが、より可能性の高い解釈であると述べた。

「自分でプロポフォールを注射したとお考えですか?・・・・11:30から12:00までの間に?」と弁護側のマイケル・フラナガン弁護士は尋ねた。

「私の考えでは、イエスです」とホワイト医師は答えた。

ホワイト医師の証言は、裁判開始当初より弁護側が主張してきた理論を立証するために提示された最初の証拠である。その理論とはすなわち、マーレーではなくジャクソン自身に責任があるというものだ。

ホワイト医師は木曜日の証言で、何人かの検察側の医療専門家が繰り返し陪審員に述べたこと・・・たとえジャクソンが自分自身でプロポフォールを投与したとしても、部屋を離れたということでマーレーにはジャクソンの死に対して責任がある・・・については釈明することはないと認めていた。

「さあ、重要な問題に取り掛かりましょうか」と弁護士の一人がホワイト医師に言った。「コンラッド・マーレーは、プロポフォールを投与して患者を置き去りにしたことで起訴されました。あなたはこのことを正当化できますか?」

「とんでもありません」とホワイト医師は答えた。

この譲歩は、弁護側が、マーレーはジャクソンのケアを怠ったと敗北を認めるが、彼の行為は過失致死罪というほど重くないと主張しようとしている可能性があることを示唆している。

一方ホワイト医師の証言は、ジャクソンがマーレーの知らない間にロラゼパムの錠剤を飲んでいたという弁護側のもう一つの主張を支えるものである。

「ジャクソンの胃の中に少ないとはいえロラゼパムがあったという事実は、彼がロラゼパムを口から飲んだという理論と一致します」とホワイト医師は述べた。

ホワイト医師は弁護側の最後の証人と見られている。月曜日には検察側による反対尋問を受けることになっている。

■Trial Testimony Update - Friday
(28-10-2011) In day 20 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray, the defense's anesthesiology expert told jurors that Michael Jackson likely caused his own death by injecting himself with the fatal dose of propofol while Murray wasn't in the room.

In his testimony, defense expert Paul White directly challenged the theory put forth by the prosecution's anesthesiology expert, Dr. Steven Shafer.

Shafer testified that the only plausible scenario was that Murray had left an intravenous drip of propofol hooked up to Jackson for three hours, even after he had stopped breathing. Shafer said that was the only scenario that would explain the level of the anesthetic found in Jackson's blood during autopsy.

However, White claimed Shafer’s theory was ruled out by the level of the drug found in Jackson’s urine at autopsy. White said given the urine levels and evidence at the scene, the more likely explanation was that Jackson gave himself the drug.

You think it was self-injection of propofol... between 11:30 and 12 o’clock?" defense attorney Michael Flanagan asked.

"'In my opinion, yes," White said.

White's testimony is the first evidence the defense has presented to support the theory they have argued from the beginning - that Jackson is to blame for his own death, not Murray.

White admitted on Thursday that he had no explanation for what several prosecution medical experts have told the jury repeatedly - that even if Jackson gave himself the drug, Murray was still responsible for the singer’s death for leaving him unattended.

"Let's deal with the elephant in the room here," a defense attorney asked White Thursday. "Conrad Murray has been accused of infusing a dose of propofol and leaving his patient. Can you justify that?"

"Absolutely not," White answered.

The concession indicated the defense may be planning to concede that Murray provided substandard care to Jackson but argue that his conduct did not rise to the level of involuntary manslaughter.

White's testimony also supported the defense's other argument that Jackson took several lorazepam tablets without Murray's knowledge.

"The fact that there is even a tiny amount of free lorazepam [in Jackson’s stomach] is consistent with the theory that he took lorazepam orally," White said.

White is expected to be the defense's final witness. He will be cross-examined by the prosecution on Monday.

Source: MJFC / latimes.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ