マーレー裁判、証言概要(24日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判第16日は、4週間におよぶ33人の証人の証言を経て、検察側の弁論を終えた。サイドバー(陪審員抜きでの弁護士と判事の協議)でのマーレー無罪の指示評決(審理するまでもないと判事が判断し、評決を下すこと)を求めるいつもの動議を判事が棄却したのち、弁護側が弁論を開始した。

弁護側はその動議については議論せず、上級裁判事マイケル・パスターは陪審員に評決させると述べた。

弁護側の最初の証人のうちの一人はアラン・メッツガー医師だった。彼は、睡眠薬の静脈注射について、死亡するおよそ2ヶ月前にジャクソンから尋ねられたと証言した。メッツガー医師は陪審員に対し、そのリスクをジャクソンに警告したと述べた。

メッツガー医師は、ジャクソンが少なくとも15年間睡眠障害を抱えていたことを知っていたという。2009年の4月にジャクソンの自宅を往診した際、ジャクソンは静脈注射による睡眠薬および麻酔薬について尋ねたが、どの薬物を望んでいるか具体的には言わなかったとメッツガー医師は述べた。

ジャクソンは経口薬は効かないと言っていたが、2つの経口薬を処方したとメッツガー医師は述べた。ジャクソンは麻酔薬を望んでいるようだったとメッツガー医師は述べた。

検察側は、メッツガー医師への反対尋問でその証言について着目し、他の医師は、睡眠補助として麻酔薬を処方して欲しいとのジャクソンの要請を拒んでいたことを示した。

「あなたは彼に、それが危険であること、命にかかわること、病院外で行われるべきではないことを説明した。間違いありませんね?」と検察側のデビッド・ワルグレンは反対尋問で質した。

「間違いありません」とメッツガー医師は答え、ジャクソンに麻酔薬プロポフォールを与えることを促すような金銭はなかったと続けた。ジャクソンはその往診時に、プロポフォールの名前を挙げることはなかったという。

ジャクソン宅からの911コールの日時をオペレーターが証言した短い証言で始まった弁護側の弁論であるが、メッツガー医師は弁護側が召喚を計画している敵性証人のうちの一人に過ぎない。

弁護側はその他に、ロサンゼルス市警の専門捜査員、マーレーの事情聴取を行った二人の刑事、そして以前ジャクソンにプロポフォールを頼まれたが断ったと述べた看護師シェリリン・リーを召喚した。

これに先立ち検察側は、すでに5日間にわたり証言台に立ち続けていたスティーブン・シェーファー医師の証言をもって、弁論を終了した。

プロポフォールの専門家であるシェーファー医師は、ジャクソンの死に対してマーレーに責任があるという意見を断固として貫き、ジャクソンの呼吸が止まった時にするべきだったことに関して、重大な過失があり、注意を怠り、「無知」であったとマーレーを評した。

シェーファー医師は証言の最後に、彼が結論の根拠とした数式モデルが、マーレーがジャクソンに投与したプロポフォールの量に対して実際に当てはまるのかどうか、弁護側のエド・チャーノフ弁護士の尋問を受けた。

シェーファー医師は、マーレーが記録を残していなかったのでシミュレーションは困難だったため、6週間にわたり毎晩投与していたという警察での事情聴取をベースとしたと述べた。

「これだけの量のプロポフォールが検出された前例はありません」とシェーファーは説明した。

今後弁護側は、法的、倫理的、そして専門家としてのガイドラインを再三逸脱した無能で注意力散漫で日和見主義な医師であるとマーレーを位置づけた検察側証人による4週間にわたる不利な証言に対する反撃を試みる。

弁護団は15人の証人を召喚すると述べたが、マーレー自身が証言するかどうかについては明かしていない。
70x53_86.jpg ■ Trial Testimony Update - Monday
(24-10-2011) The prosecution rested their case Monday on day 16 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray after 4 weeks of testimony from 33 witnesses. The defense began presenting their case after a judge rejected their routine motion for a directed verdict of acquittal for Murray during a sidebar conference.

Defense attorneys did not argue the motion, and Superior Court Judge Michael Pastor said he would allow the jury to decide the case.

One of the first defense witnesses was Dr. Allan Metzger, who testified that Jackson asked him about intravenous sleep medications roughly two months before his death. Metzger told jurors that he warned Jackson of the risks.

Metzger said he had known for at least 15 years that Jackson had trouble sleeping. He said that during a house call to Jackson's home in April of 2009, the singer asked him about intravenous sleep medications and anesthetics but never mentioned a specific drug that he wanted.

Metzger said he prescribed two oral medications although Jackson told him that he did not believe any oral medication would work. Metzger said Jackson indicated he wanted an anesthetic.

The prosecution was quick to point out the testimony on cross-examination of Metzger, showing that another doctor had rejected Jackson's request that he receive anesthetics as a sleep aid.

"You explained to him that it was dangerous, life-threatening and should not be done outside a hospital, correct?" prosecutor David Walgren asked on cross-examination.

"That's correct," Metzger replied. He added that there was no amount of money that would have prompted him to give Jackson the anesthetic propofol, which he said the singer did not mention by name during their visit.

Metzger was only one of several hostile witnesses the defense plans to call during their case, which began with brief testimony from a 911 records custodian who testified about the time stamps on the emergency call.

The defense also called a police surveillance specialist, two detectives who investigated Murray and Cherilyn Lee, a nurse practitioner who has previously stated Jackson asked her for propofol but she refused to provide it.

Prosecutors rested their case earlier in the day with their final witness, Dr. Steven Shafer who had been on the stand for almost five days.

Shafer, an expert on the anesthetic propofol, remained steadfast in his opinion that Murray is solely responsible for Jackson's death, portraying the doctor as grossly negligent, distracted and "clueless" as to what he should do when Jackson stopped breathing.

In his last moments on the stand, Shafer was asked by defense attorney Ed Chernoff whether the mathematical models on which he based his conclusions actually applied to the doses of propofol given to Jackson by Murray.

Shafer said his mathematical simulations were difficult because Murray kept no records. So he based his reconstruction on Murray's police interview in which he said he had been dosing Jackson with the drug nightly for six weeks.

"There is almost no precedent for this amount of propofol exposure," Shafer explained.

In the coming days, the defense will attempt to counter four weeks of damaging testimony from prosecution witnesses who have cast Murray as an inept, distracted and opportunistic doctor who repeatedly broke legal, ethical and professional guidelines.

Defense lawyers have said they will call about 15 witnesses but they have not revealed whether or not Murray will testify on his own behalf.

Source: MJFC / chron.com / time.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ