弁護団が仲間割れ

コンラッド・マーレーの弁護団が、彼に対する過失致死罪裁判において、ついに自分たちの弁論を展開しようとしているまさにその時、仲間割れしているとの報道が今朝流れた。

マーレー医師の主任弁護人エド・チャーノフ弁護士はテキサス州ヒューストンからやって来ており、依頼人のために弁護費用を抑えるため弁護団の一人、マイケル・フラナガン弁護士宅に滞在していたのだが、伝えられるところでは、チャーノフ弁護士は一週間ほど前にサンマリノのフラナガン宅を出たという。

チャーノフ弁護士は検察側証人へのフラナガン弁護士の対処方法を快く思っておらず、フラナガン弁護士の尋問に苛立ちを感じているようだ。さらにチャーノフ弁護士は、フラナガン弁護士が検察側証人に対しポイントを整理させ、結果として検察側の弁論を助けるだけとなっていると感じている。

「事態は緊迫しつつありました。そして彼はサンタモニカのホテルに移ったのです」と、マーレー弁護団の関係者が明かした。

傍聴者たちは先週、チャーノフが検察側のプロポフォールの証人スティーブン・シェーファー医師への尋問をしようと決めたのを見て驚いた。

「フラナガンはシェーファー医師への反対尋問のために4か月も準備していたのです」とその関係者は話す。「(フラナガンは)すっかり準備が出来ていて、直接尋問でシェーファー医師が陪審員に語ったことについて攻撃する用意ができていたのです」

フラナガン弁護士は特に、医療専門家への尋問を含む公判の医学的な側面を扱うために弁護団に加わっていた。しかしながら、チャーノフは主任弁護人であり、だから尋問者変更についてはフラナガンにはどうしようもないことであった。関係者がレーダーオンラインに語ったところによると、今では二人はめったに口を利かないという。

先週、パスター判事は弁護側の医療専門家ホワイト医師に対し、地方検事局のデビッド・ワルグレン検事補をテレビのインタビューで「卑劣」と呼んだことに関して、法廷侮辱罪に当たるかどうか決定する11月16日のヒアリングに出席するよう命じた。

「チャーノフは、ホワイト医師がマスコミにあのようなコメントをしたことに激怒していました。しかし、チャーノフの主張はホワイト医師にかかっているのです。フラナガンはまだ、ホワイト医師への尋問を行うこと考えられていますが、(チャーノフが)取って代わるかもしれません。3人目の弁護士ナレグ・ゴージャンは静かにしており、このドラマには巻き込まれないようにしています」と関係者は語った。

■ Defense Fights Among Themselves
(24-10-2011) As Conrad Murray's defense team is finally about to present its case in the involuntary manslaughter trial against him, it is being reported this morning that the defense attorneys are fighting with each other.

Ed Chernoff, Dr. Murray's lead attorney, is from Houston, Texas, and had been staying with another member of the defense team, attorney Michael Flanagan, in order to save their client money. But Chernoff reportedly moved out of Flanagan's home in San Marino a week and a half ago.

Chernoff apparently didn't like the way Flanagan was handling the prosecution witnesses and felt he was being too abrasive with his questioning. He also felt that Flanagan had allowed witnesses to clarify points that only served to help the prosecution's case.

"Things were getting very tense, and he's moved into a hotel in Santa Monica," said a source close to Murray's defense.

Courtroom watchers were surprised last week when Chernoff decided that he was going to handle the questioning of the DA's Propofol witness, Dr. Steven Shafer.

"Flanagan had prepared for approximately four months to cross examine Dr. Shafer," the source said. "[Flanagan] was thoroughly prepared, and ready to attempt to poke holes into what Dr. Shafer had already told the jury on direct examination."

Flanagan was specifically brought onboared to handle the medical aspects of the case, including questioning the medical expert witnesses. However, Chernoff is the lead attorney so there's nothing he can do about the changes. The source reportedly told RadarOnline that the two attorneys are barely speaking to each other at this point.

Last week, Judge Pastor ordered the defense medical expert, Dr. White to appear at a November 16 hearing to determine if he was in contempt of court for calling Deputy District Attorney David Walgren a "scumbag" during a TV interview.

"Chernoff was livid that Dr. White made those comments to the press, but his entire case essentially rests with him. Flanagan is still under the assumption that he will be handling questioning of Dr. White, but [Chernoff] could very likely commandeer the questioning of him also. Nareg Gourjian, the third lawyer on the team, is just keeping his head down and staying out of the drama," the source said.

Source: MJFC / radaronline.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ