マーレー裁判遅延の最新情報

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判における証言が火曜日以降に、おそらくそれ以上に延期された。検察側の最後の証人の父親が亡くなったためだ。

「裁判の再開は詳細が明らかになり次第お知らせします」と、日曜日に裁判所から送付されてきた電子メールで述べられている。

この遅れにもかかわらず、裁判は来週早々にも陪審員へ託されると見られている。三週間前に裁判が始まった時の見込みよりも数日早い。

父親が亡くなったという麻酔学の専門家スティーブン・シェーファー医師は、睡眠補助のために手術用麻酔薬プロポフォールを使用した際のマーレー医師の重大な過失がマイケル・ジャクソンを死亡させたということを証明しようとしている検察側にとって極めて重要な証人である。

UPDATE: 公判は水曜日に再開されることが決定した。先週末に検視局が行った、マイケル・ジャクソンの体内に残されたロラゼパムのレベルについての試験の取り扱いについて準備が必要だと弁護側が述べたのを受け、ロサンゼルス郡上級裁判所のマイケル・パスター判事はコンラッド・マーレー医師過失致死罪裁判について審理を遅らせることに同意した。

弁護側は、鎮静剤ロラゼパムがジャクソンに及ぼした影響について当局は無視しているとこれまで訴えており、死亡前ジャクソンが8錠のロラゼパムを服用していたこと独自に行った試験結果が示していると述べていた。

地方検事局デビッド・ワルグレン検事補は、弁護側の実験結果は実際にジャクソンの体内にあったロラゼパムよりも多く見えるよう二つの数字を組み合わせていると述べた。ワルグレン検事補によると、先週末の検視局の試験結果は、実際にジャクソンの体内に残されていた量はもっと少ないことを示しており、ジャクソンが数錠飲んだとする理論とは矛盾するという。

弁護側主任弁護士エド・チャーノフは、検視局の試験結果には多くの疑問があること、公判開始前に同じテストを実行するよう当局に要請していたが、不可能であると告げられたことを述べた。チャーノフ弁護士は、試験結果が弁護側の弁論に対してどのような影響があるかはわからないとした。

パスター判事は、弁護側が対処する時間が必要な問題だと同意した。判事は火曜日の午後の審理で、最新情報を知らせるよう両陣営に命じた。

■ UPDATED: Trial Delay Update
(17-10-2011) Testimony in the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray has been put on hold beyond Monday, and possibly longer, because the father of the prosecution's final witness died.

"Resumption of the trial will be announced when further information is available," an email from the court said on Sunday.

Despite the delay, the trial is expected to go to the jury early next week - several days sooner than was estimated when it began three weeks ago.

Dr. Steven Shafer, the anesthesiology expert who's father passed away, is crucial to the state's effort to prove Michael Jackson's death was caused by Murray's gross negligence in using the surgical anesthetic propofol to help the superstar sleep.

UPDATE: The trial will now resume on Wednesday. Los Angeles Superior Court Judge Michael Pastor agreed to delay the case against Dr. Conrad Murray for another day after defense attorneys said they needed time to prepare for how to deal with testing the coroner's office conducted last week on the levels of lorazepam in Michael Jackson's system.

Defense attorneys have suggested that authorities ignored the effects the sedative lorazapam may have had on Jackson and said their own testing suggested that he had taken eight pills before his death.

Deputy District Attorney David Walgren said the defense lab's results combine two numbers that make it seem like there was more lorazepam in Jackson's system than was present. He said the coroner's tests show a much smaller amount was actually in Jackson's system and are inconsistent with the theory that he swallowed several pills.

Lead defense attorney Ed Chernoff said he had many questions about the coroner's testing and had asked the agency to conduct the same test before the trial began but was told it could not be done. He said he didn't yet know what impact it will have on how the defense's case is presented.

Judge Pastor agreed it was an issue the defense needed time to address. He ordered attorneys to give him an update at a hearing Tuesday afternoon.

Source: MJFC / CNN.com / AP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ