MJに正義を:検視解剖写真について

私たちは皆、マイケル・ジャクソンに対する正義をこの目で見たいと願っています。そしてコンラッド・マーレー医師に対して行われている現在の裁判は、その方向に向けた第一歩です。
しかしながら10月11日水曜日の法廷で、裁判を担当する検事らは陪審員に対しマイケル・ジャクソンの検視解剖時の写真を提示しました。検察にとっては裁判を進めるために必要なことかもしれませんが、この写真をめぐってメディアが熱狂したという結果は必要なことではありませんでした。

そもそも、HLN(CNNのチャンネルの一つ)のジェーン・ベレス・ミッチェルは放送で、HLNはこの写真を放映しないと述べていましたが、その午後、同じくHLNのヴィニー・ポリタンは放映に踏み切りました。その後2日間、その憂慮すべき事態が幾度となく見られ、放映時間は最長で11秒間に上りました。HLNの最高責任者スコット・サフォンがこの決定に対する責任をまず第一に負っています。

以来、同じ写真がTMZやDaily Beastのようなタブロイドのフロントページなど、インターネット上に掲載されています。ダイアン・ダイモンドに至っては、Daily Beastに掲載された彼女の記事の一つとしてこの写真を目玉として扱っているのです。

一人の病んだ人物がTMZのウェブサイト上の写真にアクセスし、マイケル・ジャクソンの子供たちに向けた憎悪のメッセージとともにこの写真を含んだツイートを複数回送付しました。これは絶対に間違いです。

多くの人々に愛された人物の検視解剖写真を国際的テレビ上で放映することが容認されるということは、私たちの文化がどれほど誤っているかの尺度です。マリリン・モンローやエルヴィス、マーティン・ルーサー・キング、ジョン・F・ケネディ、ダイアナ妃、デイル・アーンハートなどへはこのような屈辱は見られませんでした。オサマ・ビン・ラディンですら、このような非人間的な遺体の公開はされませんでした。マイケル・ジャクソンの家族、友人そしてファンが、視聴率のためだけにこの怒りに堪えなければならないなどということが、なぜ受け入れられるべきなのでしょうか?人間の尊厳と良識という、数千年にわたって尊重されてきた死者に対する道徳的規範を踏みにじる新しい基準が生み出されてしまったのです。

これはまさに、俗悪そのものである

MJTruthNowは全てのマイケル・ジャクソン・ファンに呼びかけます。アメリカ連邦通信委員会にコンタクトをとり、この怒りについてあなたの声を聞かせよう。

アメリカ連邦通信委員会(FCC)は、1934年の通信法に基づいて設立されたアメリカ政府の独立機関です。ラジオ、テレビ、無線、衛星放送、ケーブルテレビによる国内外の通信を規制しています。あなたの抗議をもってFCCにコンタクトを取り、この俗悪な行為に対するあなたの怒りを表明しよう。HLNの今回の「決定」を理由に放送免許を取り上げ、そしてこの行為が不正義である、というメッセージをHLNに対し明確に送るようFCCに要請しよう。

米国在住者、海外在住者を問わず、ウェブサイトまたは電子メール(fccinfo*fcc.gov※)もしくは電話(1-888-225-5322)によりFCCにコンタクトをとることができます。法廷外でこの写真を見せることは、非道、不正義、無礼であることをFCCに知らしめよう。

※電子メール送信時は「*」を「@」に変えてください。

■ Justice For MJ: Autopsy Photo
(16-10-2011) Justice for Michael Jackson is something that we all wish to see and the current trial of Dr. Conrad Murray is a step in that direction. However, during the trial on Tuesday, October 11, prosecutors in the case showed the jury an autopsy photograph of Michael Jackson. While that act may have been neccessary for the prosecution's case, the resulting media frenzy surrounding the photo was not.

Initially, HLN's Jane Velez Mitchell said on air, that HLN would not be showing the photograph. But later that afternoon, HLN's Vinnie Politan did. For the next two days, the disturbing picture was shown many times for up to 11 seconds each time. Scott Safon as Chief Executive of HLN is chiefly responsible for this decision.

That same photograph has since been splashed across the Internet on the front pages of such tabloid sites as TMZ and the Daily Beast. Diane Dimond even featured it in one of her articles at the Daily Beast.

One very sick-minded individual accessed the photograph on the TMZ website and sent multiple tweets which included the photograph, along with hate speech, to Michael Jackson's children. This is just wrong.

It is a measure of how far our culture has slipped that it appears to be acceptable to show an autopsy photo of a much loved public figure on international television. Marilyn Monroe, Elvis, Martin Luther King, John F. Kennedy, Princess Diana, and Dale Earnhardt were not shown this indignity. Not even Osama Bin Laden's body was paraded past the public in this dehumanizing way. Why should it be acceptable that Michael Jackson's family, friends, and fans should have to endure this outrage for nothing more than ratings? A new threshold has been crossed that tramples human dignity and decency - standards towards the dead that have been respected for millennia.

THIS IS THE VERY DEFINITION OF INDECENCY!

MJTruthNow is asking all Michael Jackson fans to let your voices be heard by contacting the Federal Communications Commission about this outrage.

The Federal Communications Commission (FCC) is an independent United States government agency established by the Communications Act of 1934. It is charged with regulating interstate and international communications by radio, television, wire, satellite and cable. Express your outrage at this act of indecency on international television by contacting them with your complaint. Ask the FCC to send a message loud and clear to HLN that they will get their license revoked for this kind of "decision" and that it is UNJUSTIFIABLE.

Whether you reside in the United States or oversees, you may contact the FCC at their website or via e-mail ( fccinfo*fcc.gov) or phone (1-888-225-5322). Let the FCC know that the showing of this photograph outside a court of law is OUTRAGEOUS, UNJUSTIFIED and DISRESPCTFUL.

Source: MJFC / MJTruthNow Newsletter
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ