UPDATED:マーレー裁判、証言概要(13日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判第12日はスケジューリングの理由で早く終了した。今日の証言では、陪審員はプロポフォール(マイケル・ジャクソンを死に至らしめた手術用麻酔薬)の最高の専門家の話を聞くこととなった。

コロンビア大のスティーブン・シェーファー教授(麻酔学)は法廷で、90年代初頭に鎮静剤として最初にプロポフォールが導入された際、投薬のガイドラインを確立することとなった研究を行ったと語った。それは現在でも使われている。

シェーファー教授は、分析する中でプロポフォールの使用には注意が必要であることを発見したと証言した。というのも、投薬量を「ほんのわずかでも間違える」と、鎮静作用から回復するのに数十分というよりは数時間かかってしまう可能性があるからだ。

検察側からの質問の中で、シェーファー教授は弁護団が陪審員に話した内容・・・シェーファー教授は、弁護側の主要な医療専門家であるポール・ホワイト医師の教え子であった・・・を正した。

シェーファー教授は、二人は長年の友人で同僚であるが、ホワイト医師の教え子であったことはないと証言した。

スケジュール上の都合で休廷となるまでの時間は彼の知識を詳述するには十分ではなかった。彼の証言は金曜日に再開される。

Update: スティーブン・シェーファー教授の証言は月曜日に再開される見込みである。

これより前には、弁護側が、カリフォルニア州医事委員会の調査でジャクソンに対するマーレーの処置の検証を行った睡眠の専門家に質問し、ジャクソンが自身を死に至らしめることとなったプロポフォールを自分で投与したとしても、マーレーは罪に値するかどうか問いただした。

弁護側のマイケル・フラナガン弁護士は、「マイケル・ジャクソンが過剰のロラゼパムを自分で投与し・・・・そして25ミリグラムのプロポフォールを無理に投与したとしても、マーレーは彼の死に責任がある、というのがあなたの見解ですか?」と尋ねた。

ネーダー・カマンガー医師は「その通りです」と答えた。

するとフランガン弁護士は、ある医師が睡眠薬アンピエンを30錠処方し、その患者が自殺をするためにそれを一度に飲んだとして、その医師に患者の死に対する責任があるかどうかを尋ねた。

検察側はこの質問に対し異議を申し立て、パスター判事はこの質問を認めなかった。

フラナガンはさらに、深刻な不眠症患者に睡眠を導入するためにプロポフォールを使用するという2010年に中国で行われた研究が、プロポフォールがその不眠症患者を救ったということを示していると思われる件について、カマンガー医師に迫った。

カマンガー医師は、その中国の研究は極めて実験的であり、一般家庭内では言うまでもなく、病院内においても、睡眠補助としてのプロポフォールの使用を正当化するものではないと語った。

「その論文の著者らでさえ最後にこう説明しています。つまり、この研究はまさに予備実験であり、(不眠治療に)この薬物を使用することを想像するだけでも、更なる研究が必要だと」とカマンガー医師は述べた。

検察側による追加質問で、カマンガー医師は、有害の可能性があるものを患者が求めてきた時、「ノーというタイミングをわきまえること」は、医師と患者の関係における基本の一つだと証言した。

「どんなに患者が苦痛を訴えても、どんなに患者が懇願しても、医師としてはノーと言うべきだと?」とDAデビッド・ワルグレン検事補は尋ねた。

「その通りです」とカマンガー医師は答えた。

続いてワルグレン検事補は、マーレーの行動がジャクソンの死を直接引き起こしたかどうか尋ねた。

「この事件では、コンラッド・マーレーには多数の重大な過失がありました。そしてその過失がマイケル・ジャクソンの死を直接引き起こしました。これは正しいですか?」

「正しいと思います」とカマンガーは答えた。

■ (13-10-2011) Day 12 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray ended early on Thursday for scheduling reasons. During the day's testimony, jurors heard from a top expert on propofol - the surgical anesthetic that killed Michael Jackson.

Dr. Steven Shafer, professor of anesthesiology at Columbia University, told the court that when the drug was first introduced for sedation in the early 1990s, he conducted the research that established the dosing guidelines that are still in use today.

Shafer testified that in his analysis, he discovered that propofol had to be used carefully because if the dose is “off by just a little,” it could result in a patient taking hours rather than minutes to wake up from sedation.

During questioning by the prosecution, Shafer corrected what one of Murray's defense attorneys had earlier told jurors - that Shafer was a student of the defense’s main medical expert, Dr. Paul White.

Shafer testified that while the two experts are longtime friends and colleagues, he has never been a student of White's.

Shafer was only on the witness stand long enough to detail his lengthy qualifications before court adjourned for the day due to scheduling reasons. His testimony will resume on Friday.

UPDATE: Dr. Steven Shafer's testimony is now expected to resume on Monday.

Earlier Thursday, a defense attorney asked a sleep specialists who reviewed Murray’s care of Jackson for the California Medical Board if Murray was culpable even if Jackson gave himself the drugs that killed him.

Defense attorney Michael Flanagan asked, “Is it your position that even if Michael Jackson self-medicated with excessive amounts of lorazepam... [and] pushed 25 milligrams of propofol, Dr. Murray is still responsible for his death?”

“Absolutely,” Dr. Nader Kamangar responded.

Flanagan then asked if a doctor who prescribed 30 Ambien sleeping pills to a patient who takes them all at once in order to commit suicide would be responsible for that patient’s death as well.

A prosecutor objected to the question, and Judge Pastor would not allow it.

Flanagan also pressed Kamangar about a 2010 Chinese study of the use of propofol to induce sleep for patients with severe insomnia that appeared to show the drug helped those people.

Kamangar said the Chinese study was extremely experimental and did not justify using propofol as a sleep aid in a hospital setting, let alone a home.

"Even the authors in the end explain that this is just a very preliminary experiment and it needs way more studies to even imagine using this drug for [insomnia]," Kamangar said.

Upon additional questioning by the prosecution, Kamangar testified that “knowing when to say no” when a patient asks for something that could be harmful is one of the fundamental elements of the doctor-patient relationship.

“No matter how much the patient may complain, no matter how much the patient may beg, you as the doctor should say no?” Deputy Dist. Atty. David Walgren asked.

“That’s correct,” Kamangar answered.

Walgren then asked whether Murray's actions directly resulted in Jackson's death.

“In this case, Conrad Murray was grossly negligent in multiple instances and that gross negligence directly caused the death of Michael Jackson, is that correct?” he asked.

“That’s correct,” Kamangar said.

Source: MJFC / latimes.com / msn.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ