マーレー裁判、証言概要(12日)

コンラッド・マーレー医師過失致死罪裁判第11日の法廷は、マイケル・ジャクソンが、死因となったプロポフォールを飲んだという理論を弁護団が捨て去るのを見ることとなった。その代わりに弁護団は、マーレーが部屋を離れている間にジャクソンが注射器を使い左足に装着されたカテーテルを通して致死量のプロポフォールを注入したという理論だけに集中している。

ジャクソンがプロポフォールを飲んだ可能性は、1月の予備審問で出てきたものだ。それ以来、弁護側検察側双方は、口から摂取した場合のプロポフォールの「生物学的利用能※」を確かめるために動物実験を行ってきた。弁護団のマイケル・フラナガン弁護士は水曜日、弁護団による研究では「口から投入した場合のプロポフォールは血液中には届かない」ことが示されたことを認めた。

チリの大学生を対象に夏に行われた別の研究は、「プロポフォールを飲んでも、人体への効果はわずかであろう」という結論を出していると、地方検事局デビッド・ワルグレン検事補は述べた。

「経口プロポフォールはマイケル・ジャクソンの死因ではない」とワルグレンは述べた。

この裁判では稀なことだが、弁護団はこの発見に同意したのである。

「我々は今後、マイケル・ジャクソンが口からプロポフォールを摂取したと主張するつもりはありません」とフラナガンは発言した。

水曜日の他の証言では、検察側はアーロン・スタインバーグ医師を召喚した。スタインバーグはカリフォルニア州医事委員会で専門審査官の仕事をしており、ジャクソンが亡くなった後、マーレーのジャクソンに対する処置を審査していた。

スタインバーグは、ジャクソン診療時のマーレーのひどい過失行為を列挙した。

- プロポフォールの使用。プロポフォールの不眠への利用は医学的に好ましくない。

- EKGモニター(心電図装置)などの適切な装備がない一般家庭でプロポフォールを投与したこと。

- 適切なアシスタントなしにプロポフォールを投与したこと。

- 緊急事態への備えが不十分なままプロポフォールを投与したこと。

- 呼吸停止時の不適切な処置。この点に関しスタインバーグは「ジャクソン氏の蘇生を試みている時、彼は適切な手順を踏まなかった」と語った。スタインバーグはマーレーの行動を「許せないもの」とした。

- 迅速な911コールを行わなかった。ジャクソンの呼吸が止まっていることに気づいた時、マーレーはまずジャクソンのアシスタントのマイケル・アミール・ウィリアムズを呼んだとスタインバーグは指摘した。「基本的な知識です。何も医療関係者である必要はありません。誰かが病気であれば、911コールをすればよいのです」とスタインバーグは語った。

- ジャクソンがUCLA医療センターに到着した時、ERの係員に引き渡されるべき適切な医療記録を保持していなかった。

上記の標準的ケアからの逸脱を挙げ、マーレーの行動はジャクソンの死に直接影響したとスタインバーグは証言した。

「このような逸脱行為がなければ、ジャクソン氏は生きていたでしょう」とスタインバーグは述べた。

さらにスタインバーグは、ジャクソンにプロポフォールの効果が現れている時マーレーがそばを離れたこと・・・「キッチンの調理台の上で眠っている赤ん坊を放置すること」に等しいとスタインバーグが評した状況・・・を批判した。

検察側が弁論を終えるまでに証言台に呼ぶ証人はあと3人で、最終弁論は一週間後になる可能性もある。

検察側の終盤は科学攻勢となる。本裁判の最初の10日間を際立たせた、マーレーのガールフレンドの証言や劇的な録音テープ、ショッキングな検死解剖写真とは対照的だ。

昨日の証言で、あのショッキングな写真が提示される時、ジャクソンの母キャサリンは写真について検察側から事前に知らされており、検死解剖を担当した病理学者が証言台に立つ前に彼女は法廷を出る選択をした。

本稿掲載時点では、法廷は昼食休憩に入っている。

※生物学的利用能、バイオアベイラビリティ・・・投与された薬物が血中にどれだけ到達し、どれほどの作用があるかの指標のこと
propofol.jpg ■ Trial Testimony Update - Wednesday
(12-10-2011) Day 11 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray saw the defense dropping its theory that Michael Jackson drank the propofol that killed him. Instead, the defense will now focus solely on their theory that Jackson used a syringe to inject the fatal overdose through a catheter on his left leg while Murray was out of the room.

The possibility that Jackson drank propofol arose during Murray's preliminary hearing in January. Since then, both the defense and the prosecution have conducted tests on animals to determine the "bio-availabity" of propofol if consumed orally. Defense attorney Michael Flanagan agreed Wednesday that the studies showed "propofol, when orally ingested, is not bio-available."

Another study conducted over the summer on university students in Chile, concluded "if you drink propofol, it will have trivial effects on the person," Deputy District Attorney David Walgren said.

"Oral propofol did not kill Michael Jackson," Walgren stated.

The defense, in a rare moment in the trial, agreed with this finding.

"We are not going to assert at any point in time that Michael Jackson orally ingested propofol," Flanagan said.

In other testimony on Wednesday, the prosecution called Dr. Alon Steinberg, a cardiologist working as an expert reviewer for the California Medical Board. Steinberg reviewed Murray's treatment of Jackson after his death.

Steinberg listed numerous ways in which Murray acted with grose negligence in his care of Jackson. He testified that negligence included:

- The use of the anesthetic propofol, which is not medically indicated for insomnia.

- Administering propofol in someone's home without the proper equipment, such as an EKG monitor.

- Administering propofol without the proper support personnel in attendance.

- Administering propofol with inadequate preparation in case of an emergency.

- Improper care during Jackson's respiratory arrest. To this point, Steinberg said, "When he was trying to resuscitate Mr. Jackson, he didn't follow proper protocol." Steinberg called Murray's actions "inexcusable."

- Failure to call 911 in a timely manner. Steinberg noted that Murray first called Jackson's assistant, Michael Amir Williams, when he noticed that the singer wasn't breathing. "It's basic knowledge," Steinberg said, "you don't have to be a health-care professional. When you see someone down, you call 911."

- Failure to maintain proper medical records that could have been handed over to emergency-room personnel when Jackson arrived at UCLA Medical Center.

Citing all of the above deviations from standard care, Steinberg testified Murray's actions directly impacted Jackson's death.

"If these deviations hadn't happened, Mr. Jackson would be alive," Steinberg told the court.

Steinberg also criticized Murray's decision to leave Jackson's side while he was under the influence of propofol - a situation he likened to "leaving a baby who's sleeping on your kitchen countertop."

The prosecution has just three witnesses left to call to the stand before resting its case and closing arguments could be only a week away.

The closing days of the prosecution's case will be filled with science - a stark contrast to previous testimony from Murray's girlfriends, dramatic audio recordings and shocking autopsy photos that highlighted the first 10 days of the trial.

During yesterday's testimony when the startling photo was shown, Jackson's mother Katherine was forewarned by the prosecutor about the photograph and she chose to leave the courtroom before the pathologist who autopsied her son took the witness stand.

As of this posting, the court is in recess for lunch.

Source: MJFC / reuters.com / CNN.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ