UPDATED:マーレー裁判、証言概要(11日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判10日目、陪審員は、マイケル・ジャクソンの死後2日後にロサンゼルス市警の刑事が行ったマーレーに対する2時間におよぶ事情聴取の残り部分を聞くこととなった。

45分間の録音テープの概要は:

- マーレーはジャクソンの製作チームのさまざまなメンバーより、ビバリーヒルズのアーノルド・クライン医師を訪れた後は、ジャクソンは「基本的に疲れて」おり、回復するのに24時間程度はかかるということを聞かされた。ジャクソンはクライン医師の医院を週に3日程度訪れていた。

- マーレーは2007年以来、ジャクソンのいろいろな健康状態に対応していた。中には長年の激しいダンスで足にできた仮骨(タコ)の痛みや、肺炎、呼吸器系の慢性的不調なども含まれていた。マーレーはジャクソンの視力が悪いことを心配していた。「法律上の失明」になるのではないかと思っていた。ジャクソンのために眼科医に会う予約をしていた。

- 父の死の報に対して子供たちはすすり泣いていた、パリス・ジャクソンは「朝起きてもパパに会えない」と叫んでいた。


火曜日のその他の証言では、マイケル・ジャクソンの衝撃的な検死解剖時の写真が法廷内に提示され、検死解剖を担当した医師が陪審員に対し、マーレーが部屋を離れていたというわずか2分間にジャクソンが致死量のプロポフォールの投与を自ら行うのは不可能に近いと語った。

「私の目から見た現場の状況は、プロポフォールを自ら投与したということを支持しない」と、ロサンゼルス郡検視官補クリストファー・ロジャースは語った。

「ジャクソン氏がプロポフォールを自分で投与するためにはこういうことを信じなければならないのです。つまり、その他の鎮静剤の影響が少なくともある程度残っている中、彼は目を覚まし、そしてプロポフォールを自分で投与したということを」とロジャースは語った。

ロジャースは、ジャクソンの死は殺人(故殺)であること、彼は急性プロポフォール中毒と体内で見つかっている2種類の鎮静剤ロラゼパムとミダゾラムの効果により亡くなったことを証言した。

ロジャースは、マーレーが部屋を離れている間にジャクソンが同薬を飲んだとする弁護側の主張を否定し、マーレーが誤って過剰投与を行った可能性が高いと示唆した。

「ジャクソン氏を眠らせておくための究極のシナリオだったとしても、プロポフォールを少量ずつ適宜投与する必要があります、このケースでは、彼を眠らせるには1時間にテーブルスプーン2杯か3杯になるだろうと思います。正確に薬物を投与する装置は何も発見されていません。(もしあれば)どの程度のプロポフォールを与えて1時間にテーブルスプーン2杯か3杯となるかを基本的に推測していたということを意味します。見当を見誤り、プロポフォールを過剰投与してしまうのは簡単だろうと思います」とロジャースは語った。

ロジャースは続ける。「マイケル・ジャクソンが抱えていた問題は眠れないということで、そのような状況ではプロポフォールを投与することは適切とはいえません」

ロジャース検視官補は亡くなった当時のジャクソンの健康状態全般についても証言し、彼が健康であったことを明かした。体重136ポンド(61.7キログラム)と痩せすぎではあったが、BMIは通常範囲内であり、心臓も健康であった。

50歳であったジャクソンは前立腺肥大と白斑を患っていた。肺には慢性的炎症と腫れがあり、また関節炎と大腸ポリープもあった。過剰肋骨もみられたとロジャース検視官補は指摘した。

UPDATE: ロジャースは、「彼の年齢の平均よりも彼は健康であったと私は考える」と述べた。

■ Trial Testimony Update - Tuesday
(11-10-2011) In day 10 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray, jurors heard the remaining portion of the doctor's two-hour interview with LAPD detectives, recorded two days after Michael Jackson's death.

Among the highlights of the approximately 45-minute long playback were:

- Murray says he was told by various members of Jackson's production team that after Jackson made visits to Dr. Arnold Klein's office in Beverly Hills he would be "basically wasted" and need 24 about hours to recover. Said Jackson would visit Klein's office about three times a week.

- Murray said he treated many health conditions for Jackson since 2007, including painful foot calluses that built up from years of heavy dancing, pneumonia and various upper respiratory ailments. He also said he worried about Jackson's bad eyesight and wondered if he could be "legally blind." Says he made an appointment for Jackson to see an opthalmologist.

- Murray said Jackson's children reacted to the news of their father's death with lots of sobbing. Said Paris Jackson exclaimed, "I will wake up in the morning, and I won't be able to see my daddy."

In other testimony Tuesday, a startling autopsy photo of Michael Jackson was shown in court while the doctor who performed the autopsy told jurors that it would have been nearly impossible for Jackson to have given himself a lethal dose of propofol in the small two minut time frame Murray says he was out of the room.

"The circumstances from my point of view do not support self administration of propfol," said Los Angeles Deputy Medical Examiner Christopher Rogers.

"In order for Mr. Jackson to administer the propofol to himself, you have to believe that he... woke up, although he was at least to some extent under the influence of other sedatives, he was able to administer propofol to himself," Rogers said.

Rogers testified that Jackson's death is a homicide and that he died of acute propofol intoxication with a contributing effect from two sedatives also found in Jackson's system: lorazepam and midazolam.

Rejecting the defense argument that Jackson took the drug while Murray was out of the room, Rogers indicated that it was more likely that Murray accidentally overdosed Jackson.

"The ultimate scenario would be in order to keep Mr. Jackson asleep, the doctor has to give a little bit [of propofol] from time to time, which, in this case is going to add up to two or three tablespoons per hour to keep him asleep," Rogers said. "Now we did not find any precision dosing device which means that essentially the doctor would be estimating how much propofol he was giving to come up with two to three tablespoons per hour, and I think it would be easy to estimate wrong and give too much propfol."

Rogers continued, "The problem Michael Jackson was having was that he couldn't sleep and it's not appropriate to give propofol in that situation."

The medical examiner also testified to Jackson's overall health at the time he died, revealing that he was in good shape. Rogers said that Jackson's overall health was good. Although he was extremely thin at only 136 pounds, his Body Mass Index was still in the normal range and his heart was healthy.

The 50-year-old Jackson was suffering from an enlarged prostate and vitiligo, Rogers said. He also had some chronic inflammation and swelling in his lungs as well as arthritis and a polyp on his colon. Jackson also had an extra rib, the medical examiner noted.

UPDATE: Rogers stated, "I believe he was healthier than the average person of his age.”

Source: MJFC / reuters / abcnews.go.com / ontheredcarpet.com / eonline.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ