テレビに映らない10のこと

E!Onlineのケン・ベイカーは法廷に毎日入り、カメラの写っていないところで起きていることを見聞きするチャンスを得ている。彼は、審理の様子を見ていても視聴者が見ることができない10のことのリストをまとめた。

1. ジャクソン・ファミリーはVIP待遇を受けている。
ジャクソン・ファミリーが裁判所に到着した瞬間から、副保安官が一家を保護している。家族のメンバーが2列目ベンチの彼らの場所に座るまで、9階の法廷には誰も入ることが許されない。水曜日の審理に先立って、地方検事局のブラジル検事がファミリーの中に歩み入り、キャサリンと握手しているところを私は目撃した。休廷が宣言されると、執行官らはファミリーにまず退廷を認める。

2. 陪審員は没頭している。
12人の陪審員(と5人の補欠員)のほとんどは、詳細にメモを取り、すべての証言、特に音声やビデオで再生されるものについては注意深く見聞きしている。彼らは普通の人々だ・・・おしゃれな服や靴の者はいない・・・そして審理に集中している。

3. マーレー医師の主任弁護士は乱雑な人。
マーレーの主任弁護士でテキサスを拠点としている小柄な男、エド・チャーノフ弁護士は黄色いリーガルパッド(法律用箋、レポート用紙のようなもの)に乱雑に殴り書きしたメモを使う。頻繁にページをランダムにめくり、勘と経験を頼りにしている印象だ。

4. 検事はきちんとした人。
スライド、録音テープ、そしてコンサートのリハーサル映像を備え、両検事はきちんと整理されたメモを使い、証人には整然と質問をする。よく練習してゲームプランを実行するNFLのチームのような振る舞いだ。

5. マーレーはくつろいだカリスマの雰囲気。
この男の、医者として患者に接する態度で足りないものを考えてみよう。6フィート5インチ(195.6センチ)の心臓専門医が易々と落ち着き払って法廷に出入りする。起訴された医師というよりは大統領候補者のようだ。

6. 法廷は満員(でパチパチ言う音で充満している)。
一般人、メディア、そしてジャクソン・ファミリーなどおよそ50人が4列のベンチに座っている。メディアの多く(私を含む)はノートPCでメモをとることが許されている。これが絶えずキーボードを叩く音を出し続けている。5人の執行官(一人は防弾ガラスの向こうにいる)が傍聴者を鷹のように見張っているので、電話をかけたり写真を撮ったりすることはできない。

7. 法廷は高度セキュリティー・ゾーン。
建物の他のフロアとは違い、9階では全員が金属探知機を通り、持ち物をX線装置で検査する必要がある(1階の入口での同じレベルの検査に加えてこの検査がある)。執行官はうるさいので、傍聴券に当たったファンがMJメモラビア・アームバンドを身につけることも許さない。入廷前に銀のキラキラするグローブを外させられたファンを私は目撃した。

8. ジャクソン・ファミリーはテイクアウトの食事をとっている。
90分間のランチ・ブレークでは、ファミリーはテイクアウトの食べ物の注文し、個室で食べている(水曜日は中華だった)。

9. 判事は弁護団にイライラしているようだ。
異議申し立ての時でもサイドバーでの会話(裁判官と弁護士が陪審員に聞こえないように行う会話)でも、生真面目なマイケル・パスター判事は噛み付き弁護士チャーノフに対して吠えている場面が何度かあった。

10. ジャクソン・ファミリーは陪審員席に近いところに座っている。
私はジャネットとランディのすぐ後ろに座っていたので、ファミリーの座っているところは陪審員からの直接の視線を受けていると断言できる。これが陪審員の評決にインパクトを与えうるか?「おそらく家族が望んでいることでしょう」と刑事弁護士のトロイ・スレイテンは言っている。「そこにいる目的の一つは、彼らの愛する者がその医師のせいで死んだということを陪審員が忘れないようにするということだと思いますよ。間違いなくファミリーは陪審員を動かしたいと思っているでしょうね」
juryboxjpg.jpg ■ 10 Things Not Seen On Court TV
(29-9-2011) E! Online's Ken Baker has been inside the courtroom each day and has had the opportunity to see and hear what happens off-camera. He has put together the following list of 10 things the viewing public doesn't get the chance to see while watching the proceedings on TV.

1. The Jackson Family Gets VIP Treatment: From the moment that members of the Jackson family arrive in black sedans at the courthouse, sheriff's deputies provide protection for the clan. No one is allowed inside the ninth-floor courtroom until every member of the family is seated in their area on the second row bench; prior to Wednesday's proceeding, I watched as D.A. Brazil walked into the gallery and shook Katherine's hand. When recess is called, bailiffs allow the family to leave before releasing the rest.

2. The Jury Is Paying Rapt Attention: Most every member of the 12-member jury (and five alternates) takes detailed notes and has been paying close attention to all of the testimony, especially audio and video evidence that is played. They look like regular folks―no fancy clothes or shoes―and are focused on the proceedings.

3. Dr. Murray's Lead Lawyer Appears Disorganized: Murray's diminutive, Texas-based lead attorney, Ed Chernoff, works off a messy scribble of notes on a yellow legal pad and often flips through the pages at random and gives off the impression that he is flying by the seat of his pants.

4. The Prosecution Appears Organized: Armed with slides, audio recordings and concert rehearsal footage, both prosecutors work off neatly organized notes and have conducted their questioning of witnesses very methodically, acting like a well-coached NFL team executing their game plan.

5. Murray Exudes Relaxed Charisma: Think what you want about the man's bedside manner, the 6-foot, 5-inch cardiologist walks in and out of court with ease and a sense of calm, more like a presidential candidate than an indicted doctor.

6. The Courtroom Is Packed (and Tapped): About 50 members of the public, media and family are seated in the four bench rows. Most media (including myself) are allowed to take notes on laptops, which provides a constant ambient sound of tapping keyboard keys. Five bailiffs (one behind bullet-resistant glass) watch observers like hawks so they don't use phones or take pictures.

7. The Courtroom Is A High-Security Zone: Unlike other floors of the building, the ninth floor requires everyone to go through a metal detector and send items through an X-ray machine (in addition to the same level of security at the first-floor entrance). The bailiffs are such sticklers that they won't allow fans who score a lottery pass inside wearing M.J. memorial armbands. I also saw one fan forced to take off a silver glitter glove before he could enter court.

8. The Jackson Family Eats Takeout: The fam has been ordering food in and eating in a private room for the 90-minute lunch breaks. (They ate Chinese on Wednesday.)

9. The Judge Has Appeared Annoyed With Defense: On several occasions, whether while weighing in on objections or in sidebar conversations, no-nonsense Judge Michael Pastor has barked at attack-dog defense attorney Chernoff.

10. The Jackson Family Is Seated Close to Jury Box: Having sat directly behind Janet and Randy myself, I can attest that the family's seating is in direct sight-line with jurors. Could this impact their verdict? "That is probably their hope," says criminal defense attorney Troy Slaten. "Part of their purpose of being there, I'm sure, is to remind the jurors that their loved one has died at the hands of the doctor. And I'd imagine they absolutely hope to influence the jury."

Source: MJFC / eonline.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ