マーレー裁判、証言概要(4日)

コンラッド・マーレー医師過失致死裁判第6日は、マーレー医師のガールフレンドたちが証言台に立った。

そのうちの一人は、6月25日、マーレーとの電話が「何かもぞもぞ言う声」と咳込む音がして突然中断した様子を説明した。マーレー医師がマイケル・ジャクソンに異常が起きたことを認識した時だと検察が示唆している瞬間だ。

テキサス州ヒューストンのバーのホステス、シャーデー・アンディングはこの日の審理に検察側が呼んだマーレーの3人のガールフレンドの一人である。

あの日、マーレーは彼女に午前11:51に電話をかけてきたと証言した。彼女によれば話していたのは5、6分で、「私のことについて彼に話していた」が、マーレーが返事をしなくなったことに気がついたという。

この時間、午前11:57頃が、ジャクソンの呼吸が止まっていることをマーレーが最初に認識した時だと検察側が主張している時刻である。

マイケル・パスター判事は、検察側が彼女らとマーレーの個人的関係を追及することに制限をかけたが、彼女ら3人は皆、マーレーとはラスベガスのナイトクラブで出会ったと述べた。月曜日にはもう一人のガールフレンドが、マーレーとはヒューストンのバーで出会いデートをしたと証言している。

ガールフレンドらの証言は重要だ。なぜなら検察は、マーレーがガールフレンドや自分のクリニックの職員への電話やメール送信に気をとられ、結果として危険な薬物の投与中に患者を放置することになったことが、ジャクソンの死に対しマーレーに刑事責任がある理由の一つだと主張しているからである。

既婚者であるマーレーがモラルに疑問のある人物であると陪審員らにわからせるという点で、ガールフレンドらの召喚自体が検察側に有利に働くかもしれないが、一方で彼女たちはそれぞれ、ジャクソンの死亡当日のマーレーの行動について重要な証言をしている。

ラスベガスのストリッパー、ミシェル・ベラは、2008年2月に彼女が働いていたラスベガスの「社交クラブ」でマーレーと出会ったと証言した。

マーレーはジャクソンが亡くなった当日の午前8:35にベラに対しメールを送っている。しかし判事は検察がそれを読み上げることは許可しなかった。

パスター判事は、その9日前にマーレーが彼女の携帯電話に残したメッセージを陪審員に聞かせることも許可しなかった。しかしながら、ジャクソンとともにロンドンへ経つ前に、ラスベガスのクラブで「会いたい」とマーレーが彼女に言ったかどうかを尋ねられ、彼女は「はい」と答えた。判事はその証言を裁判記録から削除するよう命じたが、陪審員ははっきりとそれを聞いていた。

既婚者であるマーレーは、2009年にジャクソンの専属医として働いていた当時、ガールフレンドの二コール・アルバレスと暮らしていた。2009年3月、マーレーはアルバレスと生まれたばかりの彼らの子供をつれてジャクソンの家を訪れた、と彼女は証言した。

「彼と会った時は言葉がありませんでした」と、アルバレスは最初にジャクソンを訪問した時のことを語った。「マイケル・ジャクソンに会っているなんで信じられませんでした」

(ニコール・)アルバレスによれば、マーレーはジャクソンに付き添って病院へ向かう途中の救急車から電話をかけてきたという。

「ミスター・ジャクソンに付き添って病院へ向かう途中だと言っていたのを覚えています。私には心配するなと」と彼女は語った。「彼は心配をかけたくなかったのです。私がニュースでこのことを知るだろうと彼にはわかっていたからです」

火曜日のその他の証言では、ラスベガスの薬剤師ティム・ロペスが、4ガロン(約15リットル)のプロポフォールをマーレーがアルバレスと暮らすサンタモニカのアパートに出荷したことを認めた。

日程調整のため火曜日の審理は早く終了し、ティム・ロペスの証言がこの日の最後であった。
picture_102.jpeg ■ Trial Testimony Update - Tuesday
(4-10-2011) During day 6 of the involuntary manslaughter trial of Dr. Conrad Murray, the doctor's several girlfriends took the stand.

One of Murray's girlfriends described Tuesday how a phone call with Murray on June 25 was suddenly interrupted with the "mumbling of voices" and coughing - a moment prosecutors suggest is when the doctor realized there was a problem with Michael Jackson.

Sade Anding, a Houston, Texas cocktail waitress was one of three Murray girlfriends called by the prosecution during the day's proceedings.

Anding testified that Murray called her at 11:51 a.m. that day. She said she did all the talking for five or six minutes "telling him about my day" but that she realized he had stopped responding to her.

That moment, about 11:57 a.m., is when prosecutors contend Murray first realized that Jackson had stopped breathing.

Judge Michael Pastor limited how deep prosecutors could probe into Murray's personal relationships with these women, but all three of them said they met Murray in Las Vegas night clubs. A fourth girlfriend testified Monday she dated him after meeting him in a Houston bar.

The women's testimony is important because the prosecution contends that one reason Murray is criminally responsible for Jackson's death is because he was busy making phone calls and sending text messages to these women and employees at his clinics, causing him to ignore his patient while administering dangerous drugs.

While the women's pressence in court may help the prosecution convince the jury of the married doctor's questionable moral character, they did each offer important testimony about his activities on the day Jackson died.

Vegas stripper, Michelle Bella testified that she met Murray at a Las Vegas "social club" where she was working in February 2008.

Murray sent Bella a text message at 8:35 a.m. the day Jackson died, but the judge would not allow the prosecution to read it.

Judge Pastor also would not allow the jury to hear a voice message Murray left on Bella's cell phone nine days earlier. However Bella did answer 'yes' when asked if Murray had told her he hoped to "meet up with you" later at a club in Las Vegas before he left for London with Jackson. The judge ordered that testimony stricken from the court record, but jurors clearly heard it.

Murray, who is married, lived with girlfriend Nicole Alvarez at the time he was working as Jackson's personal physician in 2009. Murray took Alvarez and their newborn son to visit with Jackson at his home in March 2009, she testified.

"I was speechless when I met him," Alvarez said about the first of several visits with the music icon. "I couldn't believe I was meeting Michael Jackson."

Alvarez said Murray called her from the ambulance while en route to the hospital with Jackson.

"I remember him telling me, that he was on the way to the hospital in the ambulance with Mr. Jackson and for me not to be alarmed," Alvarez said. "He didn't want me to be worry, because he knew I would learn this through the news."

In other testimony Tuesday, Las Vegas pharmacist Tim Lopez confirmed he had sold and shipped more than four gallons of propofol to the Santa Monica apartment where Murray lived with Alvarez.

The day's proceedings ended early on Tuesday due to a scheduling conflict and Tim Lopez was the final witness of the day.

Source: MJFC / CNN.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ