USAトゥデイ紙のシルク評

USAトゥデイ紙のブライアン・マッカラムが昨晩のシルク・ドゥ・ソレイユ「Michael Jackson: THE IMMORTAL World Tour」の開幕のレビューをウェブサイトusatoday.comに寄稿している。

ショーについて: 日曜日の夜、「The Immortal World Tour」のワールド・プレミアをシルク・ドゥ・ソレイユが上演したことにより、マイケル・ジャクソンの音楽、ムーヴそしてレガシーはファンタジーを施された。あのスターが2009年に亡くなって以来、エステートに公式に承認された最大のプロジェクトである。

観衆: 1万3,000人の観客の中には兄弟たちティト、ジャッキー、マーロンそして母親のキャサリンとマイケルの子供たちプリンス(14)、パリス(13)、ブランケット(9)の姿があった。

ツアーについて: 日曜日のショーにより、北アメリカ47都市ツアーが開始された。アメリカでのデビューはデトロイトで10月15日となる予定。このツアー(12月のラスベガス、マンダレーベイ・リゾート&カジノでの公演を含む)は7月20日のシカゴ公演で終了する予定だが追加公演もありそうだ。2013年末ころにはもう一つのバージョンがラスベガスを常設会場とする予定である。

ファンたち: 雨で肌寒い日曜日のモントリオールの夜の開幕には、ブラジルからロサンゼルスまでのファンが集まり、きらめく白いグローブやスリラー・ジャケットを身につけたファンの姿も見られた。

音楽: このショーでは、ジャクソン・ファイヴ時代やソロキャリアからのヒット曲の熱狂的集中砲火を浴びる。オリジナルのスタジオ音源から抽出されたボーカルと生バンド(ジャクソンのキーボード奏者を務めたグレッグ・フィリンゲインズが指揮)が組み合わされ、それはファンキーな4次元の音の渦だ。使用される楽曲たちは、さまざまな雰囲気の中を駆け抜ける・・・優しげな「Childhood」が弾けるような「 Wanna Be Startin' Somethin'」へと切れ目なくつながってゆく一夜だ。

パフォーマンス: ジェイミー・キングが監督を務めるこのショーは、(燃え盛るハートや見事な熱気球などの)細心の注意を払って作られた小道具から、トラヴィス・ペインのようなジャクソンの長年の仕事仲間に振り付けされた、洗練されたキャストの人数まで、シルクらしい細部への配慮が特徴である。シルクの一風変わったプリズムを通して投じられたジャクソンの特徴的ムーヴが取り入れられ、「Immotal」は伝統的なシルク・ショーとは違い、新しいサーカスというよりはファンタジーなコンサートとして表現されている。

最大の目玉: ジャクソンが音楽のインスピレーションを得るためにしばしばこもっていた、ネバーランドの裏庭のスポット、「Giving Tree(恵みの木)」の再現だろう。

驚いた点: 「Human Nature」の、星空を背景にステージの上に吊り下げられ、きらびやかなライトが散りばめられたパフォーマーたち。巨大な白いグローブとダンスシューズが「Beat It」で登場したこと。「Thriller」で、恵みの木から無秩序に広がった爪が生えてきたこと。「Thirller」ではミイラや白いタキシードを着たゾンビが登場する。「They Don't Care About Us」のロボットの兵士の胸が平和のシンボルで飾られていたこと。ショーが一本のストーリーとはなっていない一方で、同情や人間のつながり、グローバルな意識という幅広いテーマが一貫して描かれていること。

キング・オブ・ポップ: ジャクソンのイメージが絶えずそこにはある。彼は時折、自分自身のためのステージを用意する。「I'll Be There」では、ステージ上の巨大なスクリーンに子供時代の映像が流される中、生ピアノの伴奏と彼の声だけが取り上げられる。

兄弟たち: バックステージでは晴れやかな表情の兄弟たちが、ショーはマイケルの魂を捕らえていると力説。「これはマイケルのメッセージだ・・・愛がとても大事だということを理解する手助けをしてくれる」とティトは語った。ファミリーは特に、「Gone Too Soon」の演出に心動かされた。「たぶん母はどこかで大泣きしてるよ」とジャッキーは語った。

■ Cirque Review From USA Today
(3-10-2011) USA Today's Brian McCollum posted the following review of last night's opening performance of Cirque du Soleil's Michael Jackson: THE IMMORTAL World Tour on the usatoday.com website:

The event: The music, moves and legacy of Michael Jackson got the fantasy treatment Sunday night as Cirque du Soleil staged the world premiere of The Immortal World Tour. It's the biggest project formally authorized by the estate since the star's 2009 death.

The crowd: A capacity audience of 13,000 included brothers Tito, Jackie and Marlon Jackson, mom Katherine and Michael's kids Prince (14), Paris (13) and Blanket (9).

The tour: Sunday's show launched a 47-city North American tour that will make its U.S. debut Oct. 15 in Detroit. The tour ― which will include a December residency at Mandalay Bay Resort and Casino in Las Vegas ― is slated to wrap up July 20 in Chicago, though more dates are likely. Another version of the show will establish a permanent Vegas home in late 2013.

The fans: On a wet and chilly night in Montreal, Sunday's opening drew fans from Brazil to Los Angeles, some decked out with glittery white gloves and classic Thriller jackets.

The music: The show was an ecstatic barrage of hits from Jackson's solo career and Jackson 5 years. With vocal parts extracted from original studio tapes and mixed with a live band (directed by Jackson keyboardist Greg Phillinganes), it was a four-dimensional funky swirl of sound. The set ran through a host of moods ― a night where the tender Childhood seamlessly segued into the crackling Wanna Be Startin' Somethin'.

The performance: The Jamie King-directed show featured Cirque's typical attention to detail, from meticulously constructed props (glowing hearts, a handsome hot-air balloon) to exquisite cast numbers choreographed by longtime Jackson associates such as Travis Payne. Unlike traditional Cirque shows, Immortal was presented less as a nouveau circus than a fantasy concert, with some of Jackson's signature moves cast through Cirque's whimsical prism.

The centerpiece: A re-creation of Jackson's Giving Tree, the backyard spot at his Neverland Ranch where he often retreated for musical inspiration.

The wow factor: Human Nature featured performers dangling over the stage, gorgeously dotted with lights against a backdrop of stars. A giant white glove and dancing shoes appeared for Beat It, and the Giving Tree sprouted a sprawling set of claws for Thriller, which featured mummies and white-tuxedoed zombies. Peace symbols adorned the chests on the robotic warriors of They Don't Care About Us. While the show featured no singular story line, broad themes of compassion, human connection and global consciousness were sketched throughout.

The King of Pop: Jackson's images were a constant presence, and he occasionally had the stage to himself: I'll Be There featured just his voice accompanied by a live piano, childhood footage playing on a big onstage screen.

The brothers: Backstage, three beaming Jackson brothers declared that the show captured Michael's spirit. "That was Michael's message ― to help us understand that love is so important," Tito says. The family was particularly moved by the interpretation of Gone Too Soon. "Our mother is probably bawling out there somewhere," Jackie says.

Source: MJFC / usatoday.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ